テキスト系サイトに余計な装飾は不要

テキスト系サイトに装飾は不要だ

先日、メインサイトのテーマ・テンプレートをテキスト主体のスタイルに戻しました。

現代のメインストリームに逆らい、アイキャッチ画像は無くてもOK、テキスト装飾は最小限、外観は「note」や「はてなブログ」と似たような感じです。

私も、2017年頃から、アイキャッチ画像付きのビジュアル系テンプレートを愛用し、それなりに楽しく使わせてもらいましたが、最後に辿り着いたのは、「テキスト系サイトに余計な装飾は不要」という結論でした。

いや、そんなこと、昔から知ってた……とう方もおられるかもしれませんが、カラフルなBOXも、マーカーも、使い始めた頃は弊害が分からないんですよ。ぱっと見は
きれいで、見やすいので、「ビジターさんも、きっと見やすいだろう」と思っちゃう。

確かに、ニュース系、ノウハウ系、レビュー系では、カラフルな装飾が目を引いて、分かりやすいのも確かです。

でも、皆が皆、上手に使いこなしているかといえば、決してそうじゃない。

中には、あれもこれも装飾しすぎて、キャバレーのネオンみたいになってるサイトもある。

「note」や「はてなブログ」みたいに、テキストにフォーカスした作りに比べたら、ずいぶん野暮ったく、せっかくの情報を「アイコン付きふきだし」で台無しにしている記事も少なくありません。

また、アイキャッチ画像を探したり、作成したり、アップロードする手間も半端なく、TwitterやFacebookのように、画像をドラッグ&ドロップすれば、瞬時に記事下方に収まる作りに比べたら、WordPressはとにかく操作する箇所が多く、同じような文言を何度も何度も入力しないといけない。それをするだけの価値があればいいですが、多くは、そういう面倒に手間を取られて、ストレスになっているのではないでしょうか。

まして、現代は親指スクロールの時代。

みなSNSのタイムラインで見出しと概要だけ流し読みする習慣に慣れきっているので、クリックしてもらえる工夫をあちこちに仕掛けても、たいていは回避されてしまいます。

「クリックするのも面倒くさい」

それが現代のネットユーザーの本音であり、見映えのいいマガジンスタイルに仕上げても、多くはアイキャッチ画像とタイトルと抜粋だけで満足して、何となく分かった気持ちになって去って行くのが大半かと思います。

それくらい、ネットサービスも過剰になり、競争も激化して、ネット上で一つのコンテンツとじっくり向かい合うことも至難になっているんですよね。

それに比べて、「はてなブログ」の、皆、のびのびとブロギングを楽しんでいること。

確かにデザインは野暮ったく、一昔前のブログスタイルを使っている書き手が大半ですが、それでも目にする度に、「いいな」と思ってました。

そして、私自身も、かつてはそうだったはずなのです。

おされなマガジン・スタイルに出会うまでは。

そういうわけで、テキスト主体のデザインに戻しました。

昨今のマガジンスタイルに慣れ親しんだ世代には、違和感大かもしれませんが、親指スクロールでどんどん記事を読み込めるのは魅力ですし、何より、アイキャッチ画像が無くても、カテゴリー・アーカイブやタグ・アーカイブのデザインが崩れないのがいい。 

SWELLも良質なテーマだと思いますが、カテゴリーやタグ・アーカイブを表示した時、アイキャッチのない画像には、デフォルトに登録した画像が表示され、見た目が異様になるのが、どうにも苦手だったんですね。ちなみに、多くのマガジンスタイルは、同様の手法を採っています。

上述の通り、エッセイやコラムにアイキャッチ画像は不要だし、ちょっとしたコラムを公開するにも、テーマに合った無料のアイキャッチ画像を探し出して、アップロードして、タイトルタグを記入して……って、本当に面倒です。

また、見栄えのいいアイキャッチ画像でアクセスが大幅にアップするかといえば、決してそうではなく、むしろ忌諱される感じ(私も他サイトで、変な外人系アイキャッチ画像を目にすると、うんざりしてしまいます・・・) 手間と時間を取るばかりで、ちっとも楽しくありません。

余計な作業でプレッシャーを感じて、書くべきことが賭けなくなったら、本末転倒ですね。

みなテキストを読みに来ているのであって、お洒落なボックスやマーカーに興味があるわけではないですから・・・(記事整理の使い方としては正解だけど)

そんな訳で、もし迷っている人があれば、思い切って、はてな系のブログスタイルに戻すことをおすすめします。

最新のWordPressは、使わないショートコードが入っていても、以前のようにレイアウトが大きく崩れたりしないし、エディタ側で適当に処理して、テキストだけは読める仕様になっています。以前は、未使用のショートコードはすべて書き替えないとレイアウト崩れを引き起こし、目も当てられない状況でしたが。

私もテーマの切り替えに時間を要しましたが、自サイトの雰囲気にぴったり合うブログスタイルのテーマ・テンプレートがなかなか見つからなかったからです。

でも、それも、素敵なテーマを見つけて解決しました。

興味のある方は、メインサイトを見に行ってみてください。

https://novel.onl

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次