ワンクリックで簡単 テストサイトの作り方 【mixhost】

コピー元サイトの情報パネルを開く

この記事では、レンタルサーバー『mixhost』の WordPress Manager by Softaculous(自動インストールと管理ツール)を使って、テストサイトを構築する手順を紹介しています。

目次 🏃

テストサイト作成の手順

前準備 : テスト用のサブドメイン、サブディレクトリを作成する

テストサイトを設置するためのサブドメイン、もしくは、サブディレクトリをあらかじめ作成しておきます。

作成したら、robots.txt をルートディレクトリに設置して、検索エンジンのクローラーを拒否します。

でないと、複製サイトがインデックス登録されて、本家のサイトに大きな影響が出ることがあります。

User-Agent: *
Disallow: /

トップのディレクトリにrobots.txtを設置

クローラーをDisallow

WordPress Manager by Softaculousの使い方

cPanel(管理パネル)にログインし、WordPress Manager by Softaculous をクリックします。

管理画面 cPanel

コピーしたいドメインの情報パネルを開き、複製する場合は、『Clone』をクリックします。

  • Clone (複製) ・・ コピーサイトを作成。
  • Stagging (同期) ・・ テスト環境の変更を本サイトに反映します。分からない場合は使わないように。
  • BackUp (バックアップ) ・・ バックアップファイルを作成します。
  • Restore (復元) ・・ バックアップファイルからサイトを復元します。
  • Remove (除去) ・・ Softaculous の管理画面からサイト情報を削除します(データは残る)
  • Uninstall (アンインストール) ・・ 登録したWordPressを削除します(データベース、画像ファイル、全て)

コピー元サイトの情報パネルを開く

コピー元のサイト情報を確認して、『インスターレションの複製』をクリックします。

インスタレーションの複製

複製するサイトのディレクトリとデータベースを設定

サイトのコピー先(ドメインとディレクトリ)とデータベースを設定します。

検索エンジンから隠す場合は、 Disable Search Engine Visibility (サーチエンジンへの登録を無効化する) にチェックを入れます。

複製するサイトの情報を設定

WordPressの複製が開始されたら、作業が完全に完了するまで、そのまま待ちます。(個人サイトなら数十秒で完了します)

送信データの構成とインスタレーション

『インスターレションは正常に複製されました』のメッセージが出たら完了です。

インスタレーションの完了

テストサイトの作成後、すぐにやること

  1. プラグインを使って、テストサイトを隠す
  2. 有償プラグインやSEO系など、サイト表示に関するプラグインはオフにする
  3. テンプレートの色合いやサイトアイコンを変更する

プラグインを使って、テストサイトを隠す

念のため、プラグインを使って、テストサイトを外部の訪問者から隠します。

当サイトでは、『Hide Site』というプラグインを使っています。

重要な設定箇所は次の通りです。

Set Your Password (管理者用のパスワード)

Allow IP Addresses (Optional) (特定のIPのみ許可する)

Allow Admins? (サイトの特権管理者はアクセスフリーにする)

Hide Siteの使い方

上記以外で、『AWEOS WP Lock』も簡単便利です。
こちらは、管理者権限のコントロール機能等はありません。有効化するだけです。

有償プラグインやSEO系など、サイト表示に関するプラグインはオフにする

本家サイトで使っているプラグイン設定もそのままコピーされるので、ライセンス制の有償プラグインや、XMLサイト作成、SEO系プラグインなどは、全てオフにするか、アンインストールします。

他にも、リダイレクト系や、コンタクトフォームなど、特に動作確認する必要がないものは、アンインストールしておくといいです。

テンプレートの色合いやサイトアイコンを変更する

テストサイトと本家サイトを取り違えないよう、テーマテンプレートの色合いを変えたり、サイトアイコンを変更すると、分かりやすいです。

私も以前、文章の変更が本家サイトにまったく反映されないので、おかしいと頭を抱えていたら、テストサイトを必死にリライトしていた経験があります。

意外と間違えやすいものです。

エックスサーバーからmixhostに乗り換えた理由

余談ですが、私がエックスサーバーからmixhostに乗り換えた、もう一つの理由は、WordPress管理機能と、ファイルマネージャー機能が充実しているからです。

エックスサーバーにも、サイトの複製機能はありますが、WordPress Manager by Softaculous ほど便利ではないし、必要な機能に辿り着くまで、何度もクリックしなければいけないのが面倒でした。

また、ファイルマネージャーも備わっていますが、cPanel のファイルマネージャーの方がはるかに使いやすく、時間の節約になります。
(ファイルの一括操作、圧縮ファイルの自動解凍、ブラウザでのファイル編集など)

エックスサーバーも非常に優秀なレンタルサーバーだと思いますが、あちこち、いじるのが好きな人には物足りないことも多く、私の場合、ファイルマネージャーの使い勝手が決め手になりました。

何となく、胡散臭いイメージがあるので、敬遠する人もあるかもしれませんが、思ったほど悪くないので、興味のある方は、お試しからどうぞ。

ぺこり <(_ _)>


こちらもおすすめ
『LiteSpeed Cache』でサイトを高速化する ~ mixhostの使用例
キャッシュ系プラグイン『LiteSpeed Cache』を使った高速化の手順を解説しています。

WordPressのタグ : ,

書籍の案内

当サイトで紹介しているライティングツールで執筆した小説です。参考にどうぞ。

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできるので、興味のある方はどうぞ。

コピー元サイトの情報パネルを開く

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

正しい意見は人を安心させるが、魂までは救いません。 正しいことしか言えない人は、実は何も分かってないのでしょう。 私たちは人間の負の面を知り、寄り添うことによって、初めて人間として完成します。 光がこの世の全てではないのです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。
目次 🏃
閉じる