『秀丸パブリッシャー』 で「縦書き・二段組」をきれいに印刷をする方法【秀丸エディタ使用】

  • URLをコピーしました!
記事について

秀丸エディタ + 秀丸パブリッシャーを使って、縦書きのテキストを書籍のように見映えのいい『縦書き・二段組み』に印刷する方法を紹介しています。
難しい操作は必要なく、通常の印刷レイアウト機能と同じようにカスタマイズできます。
長文の俯瞰や推敲におすすめです。

ここでは、『秀丸パブリッシャー』を使って、見映えのいい『縦書き・段組』の印刷をする方法を紹介しています。

秀丸パブリッシャーは『秀丸エディタ』と連動する拡張アプリケーションで、秀丸エディタのユーザーであれば、無料で利用できます。

電子書籍の草稿として、視覚的に確認したい方、効率よく推敲したい方に便利です。

印刷の手順
  1. 秀丸エディタで二段組み表示をする
  2. 秀丸パブリッシャーをインストールする
  3. 印刷プレビューの設定をする
目次 🏃

秀丸エディタで段組を設定する(二段)

最初に、秀丸エディタで『段組』を選択します。(ここでは二段組みをメインに説明します)

↓ 出来上がりのイメージ
秀丸エディタ 二段組み テキスト

段組の作り方

最初に、メニュー『ファイルタイプ別の設定』→『体裁』→『詳細』から、段組の「段数」を設定します。

秀丸エディタ 段組の設定 ファイルタイプ別の設定

さらに『詳細』で、PageUp / PageDown、カーソルの上下移動について設定します。

秀丸エディタ 段組の詳細 PageUp / PageDown カーソルの上下移動

メニュー『表示』→『段組みモード』をクリックして、二段組み表示にします。

秀丸エディタ 段組モード 縦書き

秀丸パブリッシャーの設定

秀丸エディタの印刷拡張ツール『秀丸パブリッシャー』の実行ファイルを公式サイトよりダウンロードします。(無料アプリケーション)

複雑な操作はなく、実行ファイルをクリックして、通常の手順でインストールすれば、秀丸エディタに自動的に組み込まれます。

用紙サイズとプリンターの設定

秀丸エディタのメニュー『ファイル』→『印刷』をクリックすると、自動的に秀丸パブリッシャーの設定画面が起動します。

最初に用紙サイズとプリンターを設定します。

秀丸パブリッシャー プリンターの設定 用紙

ページ順序の設定

次に、『ページ順序』で、「普通」「奇数のページのみ」「偶数のページのみ」「奇数ページの印刷後、メッセージ表示してから偶数ページを印刷」「後ろのページから印刷」など、印刷対象のページを指定します。

秀丸パブリッシャー ページ順序

本文BOXの体裁を設定

本文BOX(本文が表示される枠)について、見映えを調整します。

上下左右の余白(マージン)、カラー印刷、フォント修飾の再現、編集記号の印刷、本文BOX内でのファイル名、およびページ数の印刷、行番号の印刷(行間の調整)などが可能です。

フォントも、エディタで使用しているフォントとは異なる、印刷用のフォントを指定することができます。

秀丸パブリッシャー 印刷文書の体裁 フォント 余白

段組の設定

印刷においても段組を適用する場合は、『段組』で、段組の数と、段組の間隔を設定します。

折り返し文字数も、「マージンいっぱい」「折り返し文字数を指定」「秀丸エディタと同じ」から選択することができます。

秀丸パブリッシャー 印刷文書の体裁 フォント 余白

縦書きモードの設定

印刷に縦書きを適用する場合は、『縦書きモード』で、『縦書き』を選択します。

秀丸パブリッシャー 縦書き設定

印刷プレビューの確認

一通り設定したら、設定画面の最下部にある『プレビュー』をクリックして、プレビュー画面を開きます。

見映えを微調整する場合は、『レイアウト編集』、もしくは、『設定』で設定画面に戻り、フォントや余白を微調整します。

秀丸パブリッシャー 印刷プレビュー

印刷の実際

縦書き・2段組で、ほぼ思い通りの印刷面に仕上がっています。

ページ数字の位置やフォントなど、微調整はできませんが、下書き用のプリントなら、この程度で十分ではないでしょうか。

秀丸パブリッシャー 印刷

秀丸パブリッシャー 縦書き・二段組みで印刷

参考 推敲はプリントアウトして俯瞰性を高めよう

まとめ

電子書籍の体裁にこだわる場合は、一太郎やWordのようなワードプロセッサが不可欠ですが、草稿での俯瞰・印刷なら、『秀丸エディタ』も『秀丸パブリッシャー』で十分だと思います。

現代は、モバイルやクラウドなど、便利なオンラインツールがたくさんあるので、印刷など必要ないと思うかもしれませんが、ブラウザやモバイルの小さな画面で局所の文字を追うのと、印刷したものを広げて、全体を俯瞰するのでは大きな違いがあります。(展望台から見晴らすのと、顕微鏡で覗く、ぐらいの違いがある)

最近では、基本機能だけを備えた格安プリンターも出回っているので、これを機会に、俯瞰・印刷の技術をマスターしてはいかがでしょうか。
(Amazonの相場は、テレワーク向け・インクジェット印刷のCanon小型機が5千円~1万円ちょい)

秀丸のメリットは、非常に軽量で、長文や階層の深い文書でも編集しやすい点です。

無料エディタでも良いものはありますが、長文の編集には不向きなので、がっつりした文章を作成するなら、草稿ツールとして秀丸シリーズはおすすめです。

※ 公式サイト
https://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする

目次 🏃