Twitter風の短文投稿をまとめて1ページに表示する方法(複数コンテンツの連続表示)

about
カスタム投稿と投稿リスト系プラグインを使って、短文投稿を1ページにまとめて表示する方法を紹介しています。 ツイートやメモ書きの連蔵表示、名言集などの作成に便利です。
目次

Twitter風の短文投稿をまとめて1ページに表示する方法

数行の短文投稿を効率よく1ページに表示する手順は以下の通りです。

  1. 短文投稿用のカスタム投稿を作成する
  2. カスタム投稿のディレクトリについて、検索エンジンのクロールを拒否する
  3. 対象のカスタム投稿をXMLサイトマップから除外する
  4. タクソノミーなどを用いて、表示するカスタム投稿を分類・整理する
  5. プラグイン『Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more』 のショートコードを使う
  6. コンテンツの見映えをCSSで調整する

短文投稿用のカスタム投稿を作成する

プラグイン『Custom Post Type UI』や『Custom post types』などを使って、短文投稿用のカスタム投稿を作成します。

当サイトでは、『Notes』というカスタム投稿を作成しています。
(一般には Custom Post Type UI の方が有名ですが、広告やら、余計なものがくっついてくるので、当方は Custom post types を利用しています)

カスタム投稿の作成

カスタム投稿を設定する

サポートする要素は、各人の好みによりますが、単純にテキストだけ描出したい場合は、「タイトル」「エディタ(本文)」のみ。

タクソノミーを使って、コンテンツを分類したい場合は、「カスタムフィールド」を有効化します。

サポートする要素を指定する

短文投稿を効率よく整理したい場合は、カスタム投稿に対応したタクソノミーを設定すると便利です。
当サイトでは、『Notesのタグ』を作成しています。
カテゴリー式、タグ式、どちらでもOKです。

カスタムタクソノミーを作成

検索エンジンのクロールを拒否する

短文投稿にクロールが巡回しないように、robots.txt を使って、ディレクトリ単位で Disallow を設定します。

直接、robots.txt を編集してもいいですし、プラグイン設定を利用してもいいですし、どちらでもOKです。

この場合、カスタム投稿のスラッグが /notes/ になるので、ディレクトリ単位で巡回を拒否します。

robots.txtにてクロールの巡回をブロックする

XMLサイトマップからカスタム投稿を除外する

これもお使いのプラグインのオプションを利用して、XMLサイトマップから除外します。

XMLサイトマップから除外する

SEO系プラグインを利用している場合は、noindex に設定しておきます。

Noindexに設定する

インデックスさせたい方は、お好みでどうぞ。
SEO的にどうか? と問われても、私には分かりません ^_^;

タクソノミーを用いて、短文投稿を分類する

短文投稿にタクソノミーを設定して、投稿の種類を分類します。

絶対ではありませんが、数が増えてくれば、分類した方が表示や管理に便利です。

タクソノミを設定する

投稿一覧の管理画面では下図のように表示されます。
当方は『Admin Column Pro』を使っているので、こんな感じで分かりやすいです。
頻繁にリライトや投稿整理する人は、購入した方がいいですよ。ちょっと高いけど、100以上の記事でも一括編集できるので、手間が省けます。

投稿一覧の管理画面

『Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more』 のショートコードを使う

表示したい投稿内に、プラグイン『Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more』 のショートコードを記入します。

当サイトの場合、通常の投稿に、カスタムポストの短文投稿を一まとめに表示しています。

たとえば、

投稿タイプ = notes
タクソノミー = notetag
タクソノミーの名前 = life
コンテンツ(全文)を表示する = true
タイトルを表示する = false
コンテンツのクラス = post_content(テーマのスタイルを適用)
表示したい投稿の数 = 50
表示順(order) = date(日時順)
昇順 / 降順 = ASC(昇順)
表示する投稿の日付 = 2022年1月1日から 2022年1月10日まで 

[display-posts post_type="notes" taxonomy="notetag" tax_term="life" include_content="true" include_title="false" content_class="post_content" posts_per_page="50" orderby="date" order="ASC" date_query_after="2022-01-01" date_query_before="2022-01-10"]

投稿内にショートコードを記入

サンプル記事はこちら コペルニクスのように人生を変え、発想を変える ~何かを考えたい人の為の #ミニエッセイ

ショートコードの書き方は、プラグインの公式サイトを参照して下さい。

https://displayposts.com/docs/parameters/#display-parameters

コンテンツの見映えをCSSで調整する

基本的に、このプラグインは、コンテンツが ul と li で表示されるので、使用中のテーマによっては、● や番号など、装飾が入ることがあります。
そのような場合は、CSSで調整します。

当サイトの場合、テーマのコンテンツのスタイルが、post_content というクラスで指定されているので、テーマに付属しているカスタムCSSに下記のように記述して、リスト装飾が表示されないように調整しています。

.post_content ul,li{list-style:none;}

カスタムCSSでコンテンツの見映えを調整する

お使いのテーマやプラグインに個別CSSの設定がない場合は、ショートコードで独自のクラスを用いて、全体のスタイルシートにクラス名を記述する方法もあります。

公式サイトでは、リストを div で囲み、 my-grid-layout というクラスを適用して、スタイルを調整する方法を紹介しています。

ただし、お使いのテーマの環境によって、見映えは大きく異なるので、かなる手こずるケースもあるかもしれません。

wrapper="div" wrapper_class="my-grid-layout"

どうしても、上手くいかない場合は、投稿表示に、『WP Show Posts』や『Content Views – Post Grid & Filter for WordPress』のようなプラグインを使う手もありますが、無料版の場合、機能制限がある為、かえって面倒になるかもしれません。

そのあたり、ご自身で判断して下さい。

短文投稿を順番通りに表示する方法(カスタムフィールド使用)

短文投稿の連続表示は、orderby で調整できますが、ID順や公開日順ではなく、表示順を手動で指定したい場合もあると思います。

投稿の表示順番を手動でコントロールするには、カスタムフィールドを使います。

まず、任意の名前でカスタムフィールドを設定します。

当サイトでは『story』というカスタム名で、カスタム投稿タイプに対応したカスタムフィールドを作成しています。プラグインは『Smart Custom Fields』を使用。

カスタムフィールドを作成する

カスタムフィールドを使って記事の順番をコントロール

『story』のカスタムフィールドを使って、投稿の並び順を手動で指定します。

投稿の並び順をカスタムフィールドで手動設定

投稿リストを表示する為のショートコードは下記のように記入します。

meta_key="story" = カスタムフィールドのキー(名前)
orderby="meta_value_num" = 序数に従う
order="ASC" = 昇順

[display-posts post_type="notes" taxonomy="notetag" tax_term="sea" include_content="true" include_title="false" content_class="post_content" posts_per_page="10" meta_key="story" orderby="meta_value_num" order="ASC"]

作成した記事はこちらです → 海を想う人の詩

投稿整理のコツ ~短文の再利用について

WordPressとTwitterを併用しているが、Twitterでつぶやいた内容をどうやって再利用すればいいのか、困っている方も少なくないと思います。

かといって、無駄に投稿を増やしても、インデックスされないどころか、訪問者を迷わせることになり、あまり賢いやり方とは言えません。

それでも、「日々、書き留めたことを、効率よく日記化したい」「推敲の段階で、ボツにした一文を再利用したい」「偉人の名言を一覧表示したい」等々、短文投稿の上手な利用方法を模索している方には、上記の方法は参考になるのではないでしょうか。

もちろん、1ページにまとめたからといって、検索エンジンに高く評価されるわけではありませんし、投稿内容に整合性がなければ、インデックスもされないと思います。
(偉人の名言と個人の日記がごっちゃになっている。テーマに一貫性がない・等々)

それでも、1ページにまとめて、分かりやすいタイトルを付けて、サイト内に置いておけば、好奇心で見る人もあるでしょうし、そこは個人の工夫次第で、有効活用できると思います。

また、短文でなくても、ほとんどアクセスのない投稿をひとまとめにする手もあります。

SEOの効果は分かりませんが、見出しを工夫し、少し手を加えれば、再利用できると思います。

文章だけでなく、画像、動画など、通常の投稿で使えるコンテンツは何でも連続表示できますので、興味のある方は、ぜひトライして下さい。

Featured Posts

None found

Kindleストア

誰かにこっそり教えたい 👂
目次
目次
閉じる