「嫌われる」は「愛される」 ~個性は愛憎の二面を持ち合わせる

sanmarie*com 恋と女性のライフスタイル
about
ナンバーワンアイドルになれば、ファンも増えるが、嫌いな人も同じくらい増えます。「個性」というのは「万人受けする美点」ではなく、他の誰にもない強烈な一面を指すもので、目立てば目立つほど一方から嫌われるのは当たり前なんですね。個性的になれば周りの愛情や尊敬もセットで付いてくるわけではありません。

ナンバーワンアイドルは、嫌われ方もトップレベル

1980年代、アイドル全盛期の話である。

若い女性を対象にアンケートをとったら、「好きな女性タレント」に1位も松田聖子なら、「嫌いな女性タレント」の1位も松田聖子だった。

この結果に、聖子サイドは慌てるどころか、ほくそ笑んだという。

松田聖子はそれだけ存在感がある、という証だからだ。

実際、松田聖子ほど、バブル世代の女性に影響を与えたタレントもないと思う。

「恋も、仕事も、ガッツで手に入れる! 欲しいものを『欲しい』と言って、何が悪いの?!」という生き方を身をもって宣言したのが聖子だった。

それまで、山口百恵のように、

「愛する男性に嫁ぎます。これからは一人の妻、一人の母として、家族に尽くして生きていきます」

というのが女性の模範像のように思われていたので、聖子のように、恋も仕事も真正面から取りに行く大胆かつポジティブな生き方は、ある人にとっては鮮烈だったが、一方では嫌悪を掻き立てた。

当時の女性誌も、「あなたは百恵的生き方? それとも聖子的生き方?」という特集を組むぐらい、聖子の芸能人として生き方は、世の女性のみならず、男性までも立ち止まらせずにいないような、強烈なインパクトを放っていたのである。

しかし『個性』というのは、そういうものなのだ。

それは「百恵ちゃんが個性的でない」という意味ではない。

百恵ちゃんも、「昔ながらの女性の幸せを体現した良妻賢母」というキャラクターにおいては、一つの個性を生きたタレントに違いない。

そして、聖子の場合は、「嫌いな女性タレント1位」という、芸能人にとっては命取りのようなアンケート結果さえ逆手にとって、自分を売り込むだけのエネルギーと図太さがあった。

いわば、「個性」というのは「万人受けする美点」ではなく、人が反応せずにいない「強烈な一面」を差すのだ。

言い換えれば、「人に嫌われる」という要素は、「愛されること」と表裏一体と言える。

もちろん、生活がだらしないとか、ウソをつくとか、思いやりがない、とか、誰もが嫌がるような欠点をそのまま放置して「これが個性だから」と開き直っているのは愛の対象になりにくいが、「うっとうしいほど几帳面」とか「やたらガンダムに詳しい」とか「すぐ感動して泣く」とか、どうにも変えようのない性質というのは、ある人にとっては非常に理解しやすいからだ。

何かで激しく嫌われたら、別のところで深く愛されるチャンスがあると思えばいい。

一人に否定されたからといって、項垂れる必要は決してない。

人に限らず、モノでも、何でもそう。

「否定」の背中に、「チャンス有り」である。

初出: 2003年(多分)

【追記】 個性的であることは、誰かを敵に回すこと

 

昭和の時代から、「個性的と思われたい」と願う人は少なくありませんが、本当に個性が際立てば、人を惹き付ける一方で、一部からは徹底して嫌われるものです。

それに、意識して「個性的」にならなくても、人はみな個性的なもの。

きれい好きな人もいれば、ずぼらな人もいる。

この世に個性のない人など存在しないし、人が「個性的だね」という時は、たいてい「我が強い」「よく、そんな事ができるわね(溜め息、呆れ)」のニュアンスで言っているもの。現実社会では、額面通りに受け取る言葉でもないと思います。

おそらく、多くの人は「目立ちたい」「人気者になりたい」という意味で、個性を求めているのでしょうね。

実際、今の世の中、炎上でも、裸踊りでも、何でもして目立たないことには、パン一つ売ることもできないのが現状です。いくら世界一美味しいパンを作ったところで、誰も知らなければPRのしようがないし、ちょっと看板を立てたぐらいでは誰も振り向きもしません。

町内に一つ、手作りパンの店があった時代ならともかく、今は大通りにずらりとベーカリーが並ぶ時代ですから、他とは違った演出をして、子供がこねたようなロールパンでも、1000円、2000円の価値があるように見せないことには、商売も成り立たないのが現実でしょう。

それは人間関係も同様。

今はいろんな意味で均一化されて、若い人でも洗練されてますから、ちょっとお洒落したぐらいでは目立たないし、あれもこれも出来るとアピールしたところで、他にもっと凄い奴が存在するのをネットなどで知っています。

5のものを、10にも、20にも見せたところで、実力などすぐに窺い知れるし、キツネが虎の皮をかぶっても、周りにはキツネしか見えません。

それでいて、世間というのは、たとえ相手が背伸びの小僧でも、虎の振りをしたキツネでも、突出したものに対して容赦ないのです。

そうなると、「個性的であること」の目的が、人気であったり、マウンティングであったりすると、こうした嫉みに耐えきれなくなり、逆に、他人の個性に対して否定的になったります。

もしかしたら、必要以上に「個性、個性」と拘る人は、現在の自分が好きではないのかもしれませんね。

先にも言ったように、どんな人もすでに個性的であるし、目立つか、目立たないかは、その時々の風潮にもよります。

人気云々も、「個性」というよりは、ただ単に立ち回りが上手いだけかもしれませんし、傍目には分からないだけで、逆に苦しんでいる人も少なくないのではないでしょうか。

そんなことよりも、今、現在の自分――一所懸命にやっている自分に「よし」と思える気持ちの方がうんと大事です。

個性、個性と気張らなくても、自分に「好き」と言える人は、自ずとその個性によって、周りにも愛されているのではないでしょうか。

追記: 2019/11/25

目次
閉じる