人類最後の聖域『TOWER』と遺伝子保存プロジェクト

    第一章 GEN MATRIX ~エデンの庭師(1)


    御覧、ヒトはわれわれの一人と同じように善も悪も知るようになった。
    今度は手を伸ばして生命の樹から取って食べて、永久に生きるようになるかもしれない。

    旧約聖書『創世記』

    STORY
    それは生物の大量死から始まった――。
    ありとあらゆる動植物が死に絶え、人類滅亡の危機が迫った時、『12の頭脳』を筆頭に世界中の知性が結集し、遺伝子保存プロジェクトを立ち上げる。
    高緯度に超高層ビル『タワー』を建設し、動植物の体細胞と生殖細胞を持ち込んで、全生物のゲノム情報を石英ガラスの記憶媒体『ゲマトリアンクォーツ』に刻みつけるが、プロジェクトの途中で『12の頭脳』が事故死する。
    動揺する人々の前に現れたのは遺伝子工学の鬼才エルメインだ。エルメインは忠誠を誓う市民8000人をタワーに招き入れ、≪隔壁≫で仕切って、半閉鎖式生命圏≪天領≫を作り出す。
    だが、その時を境に設計図は失われ、タワー全体のITシステムも機能不全に陥った。人々は≪天領≫に閉じ込められたまま、外の状況を知ることもできず、物不足に怯えている。
    『エデンの庭師』こと農園管理人のアドナは、市民の糧を繋ぐべく、ゲノム編集による農作物の栽培に打ち込むが、後輩のセスから「最下階の少女がネズミを目撃した」という情報を耳にし、生まれて初めて最下階に赴く。
    目次

    第一章 GEN MATRIX ~エデンの庭師(1)

    滅びの歴史 ~生物の大量死と文明崩壊

    何時の頃かは分からない。それは生物の大量死から始まった。

    昆虫、小動物は言うに及ばず、鳥類、魚類、果ては大型生物や霊長類に至るまで、生物という生物が死に絶え、地上から姿を消していった。

    生態系の激変によって農作物も実を結ばなくなり、世界は深刻な食糧不足に陥った。また天敵となる捕食者が姿を消したことから、害獣や害虫が蔓延し、痩せ衰えた人も次々に疫病で死んでいった。

    やがて人民の不満は暴動やクーデターとなって政権を脅かし、武力紛争が繰り返された。国境沿いの救援施設には避難民が津波のように押し寄せ、食糧危機や疫病をいっそう深刻化した。ほんの数年前まで進歩的だった都会も、破壊と略奪によって見るも無惨な廃墟と化し、路上には餓えと病で力尽きた人々の遺骸がゴミのように転がる。さらにはそれを解体し、食用肉や屍蝋として売りさばく地獄絵だ。社会から一切の理性と仁徳が失われ、暗黒時代に逆戻りしたかに見えたが、人類の英知はまだ失われていなかった。

    有志の呼びかけにより、各界の識者が人種や文化の違いを超えて結集し、生き残り策を模索し始めた。

    その一つが、生体細胞とゲノム情報の保存だ。

    生命情報科学(バイオインフォマティクス)の発達により、多種多様な生物のゲノム情報がデジタルアーカイブとして共有されるようになった。情報の容れ物となる生体細胞さえあれば、絶滅した動植物でも再生可能だ。

    そこで専門家は植物の種子や動物の生殖細胞を混乱する国や地域の外に極秘裏に持ち出し、あるものは地下シェルターに、あるものは孤島の研究施設に運び込んで、凍結保存した。この計画は『遺伝子保存プロジェクト』と呼ばれ、人類が生き残る為の唯一の手立てとなった。

    だが、世界的な食糧不足や政情不安に打ち克つには、彼等はあまりに無力だった。地下に逃れた人々も、孤島の研究者も、次々に飢えと病に倒れ、インフラ停止と管理者の死によって、凍結保存された種子や生殖細胞も冷凍庫の中で死滅していった。

    人類最後の聖域 『TOWER(タワー)』

    最後に残されたのは、北方の寒冷地にそびえ立つタワーだ。

    《TOWER》は、針葉樹林の生い茂る山間に建設された超高層建築物で、上へ上へと逃れるように拡張工事を繰り返し、最終的にその高さは1500メートル以上に及んだ。高さの定義が曖昧なのは、どこを『地上0階(グランドフロア)』に定めるかで長辺も違ってくるからである。

    北方の寒冷地が選ばれたのは、タワーの主要なミッションが『生殖細胞の凍結保存とデジタルデータの恒久的運用』にあるからだ。夏は日照時間が長く、太陽光発電に有利な上、冬は雪と氷に覆われ、地下水脈と近くを流れる河川から大量の雪解け水を確保することができる。気候は年間を通じて冷涼で、害虫や害獣も少なく、厳冬期は細菌やウイルスの感染力も低下する。また四方を囲む山岳は外敵の侵入を防ぎ、不正な電波を遮断しやすい。

    都市から遠く離れた寒冷地は産業活動には不向きだが、生殖細胞の凍結保存やデジタルデータの恒久的運用には最適だ。大量の熱を放出する冷蔵・冷凍設備やITシステムにはメリットが大きく、食糧や飲料水の長期保存も容易だからである。

    タワーは、インフラを支える基底部、ITシステムのメインフレームを中心に、管理と制御を司る中層、バイオバンクや遺伝子センター、居住設備を備えた上層から成り立ち、一般に『タワー』と呼ばれるのは高さ1000メートルに及ぶ上層部である。

    基底部から中層にかけては、上層の都市機能を支える発電・給水等の機械設備と巨大建築の重心を支持する構造設備が集中している為、外壁も厚く、窓もほとんど無いが、上層は居住性と省エネを重視した作りになっており、外壁の大半が透明度の高いガラスカーテンウォールで構成されている。もっとも、このガラスは絶景を楽しむ為ではなく、各階の窓際に植えられたインサイドグリーンや農作物、微細藻類を使ったバイオカーテンの光合成を促すのが目的だ。窓際のグリーンは遮光や換気に役立つだけでなく、空気を浄化し、住空間を快適に保つ役割がある。またガラスカーテンウォールに用いられているのは、有害な紫外線や電波を遮る電磁波シールドガラスで、表面は特殊金属膜で加工され、過度な日射熱を軽減する働きもある。

    またタワーの中央には最上階から中層まで一直線に貫く長大なライトフォール(光井戸)が設けられ、最上階の天窓から太陽光を直接取り入れている。さらには縦横に張り巡らされた光ダクトが太陽光を建物内部に効率よく分散し、内部を覆う特殊鏡面アルミ材は防菌や耐腐食にも一役買っていた。

    タワーの基本設計には当時流行していたジッグラト・スタイルを取り入れ、五階層おきにフロアの外壁が外側に90センチずつ張り出している。張り出し面には随所に透明アクリル樹脂のパネルを設け、太陽光を効率的に取り込んでいる。また、この張り出し面は作業用通路を兼ねており、緊急時には避難路ともなる。

    すなわち、タワーといっても直線的なな円錐台ではなく、バベルの塔のように少しずつ大きさの異なる階層が段々に積み重なっており、内部の経路も複雑だ。居住性よりも機能性や守秘性を重視した結果である。

    こうした巨大建築と遺伝子保存プロジェクトを支えたのは、《GEN( ゲン ) MATRIX(マトリクス)》と呼ばれる巨大なサイエンスグリッドだ。

    GEN MATRIXと遺伝子保存プロジェクト

    サイエンスグリッドとは、複数のコンピュータをイントラネットで接続し、共通のミドルウェアを用いて、スーパーコンピュータを超える高速演算処理能力を実装するものである。GEN MATRIXは、世界中の研究施設のコンピュータを繋ぐネットワーク、及び研究システムの総称であり、その用途はDNA解析のみならず、遺伝情報データベースの高速検索、研究用プログラムの開発、タンパク質の立体構造予測に至るまで幅広い。

    わけても仮想空間を用いたゲノム編集の3Dシミュレーションは遺伝子工学を飛躍的に発達させ、実験動物の犠牲を抜きにして成り立たなかった生物学的テストや理論構築を可能にした。

    GEN MATRIXの使い手は、データベースの文字列を書き替えるようにゲノムを編集し、生物本来の形質や機能を作り替えることができた。

    この技術を究めれば、仮想空間における合成人間の製造やデザイナーベビーの創生も可能にする。

    それはさながらデジタル世界の生命創造であり、ポストヒューマニズム時代の幕開けでもあった。

    だが、良識ある人々はGEN MATRIXの脅威を問題視し、選ばれた者だけが3Dシミュレーションを使えるよう制限した。

    その管理を託されたのが、《十二の頭脳(Quorum of the Twelve)》だ。彼らは生物学、生化学、遺伝学、数学、情報工学、社会学など、様々な分野のエキスパートであり、各国指導者に助言を与える上級顧問でもある。

    《十二の頭脳》は、GEN MATRIXのマスターコンピュータと、全生物のゲノム情報が記録された石英ガラス《ゲマトリアンクォーツ》を中層の司令部に持ち込むと、これを遺伝子保存プロジェクトの拠点とした。彼等はまた植物の種子や動物の生殖細胞をバイオバンクに凍結保存し、来たるべき日に備えた。地上が再び生存に適した状態に戻ったら、順次、動植物を再生し、復興の礎とする手はずである。

    一方、タワーには世界各地から避難民が押し寄せ、その数は三万人に膨れ上がった。当初は治療の必要な者だけを屋内に収容し、それ以外は災害救援用のシェルターハウスで対応していたが、次第に収容しきれなくなり、食糧や生活用品の分配も困難になっていった。

    それでも春になれば物流も再開し、救いの手も差し伸べられると誰もが期待していた。だが、待てど暮らせど救援トラックは訪れず、外部との連絡もつかない。監視衛星の映像にも人影はなく、都市という都市が機能不全に陥り、路上に打ち捨てられた遺骸ばかりが目に付く。

    まさかタワー以外のコミュニティは全滅したのか?

    行政機関も軍事施設も停止し、タワーだけが生き残ったのか?

    様々な憶測が飛び交う中、状況は日に日に悪化し、体調のすぐれない人が一粒の錠剤を求めて医療テントに長蛇の列を作る。

    このまま物資の補給もなく、食糧も底をつけば、寒冷な山奥で全員が餓死するのは必至だ。誰もが絶望感に打ちひしがれ、食糧庫の前では小競り合いが始まった。

    そして、とうとう、地上のキャンプ暮らしに不満をもつ四人の若者が周囲の制止を振り切って、南の150キロメートル先にある補給基地に向かった。森を抜け、川を渡り、三日目には雪のない平地に辿り着いたが、途中で一人が下痢や発熱など体調不良を訴え、一行はタワーに引き返した。だが、それが間違いだった。若者に同情してテントに招き入れた老夫婦が相次いで死亡し、地上のコミュニティがパニックに陥ったのである。

    このままでは病人や暴徒がタワーに押し寄せ、人類最後の聖域まで崩壊してしまう。

    そこで《十二の頭脳》とキャンプ・コミュニティの代表は、上部144階層を境に《隔壁》と呼ばれる遮断システムで都市空間を締め切り、半閉鎖式生命圏を作り出す施策を打ち立てた。十二人の頭脳は《スリーパー》と呼ばれる冷凍睡眠装置に入って四十年の眠りに就き、大地に帰還する日に備える。その間、少年少女を含む百名が都市空間に留まり、遺伝子センターやバイオバンクを維持する。そして四十年後、《十二の頭脳》が目覚めたら、彼等を補佐して、社会再建と動植物の再生に取り組む計画だ。

    四十年という歳月は、外部からの補給なしに都市機能を維持できるぎりぎりいっぱいの年数である。また生物の大量死や破壊兵器によって荒廃した農地が、再び耕作に適した状態に自然回復するまで必要とされる時間でもあった。

    それ以外のスタッフは、避難民と共に南の補給基地に向かい、生活の場を確保しながら次の手立てを考える。タワー周辺で全員が飢えて死ぬよりは、少しでも温暖な地域に移動した方が生き延びる確率が高いからだ。《十二の頭脳》の提案に大勢が納得し、健康な者が率先して大移動の準備に取りかかった。

    一方、《十二の頭脳》はゲマトリアンクォーツを3階の遺伝子センターに運び入れ、データ室のオフィスコンピュータから中層の司令部にあるGEN MATRIXのマスターコンピュータとメインフレームを遠隔操作できるようセットアップを進める。

    ちなみにタワーの都市空間ではトップフロアを1階と定め、下方に向かって階数が増えていく。最下階は144階。これが《隔壁》との境界となる。

    ところが、さらなる不幸が人類を襲った。

    冷凍睡眠の実験中に《スリーパー》が誤作動を起こし、十二人全員が低体温症で絶命したのである。

    タワーに再び衝撃が走り、人類も遺伝子保存プロジェクトもこれまでかと思われた。

    そこに救世主の如く現れたのがエルメインだ。

    エルメインと悪魔の契約書 ~選ばれた8000人

    エルメインは高度な遺伝子治療の技術を有し、VIPの信任も厚い。VIPとはタワー建設に巨額の寄付をした《特別な人々》だ。タワー最上層のVIPフロアに住み、庶民の前に決して姿を現すことはないが、タワー運営に隠然たる影響力をもっている。

    エルメインは動揺する人々に新たな契約を提示した。心身ともに健康で、執政府に協力的な市民八千人をタワーに迎え入れ、社会奉仕と引き換えに衣食住を保証する施策だ。これには一部の市民が歓喜した。砂漠の隊商みたいに、150キロメートル先の南の補給基地に移動し、一から田畑を耕したり、町を再建したりするよりは、高機能で快適なタワーに移り住んだ方がはるかに安楽だからだ。

    《十二の頭脳》に代わってコミュニティを取り仕切るようになった執政府は、厳しいスクリーニングを行い、タワーに上がれる八千人を選出した。そして、引っ越しが完了すると、直ちに《隔壁》を締め切り、その他は容赦なく切り捨てた。

    《隔壁》は、タワー上部の144階層に半閉鎖型生命圏を作り出す遮断システムの総称で、具体的には外界に通じる全ての開口部――非常口、エレベーター、配管、通風口、光ダクト、配線の引込口にいたるまで、鋼製シャッター、鋼板、遮断弁でブロックする装置だ。唯一地上と通じるのは、水循環システムの配管とネットワークの配線、遺体や危険物を地上に投下する為の輸送チューブのみである。

    そして、この《隔壁》は、地上観測システム『EOS(Earth Observation System)』が安全宣言を出すまで開かれることはない。EOSはタワーの周囲500平方キロメートルの大気、水、土壌から観測データを収集し、自動分析する装置だ。EOSが『安全』と判断すれば《隔壁》も解除され、地上への帰還が叶うというわけだ。

    こうしてタワーの144階層に創出された半閉鎖型生命圏はCelestial Domain《天都(てんと)》と名付けられ、エルメインを中心に組織された最高評議会が圏内を統治することになった。市民は衣食住を保証される代わりに、清掃、給食、営繕といった社会奉仕を義務づけられ、病気や保育以外の理由で放棄することは許されない。

    一方、高度な専門技術を有する者にはClassified(クラシファイド)の称号が与えられ、一般市民よりワンランク上の待遇を享受することができた。上階の住まいや上質な食事、新品の服や靴などである。

    また徹底した人口管理の為、男女とも第二次性徴を迎える十二歳から十四歳の間に不妊手術が必須となり、女子には卵管結紮、男子には精管結紮が施された。手術の際、生殖細胞を採取されるが、その使い途について異議申し立てすることはできない。子供は心身共に健康な男女だけが人工授精によって一人だけ持つことが許された。それが《天都》に上がる為の条件であり、物資の消費を最小限に抑える為の施策でもある。

    閉ざされた70年 ~安全宣言のないままに

    それでも市民から不満の声が上がらなかったのは、十年か二十年後にはEOSの安全宣言が出され、地上に帰還できるだろうと楽観視していたからだ。

    ところが、二十年経っても、三十年経っても、EOSの安全宣言は出されず、人々は《天都》に閉じ込められたままだ。

    《隔壁》を締め切る際、ITシステムに重大なエラーを生じ、旧司令部のメインフレームとの回線が遮断されたばかりか、建物全体の設計図も失われてしまったからだ。おまけにGEN MATRIXも再起動せず、ゲマトリアンクォーツの読み取り装置も故障したままである。

    そうして五十年が過ぎ、六十年を迎えると、市民の不安も高まり、人類滅亡説も囁かれるようになった。それでもエルメインと最高評議会は《隔壁》の強制解除を良しとせず、現状維持を訴えている。外界はどうなったのか、なぜ設計図は失われたのか、積極的に追及することもなく、不毛な話し合いを繰り返すばかりである。

    そして、七十年。

    《天都》に移住した第一世代も大半が子の世を去り、圏内で生まれ育った第二世代が社会の中核を占めると、ここが世界の全てとなり、『閉ざされた空間』という意識も希薄になりつつある。

    どうあがいても現状は変わらず、タワーを出たところで、待ち受けるのは不毛の荒野という認識から、圏内にはもはや諦めムードすら漂いつつあった。

    次のエピソード
    エデンの庭師 ~農園管理とゲノム編集 ②超高層ビル(タワー)の上層に閉ざされた市民の食を繋ぐため、『エデンの庭師』ことアドナはゲノム編集による農作物の水耕栽培に力を入れていた。


    執筆に参照した引用・参考文献はこちらです。

    目次
    閉じる