『TOWER』小説の詳細とキャラクター紹介

御覧、ヒトはわれわれの一人と同じように善も悪も知るようになった。今度は手を伸ばして生命の樹から取って食べて、永久に生きるようになるかもしれない。
旧約聖書『創世記』

目次 🏃

作品の概要

『TOWER』は、創世記の原罪をモチーフに、不老不死を目指す遺伝子工学の鬼才エルメインと、ゲノム編集によって生み出された農園管理人(エデンの庭師)のアドナ、設計図の復元を試みる最下階の天才ハスラー、スティンの関わりを通して、愛と生命を描く新感覚のSF医療ファンタジーです。

あらすじ

それは生物の大量死から始まった――。

人類滅亡の危機に瀕し、世界の知性が結集して『遺伝子保存プロジェクト』を立ち上げる。
世界最大のサイエンス・グリッド『GEN MATRIX』を駆使して、全生物のゲノム解析を行い、そのデータと細胞を『タワー』と呼ばれる超高層ビルの上層に持ち込んで、順次、生物を再生する予定だったが、冷凍睡眠装置の実験中に、人類の導き手となる『十二の頭脳』が事故死してしまう。

その後、遺伝子工学の鬼才、エルメインが陣頭指揮を執り、8000人の市民をタワーの上部に招きいれるが、半閉鎖式生命圏の隔壁を締め切ったと同時にメインフレームの接続が断たれ、設計図も60億のピースに分解されて、人々はタワーに閉ざされてしまう。

脱出する術もなく、物資は次第に失われ、再び人類滅亡がささやかれるようになるが、『エデンの庭師』ことアドナは市民の食を繋ぐため、ゲノム編集による農作物の栽培に打ち込んでいた。

そんな中、最下階の少女が謎の感染症で変死し、執政府に動揺が走る。

真相を究明すべく、アドナは最下階に下りるが、そこで出会ったのは謎のハスラー、スティンだった。

果たして彼らは設計図の謎を解き、人類を解放することができるのか。

旧約聖書の『創世記』をテーマに描く、新感覚のSF医療ファンタジーです。

サンプル原稿

Kindleストアでも試し読みができます。商品ページはこちら https://amzn.to/3hreYOt

第一章 GEN MATRIX ~エデンの庭師
第一章 GEN MATRIX ~エデンの庭師
第一章 GEN MATRIX ~地下
第一章 GEN MATRIX ~地下

章立て

エルメインと不老不死の秘術 ~永遠の命を求めて

第一章 GEN MATRIX

生物の大量死に伴い、《十二の頭脳》は超高層ビル『タワー』に全生物のゲノム情報と体細胞を保存するが、冷凍睡眠時に事故死し、遺伝子保存プロジェクトは中断する。
代わって人類社会のリーダーとなったのが遺伝子工学の鬼才エルメインだった。
エルメインは忠誠を誓った8000名だけをタワーの上層に招き入れ、≪隔壁≫を締め切ってしまう。同時にタワーの設計図も失われ、市民も上層に閉じ込められてしまう。
農園管理人のアドナは市民の糧を繋ぐため、水耕栽培に全力を尽くしていたが、少女が謎の感染症で変死したことから自身の運命も狂い始める。一方、最下階に暮らす天才ハスラーのスティンはガル爺さんと共にタワーの秘密を探り、打倒エルメインに執念を燃やしていた。
第一話『人類最後の聖域『TOWER』と遺伝子保存プロジェクト』はこちら。

神の遺伝子と免疫細胞

第二章 神の遺伝子

スネークと呼ばれる男が性病の疑いで病院に運び込まれる。男がプールバーの常連であることから、スティンの身辺にも調査が及ぶ。一方、不老不死を求めるエルメインはアドナの胸腺に執着し、アドナはエルメインによって作られた自身の運命を悟る。アドナの一途な想いを知ったセスはスティンに真実を告げるが……。

永遠の楽園

第三章 楽園

アドナとスティンはエルメインの診察室に監禁され、設計図の復元を迫られる。アドナは身を捨ててスティンを守ろうとするが、エルメインは残忍な本性を露わにする。絶体絶命の状況で、スティンガ仕掛けたトラップとは……。

主な登場人物

アドナ

TOWERの農園管理人。『エデンの庭師』のペンネームで農業通信にコラムを寄稿している。
エルメインのゲノム編集によって生み出された「完璧な人」。タワー上階にあるVIPフロアの一角に住むエリートでもある。
スティンに心引かれ、共に闘う決意をする。

スティン

最下階に暮らす凄腕のハスラー。ITや生命科学に関する高度な知識を有し、ガル爺さんと設計図の復元に挑む。
複雑な生い立ちに苦しむが、後にアドナの良き友人となる。

エルメイン

遺伝子工学の鬼才。不老不死を願うVIPの信望を得て、非人道的なゲノム編集を繰り返す。
十二の頭脳の亡き後、人類社会を指揮し、TOWERを支配する。

ガル爺さん

スティンの祖父。優秀なハードウェア修理工だったが、エルメインと対立して最下階に落とされる。
親友ヘムの力を借りて、スティンと一緒に設計図の復元に取り組む。

ベラ

スティンの愛人であり、母親代わりでもある。ヘムの娘で、両親の不審死を契機に、スティンとガル爺さんに手を貸すようになる。
スティンより14歳年上であることに引け目を感じている。

セス

アドナの学生時代の後輩で、志の高い医学生。『診察室のキリスト』と慕われるジュール医師の薫育を受け、市民の医療に全力を尽くす。

Kindleストア

『TOWER』はKindleストアで販売しています。
冒頭部の立ち読みもできますので、お気軽に覗いて下さい。

<<前のエピソード次のエピソード >>

Notes of Life

人生は『時間』によって作られます。 年を取るほど、1分の価値は貴重です。 若い時に為すべき事は、自分の持ち時間を何に使うか考えることです。 消費、浪費、空費、徒費。 過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。 一日、悪口で過ごすのも 一日、園芸を楽しむのも 同じ人生です。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

TOP
目次 🏃
閉じる