第一章 GEN MATRIX– tax –

生物の大量死に伴い、《十二の頭脳》は超高層ビル『タワー』に全生物のゲノム情報と体細胞を保存するが、冷凍睡眠時に事故死し、遺伝子保存プロジェクトは中断する。
代わって人類社会のリーダーとなったのが遺伝子工学の鬼才エルメインだった。
エルメインは忠誠を誓った8000名だけをタワーの上層に招き入れ、≪隔壁≫を締め切ってしまう。同時にタワーの設計図も失われ、市民も上層に閉じ込められてしまう。
農園管理人のアドナは市民の糧を繋ぐため、水耕栽培に全力を尽くしていたが、少女が謎の感染症で変死したことから自身の運命も狂い始める。一方、最下階に暮らす天才ハスラーのスティンはガル爺さんと共にタワーの秘密を探り、打倒エルメインに執念を燃やしていた。
第一話『人類最後の聖域『TOWER』と遺伝子保存プロジェクト』はこちら。
作品の詳細とキャラクター紹介はこちらです。

12
TOP