人生に大切な三つの『 L 』とは  Lord(道) Love(愛) Life(人生)

技術の真価は、それを持つ人間の思想に支配されている
目次 🏃

人生に大切な三つの『L(エル)』Lord(道)Love(愛)Life(人生)

『L(エル)』の序文

ヘブライ語で EL(エル)と言えば、「至高者=神」表わします。

しかし、私にとって、エルは『 L

すなわち、

LORD = 主、道、指導者

LIFE = 生命、人生、生活

LOVE = 愛の象徴

です。

人生に大切な三つのL(エル)

LORD(道)とは何か

LORD には、主、神といった意味の他に、君主、貴族、所有者、司星といった意味があります。『Lord of the Ring』に喩えると分かりやすいです。 [リーダーズ英和辞典第3版]

人間は迷いやすく、かつ悪に染まりやすい生き物です。

なぜなら、この世では正義を行うより、間違いを犯す方が簡単だからです。

そんな人間が己の声だけに従い、真理に背を向けて行動すればどうなるでしょうか。

私は「個」も「社会」も、瞬く間に瓦解すると思います。

指針となる善悪の基準があればこそ、人はルールを守るし、己の欲望よりも他人の気持ちを優先して考えるんですね。

キリスト教では、その指針となるものをLORD(主)と呼んでいます。

キリスト教徒でなくても、行動の規範となる理念や、それを体現する人は不可欠です。

LORDのない人間や社会は、軌道をなくした惑星と同じ。

善と悪の区別もなくなり、光ある所には向かいません。

LORDのない世界は、いずれ足元から崩れ去るものです。

昔から、道を示すのは「父親」の役割でした。

キリスト教で「主」や「神父」が『Father』と呼ばれる所以です。

しかし、現代は、父権喪失の時代と言われるように、家庭にも社会にも父親的な役割を果たすものが欠落しています。

まるで宇宙の中心から切り離されたように、不安で、頼りなく見えます。

軌道をなくした状態で、正しく歩めるほど、人は賢くもありません。

人間は、存在するからには意味が欲しい。

生きていくには目標が必要です。

しかし、全ての人が、それを見出せるわけではありません。

中には、自分が何ものであるかも知らずに一生を終わってしまう人もあります。

そうした人々に光を照らし、道を示すのが、父なるもの = LORD の役割です。

両親しかり、年長者しかり。

もっとも大切なことは方向を与えることである」とニーチェはいいました。

生のベクトルをどこに向けるか。

LORDは、一つの答えを示すものです。

LOVE(愛)とは何か

愛は、平和や充足の根幹を成すものです。

どれほど物質的に恵まれても、愛がなければ、虚しいものです。

もし誰もが自分のことしか考えず、好き勝手に振る舞えば、世の中はたちまち乱れ、窮屈なものになるでしょう。

隣人の為に、ほんの少し、パンをお裾分けし、腰掛けるスペースを作る。

愛は大仰なものではなく、ささやかな気づかいと行動、そして、想像力です。

他人の痛みや悲しみに思い巡らせる時、そこに愛が生まれます。

人が、お互いについて、少しでも想像力を働かせ、一つでも実行するだけで、荒れ野に花が咲き、温かい風が吹きます。

LOVE(愛)は、世界を潤滑にする、魔法のようなもの。

愛なくして、人の世も続きません。

LIFE(人生)とは何か

LOVEから生まれ、LORDに導かれて、満ち足りるのがLIFEです。

LIFEとは、命でもあり、誰もが何かを成すために、この世に生まれてきます。

それは人に恋することかもしれないし、身体の不自由な人に役立つことかもしれない。

役割の大小にかかわらず、人がこの世に生まれてきた意味を全うするから、誰かも生かされ、幸せになります。

命から命、人生から人生へ。

繋ぐ絆がLOVEなら、方法を示すのがLORDです。

LORD、LOVE、LIFEは、三位一体となって、幸せな世界の根幹を成します。

人間が生きていく上で一番大切なこと、それは自分が望まれてこの世に生きていると確信することです。(マザー・テレサの言葉)

初稿:1999年1月13日

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる