カタツムリの引っ越し ~若者の自由と自立について

寺山修司の世界
わたしは少年の頃カタツムリを半分好きでした。
半分というのは、カタツムリが自分の肉体の一部分を「家」としているという気安さと、「家」そのものが制度ではなくて、きわめて具体的な殻である、という点です。
そして、あとの半分(つまり好きになれない部分)というのは、カタツムリが自分の力で「家」を変えることができない、という点と、一つの「家」には常に自分自身しか入ることができない、という点にありました。

《家出のすすめ》 角川文庫

若者が自立ではなく「自由」を求めて家を出たら、いつか心を挫かれるだろう。
若者の求める自由とは、「好きなだけゲームができる」とか「門限を気にせず遊べる」とか「いつでも気兼ねなく行きたい場所に行ける」とか、自由というよりは制限なしの世界だからだ。

親から離れて自由になり、うるさい人間が傍から消えても、ゲームをするにはお金がいるし、友 だちと遊ぶにもお金がいる。行きたい場所に行くには、やっぱりお金がいるし、有り余るほどの時間があっても、お金がなければ何も出来ない。そこでお金を稼ごうとすれば、朝から晩まで働かねばならず、就職すれば、好きな時に出掛けて、好きな時に眠るという訳にもいかない。
結局、殻から殻に引っ越すだけで、自由など夢のまた夢だ。
むしろ親元で不平を感じながらも、自分のバイト代をゲームや洋服代にあてられた頃の方が気楽だったと思うかもしれない。
いつの時代も家賃と光熱費は自由より重いのだ。

その点、自由ではなく「自立」を求めたなら、殻の維持費も負担とは思わなくなる。何故なら、それは親に背負わされた殻ではなく、自分で選んだ殻だからだ。生まれながらに背負う殻は重いが、自分で選んだ殻は狭くても心地よい。自分で選んだのだから、何とかやっていこうという気持ちにもなる。
好きな時に寝て、好きな時に食べる自由からは程遠いかもしれないが、合わない殻に縛られるよりは、はるかに自分の肉にしっくりくるのではないだろうか。

家は宿命だが、絶対ではない。
いざとなれば自分の肉から切り離し、新しい殻に移ることもできる。
それこそが自由であり、自由への憧れは、制限からの解放ではなく、選択にこそ使われるべきだろう。
そして、いつか自力で立派な殻を作り上げたなら、親の作った殻の良さも分かるかもしれない。
あれは自分の肉には合わなかったが、親にとっては、あれが人生だったのだと。

良き家出とは、カタツムリの引っ越しと同じ。
殻を壊すのではなく、殻から殻に移る旅だ。
誰にとっても殻は重いが、殻があるからこそ、肉もまた生きていけるのである。

カタツムリにとって「家」とは宿命のようなものです。これは自分の家を宿命的な存在だとおもっている農村青年たちとはだいぶちがいます。農村の青年は、すべてを犠牲にして家出しようとすれば、みごとな転身もまた可能なのですが、カタツムリは殻をでたとたんにカタツムリとしての魅力を失ってしまうのであって……、「家」はぬきさしならぬものとして、カタツムリの肉の上に存在するのです。
だが、家というのは「在る」ものではなくて「成る」ものです。マルク・フラスコの『週の第八の日』の恋人たちのように、自分たちの共通の理念を、かたちとして創造してゆくものであって、他からあたえられるものではけっしてなかったはずです。

《家出のすすめ》 角川文庫

目次
閉じる