アニメ『ファンタジア 2000』『すずの兵隊さん』とショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第2番

アニメ『ファンタジア 2000』『すずの兵隊さん』とショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第2番
記事について

クラシックの名曲にのせてディズニーのキャラクターが寸劇を演じるアニメ『ファンタジア』の中でも、ひときわ美しい『すずの兵隊』のエピソード。片足の兵隊は踊り子に恋をするが、邪悪なピエロに邪魔されて、窓の外に吹き飛ばされてしまう。アンデルセンの原作とは異なり、ディズニーらしいハッピーエンドが心に残る名作を動画で紹介。

目次 🏃

映画『ファンタジア』について

ディズニーのアニメ映画『ファンタジア』は、クラシック音楽とアニメーションを融合した、極めて芸術性の高い作品だ。

クラシックの名演に乗せて、ミッキー・マウスや愛らしい動物たちが繰り広げる幻想的なストーリーは、まさに「ファンタジア」と呼ぶにふさわしい美しさである。

『ファンタジア』には二種類あり、1940年に製作された『ファンタジア』と、1999年に製作された『ファンタジア 2000』だ。

とりわけ完成度が高いのが、『ファンタジア2000』に収録されたショスタコーヴィチ作曲『ピアノ協奏曲第2番~アレグロ』『しっかり者のスズの兵隊』(アンデルセン原作)のエピソードである。

ここでは、作品の概要と、『すずの兵隊さん』をメインに紹介する。

ファンタジア(1940年)

ファンタジア -Fantasia

監督 : ベン・シャープスティーン

楽曲 :
「トッカータとフーガ ニ短調」(9:22) - J.S.バッハ
組曲「くるみ割り人形」 - チャイコフスキー
「魔法使いの弟子」 - デュカス
「春の祭典」- ストラヴィンスキー
「田園交響曲」 - ベートーヴェン
「時の踊り」 - ポンキエッリ
「はげ山の一夜」 - ムソルグスキー
「アヴェ・マリア」 - シューベルト

ファンタジア スペシャル・エディション [DVD]
ファンタジア スペシャル・エディション [DVD]

ファンタジア 2000(1999年)

ファンタジア 2000  -Fantasia 2000

製作総指揮 : ロイ・エドワード・ディズニー

楽曲 :
交響曲第5番(ベートーヴェン)
交響詩「ローマの松」(レスピーギ)
ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュイン)
ピアノ協奏曲第2番~アレグロ(ショスタコーヴィチ)
動物の謝肉祭より「終曲」(サン=サーンス)
魔法使いの弟子(デュカス)
威風堂々第4番・第2番・第3番・第1番(エルガー)
火の鳥(ストラヴィンスキー)

ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]
ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]

ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第二番と『すずの兵隊さん』

ファンタジアシリーズの中でも、特に完成度の高いのが、アンデルセン原作の『しっかり者のスズの兵隊』(『すずの兵隊さん』『鉛の兵隊』)

ある男の子が誕生日のプレゼントに25人のスズの兵隊をプレゼントされるが、最後の一体だけ、一本足だった。
一本足の兵隊は、紙で作られた美しい踊り子に恋をするが、ある朝、窓から落っこちて、溝に流されてしまう。
様々な冒険を経て、一本足の兵隊は、男の子の部屋に戻ってくるが、男の子は「一本あしの兵隊なんか、いらない」と暖炉の中に兵隊を放り込んでしまう。
それと同時に、風が吹いて、美しい踊り子も暖炉の中に落ちる。
二人は焼けて、身体はなくなるが、暖炉の中にはハート型のすずの塊だけが残っていた……。

ファンタジアでは、ディズニーらしく、ハッピーエンドの物語となっている。
全てが音楽に合わせて、リズミカルに描き、真のクリエイティブとはこういうものだと感嘆させられる。
演奏も美しいので、機会があれば、ぜひ視聴して頂きたい。

ショスタコーヴィチ自身による演奏(全曲)

下記の動画には、ショスタコーヴィチ自身によるピアノ協奏曲第2番の全曲が収録されています。
現代の演奏に比べたら、テンポも速く、鋭い印象があります。

日本軍に敗戦を予感させたファンタジア

これはあくまでTV番組で語られていたことなので、真偽も確かめようがないですが、こんな逸話があります。

第二次大戦中、日本軍が、慰安に向かう米軍機を撃墜したところ、機内から二本の映画フィルムが見つかった。
一本は、『風と共に去りぬ』。
もう一本は、『ファンタジア(1940年)』。
中身を確かめるために、内密に上映した軍の幹部は、「日本人が食うや食わずで戦っている時に、アメリカはこんな凄い映画を作っている。この戦争は負けだ」と痛感したと。

噂話にしても、1940年代には、これほど上質なアニメーションが作られていたのは本当ですし(有名な『白雪姫』は1937年の作品)、日本でカラーTVが普及したのが、1970年代と考えれば、映像文化に差があるのは明白でしょう。

一方、戦後にこうした上質なディズニーアニメを見て、手塚治虫や石森章太郎といった漫画家が生まれ、21世紀には、日本のアニメが世界を席巻するようになった経緯を思うと、感慨深いです。

ショスタコーヴィチの名曲

ショスタコーヴィチの音楽は、どこか、おどろおどろしいので、私自身はあまり好きではありません(^_^;
名曲をあげるなら、つぎの二つかと思います。

二人でお茶を(Tea for Two)

ショスタコーヴィチは、ジャズも手がけており、日本でも『二人でお茶を(Tea for Two)』が有名です。

CMなどでも使われているので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ディズニーのテーマ曲みたいに愛らしい小曲です。

交響曲第5番 

ショスタコーヴィチの楽曲の中でも、特に有名なのが、交響曲第5番のフィナーレでしょう。
冒頭の、ティンパニと木管楽器のトリルは、まるで軍隊の進撃を思わせ、しばしば『革命』の副題で語られることもあります。

演奏者によって、テンポも、曲調も様々なので、聞き比べが面白い曲でもあります。

こちらは、ムラヴィンスキー指揮、レニングラード交響楽団の伝統的な名演です。

2010年3月3日

こちらもおすすめ

アニメ『ファンタジア 2000』『すずの兵隊さん』とショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第2番

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。
目次 🏃
閉じる