情けは人の為ならず ~自己責任論の矛先

note 人

自己責任論の矛先は、いずれ自分自身に向かう。

自分も同じ境遇に陥った時、周りに「助けて」と言えないからだ。

言えば、自分も同じように「自己責任」とあしらわれているのが目に見えている。

誰にも言えず、他人を信じることすらできず、自己責任の罠にはまって落ちていく。

昔から『情けは人の為ならず』というが、自身の暗黒もいつ訪れるかしれない。

人を信じられるか否かは、突き詰めれば、自身の内側にどれほどの善性を備えているかのバロメーターでもある。

https://novel.onl/monster

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる