彩雲 ~人間の眼は、意識したものしか見えない

虹 雲 海

皆さんは『彩雲』をご存じですか。

太陽の光の加減で、雲の縁、あるいは全体が、まるで虹が架かったように七色に輝いて見える現象です。

雨上がりや、陽が大きく傾く早朝や黄昏にしばしば見られ、古代中国では幸運の始まりを告げる吉兆とされてきました。

それは光と雲が織りなす自然の芸術であり、大いなる存在を感じさせる奇跡のような一瞬です。

力強く放射する太陽の光を受けて、虹のように輝く七色の雲を見たら、悲しみに塞ぐあなたの心も、きっと日が差したようになるでしょう。

ところで、私が『彩雲』を知ったのは、二年前の話です。

それ以前は、光の加減で雲が七色に輝くという事さえ意識せずにきました。

友人から話を聞いて、本当にそんなものが存在するのかと、興味深く空を見上げるようになってから、雲の美しさに気づいた次第です。

しかし、考えてみれば、『彩雲』は私が子供の頃から、ずっと頭上にあったはずなんですね。

ただ、私が知らなかっただけで、あの日も、あの時も、彩雲は輝いていたのです。

最近になって、あちらこちらに七色の雲を目にするようになったのは、「見たい」と思って空を探すからでしょう。

逆に、ぼんやりした目には、たとえそこに在ったとしても、何も映らないのかもしれません。

人にとって必要なものも、かくの如しです。

愛も、生き甲斐も、本当はすぐ近くにあるのかもしれません。

ただ、あなたが見ようとしないだけで、本気で探せば、いつでも手に入るのではないでしょうか。

人間の目は、見ようと意識したものしか見えません。

自分は何が見たいのか、 まずそこから始めてみましょう。

Notes of Life

ラテン語の名句
『運の女神は勇敢な者たちを助ける』『運命が道を見出す』『苦難を経て栄光へ』『偉大な愛は運命の岸をも越える』など、作中に登場するラテン語の名句を紹介しています。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる