自分の力を信じよう ~才能とは自分の為に使うもの / 他人を支配する手段にしない

自分の力を信じよう! 自信が持てなくなっている人へ
  • URLをコピーしました!
目次 🏃

自信が持てなくなっている人へ

このページを開いたあなたは、大いに喜んでください。そしてワクワクと胸を高鳴らせてください。あなたには無限の力があるのです。

いま、あなたの元に発電所から強力なエネルギーが送られているところを想像してください。そのエネルギーさえあれば、あなたはどんな目標でも達成することができます。

あなたには、愛する人と真実の愛を育む無限の可能性があります。あなたには類まれな力があるのです。あなたは、すばらしい能力の持ち主なのです。

だからといって、あなたの夫や恋人が弱い存在であるというわけではありません。ただ、自分で思っているよりもずっと大きな力を、いまのあなたは持っているのです。

あなたが持っている力は、あくまでも自分自身に対しての力であって、他人に対して行使するものではありません。ですから、その力を大切に使ってください。せっかくの能力を放棄し、夫や恋人に頼りきってしまうようではいけません。相手にすべてを委ねてしまったら、あなたの可能性はあっという間にしぼんでしまいます。

とはいえ、自分にすぐれた能力があるからといって、相手の上に立ち、コントロールしようとしてはいけません。相手にうるさく干渉したり、あれこれ指図するのもいけません。あなたの力はあくまでも能力であって、権力ではないのです。自分の望みを明確にし、それを実現させるためのものなのです。

また、その反対に、相手のことばかり気にかけて、その大切な能力を浪費するのもよくありません。あなたの能力は自分のために、自分の夢を実現させるために使ってこそ、意味があるのです。もし、相手があなたに理不尽な要求をしてきたら、はっきり「ノー」と言いましょう。「ノー」と言いたいときには、遠慮しないで「ノー」と言い、これからは自分の人生は自分の力で変えていくのです。

たとえば、日常生活にちょっとした変化を起こすことから始めてみましょう。

健康面で何か習慣を変えたり、ダイエットに挑戦したりするのもいいでしょう。お金の使い道を見直し、旅行や趣味、将来のために貯蓄を始めるのもいいですね。部屋の模様替えをしたり、いつもと違う雰囲気のファッションを試してみるのもいいでしょう。

要は、自分の力で何かを変えることができる、自分の力で人生を変えられることが確認できればいいのです。

これからの人生に何か変化を起こしたいと考えている人は、有名人や歴史上の人物の評伝や伝記を読むのもいいでしょう。今後の人生をどう生きるかと考えるにあたって、きっと何らかのインスピレーションが得られるはずです。

いま現在、恋人を募集中のあなたには、これからすばらしい出会いが訪れます。その出会いのチャンスを、あなたは他人に頼らず、自力で掴みとることができるのです。

理想の男性との出会いは、すぐそこであなたを待っています。

信じましょう。あなたには、大きな力が秘められています。

胸を張り、自信を持って歩んでいきましょう!

出典 : 自分の力を信じよう! ~自信が持てなくなっている人へ 『恋に揺れるあなたへ 56の処方箋』より

才能とは自分の為に使うもの / 他人を支配する手段にしない

多くの人が優れた才能を求めますが、才能とは自分の為に使うもの。

周りにひけらかして、自分優位に導こうとしたり、相手を威圧して、支配するために振るうものではありません。

ただ単に肩書きが欲しいから、他人にちやほやされたいから、という理由で、才能を追い求めても、自分よりもっと優れた人に打ち負かされて、みじめな気持ちになると思います。

真に才能のある人は、自分の才能がどの程度か、他人に尋ね歩いたりしませんし、自分より優れた人がいても、何とも思いません。

なぜなら、絵を描く力も、美しく歌う才能も、自分が幸福に生きるために天から与えられたものだと感謝しているからです。

自分に何も無くて、「周りに認めさせたい」という欲求が強い人ほど、才能を追い求め、他人にちょっと賞讃されただけで優越感にひたるものです。

しかし、常に他人との関係性においてしか、自分の才能を測れない人に、真の幸福はありません。

何故なら、才能の良し悪しの基準は「他人」だからです。

その点、才能に感謝し、自分が幸福になる為に使っている人は、「自分」こそが真の障害であり、ライバルです。

歌手・美空ひばりの名言「昨日の己に、今日は勝つ」という言葉の通り、真に打ち負かすべきは、昨日までの未熟な自分で、昨日よりは今日、今日よりは明日、自分の弱さを一つ克服し、自分の理想とするものに近づけたら、それで満足なんですね。

才能に限らず、気力、体力、時間、経済力も同じです。

世の中には、何もかも絶好調で、気力・体力ともに有り余っている人がいますが、恵まれた資質も、仕事を手伝ったり、友人を大事にしたり、周りに還元すればこそ、幸福に繋がるもの。

絶好調の自分をひけらかし、威張り散らせば、たちまち恨みを買って、しまいには落ちぶれていくでしょう。

自分に与えられた全ての長所は、天の恵みと受け取り、周りに還元することを考えましょう。

そうすれば、回り回って、いっそう心も技も磨かれていくのではないでしょうか。

Power パワーは人生の原動力

この章の原題は、Powerです。

powerには、「権力」「支配力」「能力」「強国」「活力」といった意味があります。 [ジーニアス英和辞典第5版]

強さとは「受け入れる力」のこと』にも書いていますが、心の強さを表す言葉には、「power」と「strength」の二種類があり、一般に、「あの人は強いね」という場合、powerを連想する人が圧倒多数ではないでしょうか。

しかし、powerは、「電力」「火力」「馬力」のように、『(物事を動かす)動力的な強さ』を表すため、多くの人が思い描くような「心の強さ」とはちょっと異なります。

ラブ・ウィズダムでも、「あなたが持っている力は、あくまでも自分自身に対しての力であって、他人に対して行使するものではありません」と言及されているように、心の活力としてのpowerは、時に周りを威圧し、人間を尊大にします。軍事大国が周辺の小国を脅かすように、人間もpowerの使い道を誤ると、自分も、周りも、不幸にしかねません。

そうではなく、多くの人が望んでいるのは、「打たれ強さ」みたいな、精神の美徳ではないでしょうか。

心の活力や運の勢いと、「強い心」をごっちゃにしてはいけません。

参考記事にもあるように、強い心は、びっくりするほど穏やかで、傍目にはクッションみたいに柔らかく映ることもあります。

そこを使い分ければ、活力としてのpowerは、あなたを英雄的行動に駆り立て、自身や周囲をより良い方向に導く原動力となるはずです。

記事を読んでみる
美空ひばりの名曲『人生一路』『川の流れのように』『悲しい酒』 より ~幸せの数え方 昭和の歌謡界の女王・美空ひばりの名曲『人生一路』『川の流れのように』『悲しい酒』の歌詞を動画で紹介。人生と幸せに関するコラム。『人生一路』 これが自分の生きる道...
誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 🏃