真珠と努力とライフワーク ~異物を抱き続ける苦しさに耐えて作品を生み出す

真珠 貝 砂浜
記事について

小説の執筆中に書いたエッセイです。NHK番組出演の御礼として頂いたミキモト真珠に関する思い出話。
真珠は異物を抱き続けることで作られる。痛みや苦しみを抱くことに耐えられる人だけが作品を完成させることが出来るのだろう。
自分が結晶させた真珠は、この世のどんな宝石にも勝る。真珠をテーマにした詩想を掲載しています。

目次 🏃

真珠と努力とライフワーク

思いがけず真珠をプレゼントされた。
ミルクのように白い、英虞湾の真珠だ。

インドの伝説によると、
白い真珠は、名声を、
空色の真珠は、幸運を、
黄色い真珠は、福の神を呼び、
クリーム色は、持ち主を理知的にするのだそう。

私がもらったのは、目玉みたいな真珠だった。
夜の海にぽちゃんと落とせば、
アンコウのチョウチンになりそうな……。

真珠は、『月のひとかけら』。
月の女神ディアナの分身で、海にそそいだ光の結晶でもある。

太陽が海の恋人なら、月は海の守り神。
星が旅人を導くように、月は航路を照らして守る。
もし、夜に月がなければ、皆、たちまち暗がりに迷うだろう。
あれは昼の中で用をなさないが、夜には無いと困るのだ。

そんな光のしずくが、夜の底で、輝く白い珠になった。
真珠の言葉は、『純粋無垢』『健康』

古代インドの逸話によれば、海が神に真珠を捧げ、
それが神の胸に宿って、神の心になったという。

宝石というよりは、魂の結晶。
真珠の核にあるのは、棘だか、砂だかの、小さな異物。
痛い、苦しいと泣きながら、じっと抱えているうちに、
綺麗な丸い珠になりました……。

*

預言者エドガー・ケイシーの言葉。

【真珠は、その美しさを生んだ母体が、苦しみを克服したことを
その構造の中に、その美しさの中に、伝えている 】

参考文献
夢見るジュエリ(岩田裕子 東京書籍)

一点の目標に向かって、錐のように突き進む

「どんな人間でも、生涯に何か一つは閃く。
だが、その閃きを持ち続ける人間はいない。
肝心なのは、“閃くこと”ではなく、閃きを“追究すること”だ」

――と宣うたのは、うちの父親。

何かいろいろ閃いては、その都度、「ワシ、天才やろか?!」と一人で舞い上がってたらしい。

「でも、ワシが何も成せんかったのは、いつもその閃きがその場限りで終わってたからや。
何か成す奴は、その閃きを何年も何十年も持ち続けて、ひたすら追求しよるんや。
人生をより良く生きるコツは、一点の目標に向かって、錐のように突き進んでいく事かもしれんな」

と。

異物を抱き続ける苦しさに耐えて作品を生み出す

愛でも、夢でも、閃きでも、
何ものにも顧みられず、胸に抱き続けることは苦しいものだ。
ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、
ひたすら自分の中で磨き続けるのは。

人は誰でも、ダイヤの原石と分かれば大事にする。
全力を尽くして、必死に磨く。
が、得体の知れないものには冷たい。
磨く努力もしない。

そうして次々に、貝の中から核が吐き出されていく。
「始まり」という名の、小さな異物が。

本当は、何も持たずに生きていくのが一番楽なのかもしれない。
なまじ「始まり」という小さな異物を抱えてしまったために、
七転八倒するハメになる。

努力が美徳などと、誰が言い出したのだろう。
楽に至る美徳は、「何もしないこと」なのに。

ただ一つ思うのは、
核が無ければ、真珠も作り得ないということだ。

異物を抱き続ける苦しさに負けて、吐き出してしまえば、何をも生み出せない。

究極、作品を完成させるのは、運や才能ではなく、
「始まり」という名の小さな異物を抱き続ける苦しさに、
どこまで耐えられるかだと思う。

真珠もピンからキリまであるが、
自分が結晶させた真珠は、この世のどんな宝石にも勝る。

初稿 1999年7月22日 原題『Pearl ~汗と涙の結晶~』

この世には、闇に落ちてはじめて分かる美しさがある

太陽が海の恋人なら、月は海の守り神。
夜の海を照らすのは、闇夜に輝く月だから。

星が旅人を導くように、月はその航路を照らして守る。
もし夜に月が無かったら、たちまち暗がりに迷うだろう。
あれは昼の中では用をなさないが、夜には無いと困るのだ。

そんな光のしずくが、夜の底で、輝く白い珠になった。
真珠の言葉は、『純粋無垢、健康』。

宝石というよりは、魂の結晶。 
胸の底に落ちた涙が固まって出来たような。

磨き抜かれた人の心は、真珠のように美しい。
それは昼の日中には目立たないけれど、夜に迷えば、明るく映えて見えるのだ。

この世には、闇に落ちてはじめて分かる美しさがある。 

真珠は、そんな人の心によく似ている。

初稿 1999年秋

追記

ちなみに、この時もらったミキモトパールは、NHK教育のドキュメンタリー番組『メールマガジン ~増殖する心の小宇宙』に発行者として出演した時の御礼です。
まさか本物の真珠をもらえるとは思わなかったので嬉しかった。

胸に抱き続けた「棘」とは、小説『曙光 MORGENROOD』のこと。

着想から脱稿まで、足かけ20年のロングランです。

Notes of Life

人生は『時間』によって作られます。 年を取るほど、1分の価値は貴重です。 若い時に為すべき事は、自分の持ち時間を何に使うか考えることです。 消費、浪費、空費、徒費。 過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。 一日、悪口で過ごすのも 一日、園芸を楽しむのも 同じ人生です。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる