人間と猿の違いは『No』と言えること:『猿の惑星・創世記』

この記事について
人間を超える知能を持つに至った猿のシーザーは危険動物とみなされ、動物施設に収容される。飼育館から虐待されたシーザーは『No』と叫び、仲間を引き連れて脱走する。Noは尊い意思表示であり、人間関係を円滑にする魔法の言葉でもある。自尊心をテーマにした心のコラムと、猿山とイノシシとママとも集団の生態を説く、おまけのコラムを併せて。
目次

『猿の惑星・新三部作』について

21世紀版『猿の惑星・新三部作』は、1968年にチャールトン・ヘストン主演で制作されたSF名作『猿の惑星』をベースにリブートされた。

構成は次の通り。

2011年『猿の惑星・創世記』(猿人のリーダーとなるシーザーが誕生するまで)
2014年『猿の惑星・新世紀』(勢力を拡げる猿人と地上を追われる人類の生き残りの葛藤)
2017年『猿の惑星・聖戦記』(人類との最終決戦を経て、地球が猿人に支配されるまで)

21世紀の新シリーズは、「なぜ地球は猿人(Ape)に支配されるに至ったのか」「そもそも人間を超える知能をもつ猿人はどのように誕生したのか」「人類と猿人の間で何が起きたのか」等々、チャールトン・ヘストン版では明確に描かれなかった「ビギニング」にフォーカスして、地球が猿人に支配されるまでの経緯をダイナミックに描いている。

この記事は、シリーズ第一作にあたる『猿の惑星・創世記』から、人間とサルの違いについて考察している。(心のコラム)

猿の惑星 プリクエル ブルーレイコレクション (3枚組) [Blu-ray]
猿の惑星 プリクエル ブルーレイコレクション (3枚組) [Blu-ray]
なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか―― その真相に迫る「猿の惑星」シリーズ序章三部作をお買い得価格のブルーレイでコンプリート。
<収録作品>
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

『猿の惑星・創世記(字幕版)』 Amazonプライムビデオで視聴する

チャールトン・ヘストン版『猿の惑星』で描かれなかった最大の謎は、なぜ猿人(Apes)が高度な知能を持つに至ったかだろう。
自然な進化か、それとも核爆発などによる遺伝子の突然変異か。
恐らく、チャールトン・ヘストン版の有名なエンディングを目にした観客は、「世界戦争と核兵器の使用」を想像したはず。
21世紀の新三部作では、こうした観客の予想に対して、「なるほど」と納得のいく答えを用意している。
『遺伝子工学による突然変異』は、ハリウッドではありふれた手法で、いささか新鮮味に欠けるが、家族的な飼育を通して、「ちょっとばかり頭のいい」子猿のシーザーが、人間よりも知徳に優れた猿人(Ape)に成長する過程は非常に説得力がある。

そして、その分かれ目となるのが、シーザーの心からの叫び、『NO』である――というのが、本記事の主旨である。

この記事は最後までネタバレを含みます。未見の方はご注意下さい。

【映画コラム】 人間とサルの違いは『No』と言えること

なぜ猿のシーザーは「No」と言ったのか

アルツハイマー新薬の実験台だった母サルから生まれ、卓越した知能をもつに至ったシーザーは、心優しい科学者ウィル・ロッドマンの家に引き取られ、家族同然に育てられる。

ところが、アルツハイマー病に苦しむウィルの父親を、隣人の暴力から守ろうとしたことが、逆に「危険な動物」とみなされ、霊長類保護施設に隔離されてしまう。

狭い檻に閉じ込められ、粗末な餌を与えられ、飼育係に虐げられるシーザーは、ついに決起し、猿の仲間を統率して、人類との戦いに挑む。

その際、シーザーを痛めつけ、檻に戻そうとする意地悪な飼育員にシーザーが放つ言葉が、『No』。

日本語吹き替えでは「やめろ!」になっているが、オリジナルでは全身全霊をこめて「No」と叫ぶ。

「No」が猿人シーザーの『最初の言葉』なのだ。

*

これは幼子の意思表示によく似ている。

親なら誰もが体験する「魔の二歳児=イヤイヤ期」だ。

「シンちゃん、ごはん食べる?」

「イヤ」

「シンちゃん、お着替えする?」

「イヤ」

何を言っても、「イヤ(No)」としか返事をしないので、「うちの子は頭がおかしくなってしまったのではないか」「自分の育て方が間違っていたのだろうか」と悩む親も少なくないのではないだろうか。

しかし、子供にとっては、「イヤ」という言葉こそ自我の発露なのだ。

何の知識ももたない赤ん坊が順調に育ち、「あれが欲しい」「これがしたい」という自我を持つに至った時、親の提案に対して「イヤ(No)」と答えるのは当然至極で、異常でも何でもない。

むしろ、何の抵抗もなく、いいなりになる方が問題で、子供が「イヤ」というのは、お猿から人間に成長した、立派な証しなのだ。

そういう意味でも、シーザーが最初に発する言葉を『No』にしたのは非常に説得力がある。

Noと叫んだ瞬間、シーザーはペットから猿人へ進化したのだから。

人間関係を円滑にする「No」

もちろん、「No」と言われて嬉しい人はない。

家庭でも、会社でも、どこの国でも、「No」という言葉は様々な問題を伴うものだ。

頭では仕方ないと思っても、感情では許せなかったり。

それまで完璧に計画したことが、最後の最後に覆ったり。

Noという言葉は、それほどに強烈で、動かしがたい言葉なのだ。

一方、Noという言葉が、自尊心の涵養(かんよう)に一役買っているのも本当で、もし、人間関係や社会関係からNoを取り去れば、個人はコミュニティや特定の人物に属する奴隷になってしまう。

Noは個々の意思を明確にする重要な言葉であり、Noの存在しないコミュニティは、舵取りをなくして、危険な方向に走っていくだろう。

個人が個人である為に、またコミュニティが真に公平な社会として機能するためにも、Noは重要な言葉であり、互いのNoを尊重することで、個人も社会も良い方に発展する。

私がNoを言うように、あなたもNoと言っていい。

あなたがNoを言うように、私もNoと言っていい。

『No』は意思であって、全人格ではない

Noを言うのも、言われるのも苦手な人は、『No』を全人格と結びつけるからではないだろうか。

Noは意思の一つであって、その人の全存在を裏付けるものではない。

SF映画も、好きな人もいれば、苦手な人もあり、SF映画が苦手(No, I don.t like SF.)だからといって、その人の全てが悪いというわけではないだろう。

今週の土曜日が都合が悪いからといって、永遠にあなたと付き合えない、というわけではないように。

恐らく、他人のNoが許せない人は、自分も「言ってはいけないこと」と捉えているのではないか。

人生のどこかで自分のNoを否定された人は、そうした思い込みを引きずりやすい。

その人の頭の中では、

私がNoを我慢するように、あなたも我慢すべきである。

あなたがNoを我慢するなら、私もNoを我慢する。

となっているのだろう。

だから、堂々とNoを口にする人は失礼と思うし、自分も深く傷ついてしまうのである。

*

他人のNoを許すには、まず自分のNoを許すことだ。

会合に行きたくなければ、「No」と言っていいし、誰にでも断る自由がある。

Noを我慢することは、自分自身を否定することだ。

自分のNoを尊重すれば、他人の「行きたくない気持ち」も尊重できる。

それも一つの意思と、相手の人格とは切り分けて考えることができるからだ。

*

意思は意思。

好みは好み。

人格は人格。

意思も、好みも、価値観も、その人の一部であって、人格とはまったく別のものなのだ。

Noは自立した人間の証

『No』はまた、自立した人間の証しでもある。

なぜなら、Noを口にするには、その結果を引き受ける覚悟と責任が伴うからだ。

猿人のシーザーは、『No』と叫んで、自分の意思を表明する。

人間に飼われて、檻の中でおとなしく言うことを聞いておれば、とりあえず安全で、食いっぱぐれることもないが、シーザーはそうしなかった。

たとえ人間に憎まれ、安全な住処をなくしても、一人の猿人として自立する為に心の底から『No』と叫ぶ。

このセリフは、ただ単に「言葉を習得した」というだけでなく、シーザーの自我の目覚めを表現した、非常に重要な場面なのだ。

人間とサルの違いは、『No』と言えるか、どうか。

Noと言うべき時に言わなければ、それは奴隷と同じだし、いつまでも自尊心を踏みにじられるからだ。

そして、自分のNoを尊重するように、他人のNoも尊重する。

ある意味、『No』という言葉は、人間の尊厳に他ならない。

Noという言葉を大事にすれば、かえって人は救われ、社会も円滑に運ぶのではなかろうか。

あわせて読みたい
リーダーシップとは何ぞや『猿の惑星・新世紀』 なぜ猿社会のリーダーであるシーザーは長年の友コバの手を離したのか。万人に平等の考えは必ずしも皆を幸福にするとは限らない。政治とは取捨選択のプロセスであるという観点から政治とリーダーシップの在り方を読み解く。
あわせて読みたい
ティム・バートンの『猿の惑星』& おひとり様の映画列伝 劇場のチケット売り場で口頭で伝えなければならなかった『猿の惑星、一枚』とおひとり様の趣味の楽しみ方。2001年公開のティム・バートン監督の作品、および「バットマン」「クリスマス・ビフォア・ナイトメア」の話題を併せて。

【コラム】 なぜ猿山にはイノシシが居るのか ~サル社会とママ友軍団

昔、生物学科の知人が語って聞かせてくれました。

「なぜ猿山にはイノシシが居るのか」

猿の社会も、幼稚園ママ集団と同じく、階層社会です。

弱いサルは苛められ、強いサルに追い回される。

とりわけ、動物園の猿山のように、閉鎖された空間に置かれると、逃げ場を失い、ストレスから死んでしまうこともあるそうです。

ところが、猿山にイノシシが居ると、弱いサルはイノシシの背中に乗って遊んで、ストレスを発散することができます。

またイノシシも、「サルに遊んでもらっている」と感じるので、ストレスにはならないそうです。

猿山のイノシシは、弱いサルのストレス発散の受け皿になることで、階層社会の最下層にいる者たちの救いになっているわけですね。

ママ友集団で、サルに毛の生えたようなボスママや、サルが白粉を塗りたくったようなママ集団に苛められたら、こう考えましょう。

「私はイノシシ。あんたはサル。あんた達のストレスの遊び相手になってやってるんだ」と。

根本的に、生物種が異なるのです。

彼らはあなたを理解しないし、あなたも理解する必要はありません。

サルはサル同士、永久に苛め合い、競い合って、低レベルな争いを繰り返しておればいいのです。

ついでに、タワーマンションで、上だの、下だの、自慢話に疲れたら、心の中でこう唱えるといいですよ。

『バカと煙は高い所が好き』

元気出してね。

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる