痛みを受け入れた時 人は初めて成長する

一生の恩人を持てた人は幸せ 一生の恩人になれた人はもっと幸せ
記事について

自分に都合の悪い現実から目を背け、理屈で自分に言い聞かせて、辛いことや悲しいことを忘れようとしても、人は決して成長しません。自分の身に起きたことを正面から受け止めて初めて、人は本物の強さや賢さを手に入れるものです。

痛みを受け入れた時、人は初めて成長します。

心が成長すれば、新しい幸せへの手掛かりが生まれます。

「この痛みがあったから、今の私がある」

心からそう思えた時、あらゆる痛みが報われるはず。

すべては成就へのプロセスに過ぎません。

二歩も三歩も戻ったように見えて、その実、着実にゴールへと近づいています。

予期せぬことがあると、人はすぐ悲観しますが、すべては成就へのプロセスと思えば、痛みも尊い経験です。

あなたが悪いから、辛いことが起きるのではありません。

認めたくないことも正面から受け止めるから、辛く感じるのです。

都合の悪い現実から目をそらしたり、笑い話にしたり、自分を誤魔化しても、道は決して開けません。

そこにある間違いを正すことができないからです。

逆に目に見えて順調な時ほど、人は過ちをおかすものです。

穴だらけの道でも真っ直ぐに突き進もうとするからです。

道の先で転落する前に、過ちに気づいてよかったのではないですか?

痛みは間違いを知らせるアラートです。

傷口を開いて、膿を洗い流す覚悟があれば、いつか問題も解決し、新しい道も開けるでしょう。

どんな不幸な出来事も、間違いを正すチャンスと思えば、最後には丸く収まるものです。

初稿 2002年5月6日

Notes of Life

『嘘は人間を弱くする』SNSの時代、嘘はすぐにバレるし、身元を特定されるのも早いです。 元同僚。元彼氏。元従業員。 アカウントの数だけ、人の口も存在します。 どれほど表面を取り繕っても、嘘はすぐにバレます。 正直で損するより、嘘がばれた時のコストの方がはるかに高くつきます。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる