『別れ』を脅し文句にしない

sanmarie*com 恋と女性のライフスタイル
about
問題が生じる度に別れを口にし、相手に罪悪感をもたせ、自分の思う通りにコントロールしようとするのは一番間違った愛し方です。最初は脅しに成功しても、あなたの打算が分かれば、相手の気持ちも冷めて、信用も失われるでしょう。
目次

『別れ』を脅し文句にしない

問題が起きると、すぐ「別れ」を口にして、相手の愛情を試そうとする人がいます。

「別れる」と口にすれば、相手が慌てふためいて、考え直してくれると期待しているからです。

しかし、別れを脅し文句にしていると、本当に愛を失います。

誰だって、愛を試されると、裏切られたような気持ちになるからです。

一度や二度なら許してくれるかもしれませんが、三度、四度と常習化すれば、相手もあなたに失望します。

あなたが「上手くやった、しめしめ」とほくそ笑む時、相手の気持ちは完全に冷めているのです。

『別れ』を口にするなら、本当に別れる覚悟で相手と向き合いましょう。

相手に罪悪感をもたせて、自分の思う通りにコントロールするのは、一番不実なやり方です。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




あなたが「しめしめ」とほくそ笑む時、相手の気持ちは冷めている

何かあると、すぐ「別れる」と脅す人は、最初の脅しで味を占めたのかもしれません。

突然、女性に『別れ』を口にされたら、どんな男性も慌てふためき、「俺が考え直すから」みたいな展開になるからでしょう。

しかし、二度、三度と繰り返せば、そうはいきません。

どれほど優しい人でも、相手が自分をコントロールしていると感じたら、嫌な気分になるからです。

あなただって、ひどく疲れている時に、「ねえ、これを運ぶのを手伝って。私は腰が悪いの。あー、痛い、痛い。黙って見てるなんて、あなたも薄情ね」みたいに脅されたら、すごく嫌な気分になるでしょう。

『別れ』で脅すのも同じです。

『No』と言わせない女性 ~罪悪感で人を支配しない~にも書いているように、相手に罪悪感をもたせて、自分の思うとおりに操作しようとするのは、一番やってはいけないことです。

あなたが「自分の思い通りになった」とほくそ笑む時、相手の気持ちは完全に冷めています。

あなたは自分に都合のいい人間が欲しいだけで、本気で相手を愛しているわけではないと気づくからです。

「こう言えば、こうしてくれるだろう」みたいな計算はやめて、どんな時も、自分の気持ちだけをストレートに伝えましょう。

「あなたがちっとも構ってくれないので、淋しかった」

「もしかしたら、Aさんと浮気しているのではないかと不安だった」

その方がずっと好感を持たれます。

「もう私のことなど、どうでもいいんでしょ? だったら、別れよう」

みたいな言い方は、相手を不快にするだけで、少しも心に響きません。

脅し文句は相手の喉元につきつけるナイフと同じ。

何度も繰り返せば、相手もあなたも傷ついて、最悪の結果にしかなりません。

目次
閉じる