どんな恋も9週間半で終わる 映画『ナインハーフ』 / コラム『潔さこそ、大人の女の証し』

どんな恋も9週間半で終わる 映画『ナインハーフ』 
記事について

恋人たちの9週間半を描く官能映画の傑作。公開時はエロティックなラブシーンが話題となり、ミッキー・ロークとキム・ベイジンガーも大人気となった。80年代を代表するポップスアーティストの楽曲も素晴らしく、見どころを動画とSpotifyで紹介。恋愛コラム『潔さこそ、大人の女の証し』と併せて。

目次 🏃

映画『ナインハーフ』

作品の概要

ナインハーフ(1986年) ー NINE 1/2 WEEKS (恋の結末は9週間半ほどで分かる、という喩えから)

監督 : エイドリアン・ライン
主演 : ミッキー・ローク(ジョン)、キム・ベイジンガー(エリザベス)

ナインハーフ(字幕版)
ナインハーフ(字幕版)

あらすじ

アートギャラリーに勤務するエリザベスは、ウォール街で金融ブローカーをしているジョンに出会う。
ジョンのミステリアスな魅力に惹かれたリズ(エリザベス)は、逢瀬を重ねるようになり、氷の愛撫やストリップなど、エロティックなプレイに耽溺する。
やがて、身も心もジョンに支配されるようになったリズは、自分を取り戻すために、ジョンから離れることを決心する……、

見どころ

ストーリーはともかく、目隠しや氷の愛撫、冷蔵庫の前でのヌルヌル・ベトベト、食品プレイ(?)など、SMチックな性戯が話題になった、80年代の代表作。
ミッキー・ロークも、この頃が旬の盛りであり、週刊誌のアンケート調査で「抱かれたい男ナンバーワン」に輝いたこともある。
(同時期に製作されたのが、マイケル・チミノ監督の『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』。この映画では、チャイニーズマフィアを追う熱血刑事を好演。 参考:中国の台頭と移民社会の未来を描く 映画『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』

キム・ベイジンガーも見惚れるほど美しく、よくこんなオファーを引き受けたものだと感心するほど(後に出演したことを後悔したそうだが)

性的にはかなり際どい描写もあるが、不思議と「いやらしさ」を感じないのは、ミッキー・ロークとキム・ベイジンガーが羨ましいほどの美男美女カップルで、週刊PLAYBOYというよりは、VOGUEのセクシー特集みたいな演出だからだろう。
フラッシュを使った、光と闇の陰影も美しく、女性も安心して視聴できる、官能映画である。

本作では、当時、人気絶頂だったジョン・テイラー(デュラン・デュラン)をはじめ、ブライアン・フェリー、ジョー・コッカー80年代を代表するポップアーティストが曲を提供している点だ。

残念ながら、著作権の都合と思うが、これらの曲をひとまとめにしたサウンドトラック盤は存在せず、未だに、有志が作中に使われた楽曲をコレクションしているほど。

YouTubeのサウンドトラック・チャンネルはこちら

Spotifyのプレイリスト(有志)

ファンメイドのトリビュートも参考になるかも。
一部、性的な描写が含まれますので、未成年の方はご注意下さい。

恋と性の9週間半

『ナインハーフ』は、恋人たちの「9と1/2週間」を描いた恋愛映画の異色作だ。
1986年の公開当時には一大センセーションとなり、週刊誌でもTVでも、特集が組まれるほどの騒ぎだった。
とりわけミッキー・ロークのセクシーな魅力に、世界中の女性ファンが心を鷲づかみにされ、後にお醤油顔のブラッド・ピットやレオナルド・ディカプリオが台頭する以前は、ぶっちぎりで人気ナンバーワンを誇っていた。

物語は、いたってシンプル。

画廊に勤める生真面目な主人公のリズ(エリザベス)と、金融ブローカーを名乗る謎の男ジョンが一目で恋に落ち、ジョンの官能的な手管によって、リズも性愛に目覚めていく。
しかし、ジョンは女性に優しい一方、詮索を嫌い、リズのことも所有物のように扱うようになる。
その愛の形に疑問を抱いたリズが、最後にはジョンの元を去っていく――という切ないストーリーだ。

私が初めてこの映画を見たのは10代後半だが、さほど「いやらしさ」は感じず、むしろキム・ベイジンガーの官能的な美しさが胸に深く刻まれたものだ。
(いやらしいというなら、邦画の伊丹十三のエロの方がもっといやらしい)

同時に、リズに犬の真似をさせたり、暴力を振るったり、挙げ句の果てには、レズビアンとの性行為まで強要しながら、「これが僕の愛なんだ」とのたまう男の傲慢さに戦慄したものである。

心と体は成熟しながら、愛し方を知らない男女の哀れ、とでも言うのだろうか。

翻弄されるリズも、訳の分からない理屈を持ち出して、リズを支配下に置こうとするジョンも、結局は正面から向き合うのが怖いだけではないかと思う。

交際期間が、『9週間と半分』とういのも、随分気が短いように感じるが、男の本性を見抜くのに1年もの歳月は必要ない。

何だかんだで、女性は安定を求める生き物と思えば、やはりここらが潮時ではないだろうか。

動画で紹介 ~官能のラブシーン

サイトに埋め込みできないので、YouTubeのリンクを辿って下さい。

ゴールデンタイムに、TV放送してたぐらいですから、それほど過激ではないです。私も未成年で見てた ^_^;

目隠し & 氷プレイの動画はこちら。
これがカップルの間で流行ったのは有名な話。

https://youtu.be/p7SRBPHd6OY

冷蔵庫の前の、ぬるぬる食品プレイはこちら。
はちみつや、ぷるぷるゼリーを使った、おふざけみたいな場面だが、BGMに使われている曲も可愛いし、どこかほのぼのする名場面。

https://youtu.be/jVsW2UszI5A

ユーリーズ・ミックスの『This City Never Sleeps』にのって、リズがジョンとのプレイを思い出しながら、自慰に耽る動画はこちら。
音楽も素晴らしいが、どこかエロティックな抽象画、エクスタシーを想起させるフラッシュライトの使い方など、エイドリアン・ライン監督の演出も印象的。

https://youtu.be/updY5WDeh2I

ジョー・コッカーのヒット曲『You Can Leave Your Hat On』に乗せて、リズが一枚一枚、服を脱ぐ。
キム・ベイジンガーのスタイルの良さに嘆息する。
いやらしいというよりは、恋人同士が、子供みたいに戯れている感じ。
https://youtu.be/e9IreZ2HXGg

【恋愛コラム】 潔さこそ、大人の女の証し

『ナインハーフ』といえば、大人の恋を描いたレジェンドのような作品だが、そもそも『大人の恋』とは、どういうものを指すのだろうか。

巷にあふれる恋愛論は、10代、20代の女性でも、すでに弁えているような内容が大半だ。

「自分の時間を大事にする」とか、「精神的に自立する」とか、「思いやりが大切」とか。

しかし、こんな正論を真に受けて、いい女ぶっていては、男性も疲れるし、女性の本音も伝わらない。

適齢期の男女の恋が難しいのは当たり前で、真面目に考えれば考えるほど、結婚がプレッシャーになるのが当たり前だろう。

ところが、多くの女性は、「結婚願望丸出し」と思われたくない。

映画みたいにスマートに、ゴールを決めたいと願っている。

「結婚に何の魅力も感じない」
「仕事や趣味が充実してるので、結婚など必要ない」
「30過ぎても輝いてます。年齢は関係ない」

等々。

できる女を必死にアピールし、男性を必要としないことが「大人の女」と勘違いしている。

だが、男性の目から見れば、そんな女性は願い下げ。

「そんなに自分が好きなら、勝手に一人で生きれば ?」と思うだろう。

それよりは、正直な方がうんと好かれる。

「あなたがいないと、死んじゃう!」ぐらいの気持ちでぶつかった方が、お堅い男性もぐらっと心が動くものだ。

全力で、自分を求めない女性を、誰が人生の伴侶に選ぶだろう?

まして、好きな気持より、自分の見栄や体裁を機にする女性と一緒に過ごして、楽しいだろうか?

そういう意味で、格好つけるのは間違いだし、本当に好きなら、そして、結婚したいなら、正直に気持ちをぶつけた方がいい。

ただ、それにはコツがあって、柳の下の幽霊みたいに、「私とはいつ結婚してくれるの」「私のことは遊びなの」、ねちねち絡まないこと。

一度、ぶつかったら、その後はさっと引く。

そして、覚悟を決める。

その潔さこそ、大人の女の証しである。

まともに将来を考えもしない相手と、いつまでもダラダラ付き合う余裕など、女性の人生にはない。

まして、自分を偽って、どうして幸せに生きていけるだろうか。

映画『ナインハーフ』も、火花のように始まって、快楽に夢中になるが、やがて女性の方が不安に押し潰されて、恋は終わりを迎える。

何を考えているか分からない、ただ身体を求めるだけの男性に、いつまでも恋慕の情を抱き続けるほど、女性はドライにもなれないからだ。

本作では、リズは身も心も傷つくが、ここが潮時と感じれば、さっと縁を切る潔さが素晴らしい。

傍から見れば、「恋に失敗した女」かもしれないが、別れた女には未来があるからだ。

大人になればなるほど、恋にも人生にも四苦八苦するのが当たり前。

だからこそ、それを乗り越えた女は、誰よりも強く美しいのだ。

初稿 2010年4月28日

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる