子育てとは、子供時代をもう一度生き直すこと  映画『ファインディング・ニモ』

ファインディング’ニモ
記事について

「親になるということは、子供の気持ちと、親の気持ちと、両方わかることなんだ」
アンドリュー・スタントン監督の言葉をテーマにした子育てコラムを掲載しています。

目次 🏃

映画『ファインディング・ニモ』 あらすじと見どころ

ファインディング・ニモ(2003年) ー Finding Nemo(ニモを探す)

監督 : アンドリュー・スタントン
声の出演 : 木梨憲武(マーリン)、宮谷恵多(ニモ)、室井滋(ドリー)、山路和宏(ギル)

ァインディング・ニモ (字幕版)
ァインディング・ニモ (字幕版)

あらすじ

新婚のマーリンとコーラルは、珊瑚礁に素敵な住まいを作るが、凶暴なバラクーダに見つかり、卵を全て食べられてしまう。
卵を守ろうとしたコーラルもなくなり、ただ一つ、ひび割れた卵だけが生き残る。
マーリンは、生まれた息子をニモと名付け、ニモは元気な男の子に育つが、マーリンは悲劇のトラウマからニモの行動を厳しく制限し、叱ってばかりする。
ある日、マーリンに反抗したニモは、観光でやって来たダイバーに捕まり、歯科医の水槽で飼われるようになる。
マーリンはニモを探し求める途中、物忘れの激しいドリーと出会い、どうにか歯科医の住所がシドニーと突き止めるが、シドニーまでの道程は非常に険しいものだった。
果たしてマーリンはニモを救い出し、父子は無事に再会することができるのか……。

見どころ

モンスターズ・インク』の主役マイク・ワゾウスキーの吹替えを演じた田中裕二(爆笑問題)もはまり役だったが、本作でも、とんねるずの木梨氏が意外と上手で、見直した。ドリーを演じた室井滋もよかった。
制作ドキュメンタリーでもコメントされていたが、珊瑚礁や水の揺らぎが本物そっくりで、「CGだけで、ここまで出来る」と、ピクサーの実力を改めて示した秀作。
父子の絆と息子の自立を描いた物語だが、「親ばなれ」「子ばなれ」の過程が自然に描かれており、エンディングも素晴らしい。
また歯科医の描写も面白く、歯科医療に詳しい人なら、作中に使われている専門用語に大爆笑らしい。
続編となる『ファインディング・ドリー』がいまいちだったので、ニモも期待しない人もあるかもしれないが、こちらはまったく別モノとして見て欲しい。
心温まるファミリー向けアニメの傑作である。

『子育て』とは、子供時代をもう一度生き直すこと

『ファインディング・ニモ』のDVD特典映像に、アンドリュー・スタントン監督のこんなコメントがある。

『親になる』ということは、子供の気持ちと、親の気持ちと、両方わかることなんだ

本当にその通りだ。

親は「親」であると同時に、「子供」でもある。

子育ての合間に、自分の子供時代や我が親のことがフラッシュバックする人も少なくないだろう。

親に甘えられなかったり、十分に愛されなかった思い出があると、子育ての途中に苦しくなるのは、我が子を通して、自分自身を重ね見るからだ。

泣いて転がる我が子も、反抗ばかりして可愛げのない我が子も、どこか自分の幼い頃を想起させる。

子供の「ギャン泣き」を聞いていると、自分も胸が苦しくなるのは、我が子の泣き声を通して、自分自身の泣き声を聞いているからだ。

ダダこね育ちのすすめ』で幼児の癇癪との付き合い方をといておられる阿部秀雄先生も『子育てとは、もう一度、自分の子供時代をやり直すこと』と書いておられるように、子育てというのは、今一度「自分の子供時代」と向き合いながら、壊れたピースを繕い、我が親の気持ちをなぞらえ、理解と感謝に辿り着く過程なのかもしれない。

子育てといえば、「子供を育てること」と思っている人も多いが(子供を持つまでは、誰でもそう思う)、第二のミッションは、親の気持ちも理解することだ。

親の気持ちは、実際に自分が親になってみないと、絶対に分からない。

親が子供の気持ちを推し量ることは可能でも、その逆は難しい。

たとえ想像力に富んだ子供が、多少、親の気持ちになりきることができても、実際の親の気持ちはもっと複雑である。

親の気持ちが分かったところで、何になる? と思う人もあるかもしれないが、親の気持ちが分かるということは、子供時代にどうしても克服できなかった心の問題をクリアし、感謝に辿り着くプロセスでもある。

自分が親になってみて初めて分かる、「あの日の親の理不尽な仕打ち」を自分自身が経験することで、憑きものが落ちることもあるからだ。

中には、「あんな親、一生許さない」という人もあるかもしれない。

だが、実際に自分で子供を育ててみれば、自分の一番嫌いな親の姿を、一度や二度は自分自身の中に見出して、愕然とするものだ。

同時に、自分の親の実像を理解し、物の見方も変われば、それこそ、あなたにとって最大の人生の処方箋である。

子育てとは、子供時代をもう一度生き直すことであり、壮大な赦しの旅でもある。

自分も、親も許せた時、あなたは人生の課題を全てやり遂げた、と言えるのではないだろうか。

初稿 2011年12月9日

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる