外の世界に憧れる猫と閉ざされた窓 ~猫のいる風景

外の世界に憧れる猫と閉ざされた窓 ~猫のいる風景

猫には、外に憧れる気持ちはあるけれど、自分でドアを開ける力はない。

誰かが開けてやらないと、いつまでも家の中に閉じ込められたまま。

どれほど外に出たくても、ドアの前でにゃーにゃー鳴くだけ、夢を叶えるには、大人の手が必要なのだ。

近頃はドアや出窓の近くでウロウロするだけで外に出たいのだと分かるようになった。

こちらが気付かないと、「にゃぁ~」と甘えることもある。

ああ、外に出たいのね、と、窓を開けてやる時だけ、ちょっぴり優越感。

そして、夢の天使。

たとえ相手が猫でも、願いを叶えてやるって、なんていい気分だろう。

窓を開けると、窓枠のところで少し考えた後、とことこと屋根を降りていく。

行ってらっしゃい。あまり遠くへ行くんじゃないよと、見送って、こちらはちょっぴり淋しい気分。

うちの子たちが成人する時も、きっとこんな感じだろう。

家に居る間はせっせと餌をやり、ぐうぐう昼寝している時は起こさぬように物音に気を遣い、あれやこれやで世話を焼いて、出て行く時は一瞬だものなぁ。

今でも犬猫を我が子のように可愛がる気持ちなど知らないし、分かりたくもないが、こんな日常が三日、四日と続けば、そのうち、こう言い出すんだろうな。猫に向かって「うちの子が」。いやもう、猫は猫だよ。三人も子供いらネ。

それにしても、じっと窓に向かって何を考えているのやら。

人間だけが知的で、魂を有するなどと誰が言い出したのか。

猫にも知性はあるし、多分、心もある。

自分の言葉を持たないだけで、胸の中にはいっぱい、やりたい事、気になる事、あるだろう。

ただ、彼らには、自分でドアを開ける力がない。

足りないのは、本当に一点、それだけだ。

そして、人間も、時にはドアを開けてくれる誰かを必要とする。

どれほど焦がれても、自分の力では、決して越えてゆけないドアがあるから。

それが自分のドアであれ、他人のドアであれ、『求めよ、さらば開かれん』。

こんな猫一匹でも、ドアを開けてくれる誰かの手があるのだから。

今日のニャーコ。いつもこうして外を眺めています。
外の世界に憧れる猫と閉ざされた窓 ~猫のいる風景

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。
目次 🏃
閉じる