『あって当たり前』という不幸をモチベーションに

「副業するサラリーマン」というブログに下記のような言葉があります。
(現在、このURLは削除されています)

個人的には「幸福」とは「成長している、成長できそう」に尽きると思っています。「不幸」とは「成長できない、成長できそうにもない」です。

例えば、給料がドンドン減っていく、GDPも右肩下がり、経済は停滞するどころか衰退していれば、成長していないので不幸に感じます。

一方で2010年度の中国のGDPはまだ発表前ですが、日本を抜かしています。でも、1人あたりのGDPはまだまだ日本のほうが上です。それでも中国人のほうが日本人よりも「幸せそう」だと感じます。おそらく中国人も「幸せ」を実感しています。

それらは成長しているからです。過去よりも現在が豊かであり、未来はもっと成長できると信じているから幸せです。過去よりも現在は貧しく、未来に希望が持てないと考えていれば不幸です。

個人ブログ 『副業するサラリーマン』

経済のみならず、人生全般においても、「明日に進展がない」という絶望的な気持ちは、人から活気を奪い、意欲を減退させます。

「たとえ100しかなくても、明日には101になり、もっと頑張れば120になる」というのと、「1000もってるけど、10年がんばっても1001にはならない」では、後者の方がはるかに不幸な気持ちがするでしょう。

それに追い打ちをかけるのが、「あって当たり前」の感覚です。

家電、化粧品、スマホ、バッグといった製品はもちろん、保障や手当、権利など、あれもこれも「あって当たり前」。

社会情勢が変わっても、「あって当たり前」と思い続けていると、無いことがますます不幸に感じられます。

現代人が閉塞感や空しさを感じるのも、「あって当たり前」の部分だけが親の代から続いているからかもしれません。

このあたりが「無くて当たり前」の他国との違いでしょう。

どんどん減っていくのを目の当たりにしながら、幸福を見出すのは誰にとっても難しいものです。

かといって、「あって当たり前」の気持ちを、不幸の源にしないで欲しい。

「あって当たり前」の気持ちがあるからこそ、邁進できる部分も大きいと思います。

進む方向が正しければ、野心は必ずしも罪悪ではないし、むしろ社会を動かす大きなモチベーションになります。

「無くて当たり前」と思えば、ウォシュレットという発想も生まれないでしょう。

人間はどこか貪欲で、粘着質なところがないと、前には進めないものです。

本当の問題は、疑問も欲望もなくして、現状に満足してしまうことではないでしょうか。

今から宇宙飛行士を目指すような、非現実的な目標ではなく、ちょっと手を伸ばせば出来そうなことは、とりあえずチャレンジしてみる。

昨日よりは今日、今日よりは明日、一つ利口になる気持ちで、何かを勉強してみる。

そのうちに花開くこともあるでしょう。

不幸は必ずしも「終わり」ではなく、創造的な生き方のスタートラインです。

参照→ 創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を解き放ってくれる

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる