作品の概要とキャラクター紹介

海洋小説 MORGENROOD 《曙光》 は、1995年、「海底鉱物資源」と「海洋都市(清水建設のマリネーション構想」に着想を得て、資料収集を始め、2017年9月にKindleストアよりリリースしました。

小説のジャンルは『海洋SF』ですが、人間ドラマに重点を置いた文芸作品です。

読者の意表をつくようなドンデン返しや謎時の要素はありませんが、現存する海洋科学や建築・土木の基礎知識を取り入れ、リアルに仕上げた本格SFです。

この作品は、日本の深海研究の第一人者である、堀田宏先生に献呈しています。

試し読み(PDF版)

上巻の冒頭部読む。 新規タブで開きます

目次 🏃

章立て

第一章 運命と意思

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》。権勢を振るう鉱山会社ファルコン・マイニング社の寡占に打ち克ち、真の自由を勝ち取る為に、特殊鋼メーカーの雄、アル・マクダエルはニムロディウムを含む海底鉱物資源の採掘に挑む。
だが、プロジェクト・リーダーの突然の失踪により、アルは急遽、潜水艇のパイロットであるヴァルター・フォーゲルをスカウトする。その過程でヴァルターが密かに描く円環の海洋都市『リング』を目にしたアルは、これこそ惑星アステリアの未来を変えるアイデアと確信し、ヴァルターを連れ出すことに成功する。
『リング』には、故郷の大洪水で命を落とした土木技師の父親との思い出と永劫回帰の願いが込められていた
👉 タイトル一覧を見る

第二章 採鉱プラットフォーム

アステリアの海上プラットフォームでは、水深3000メートルの海底からニムロディウムを含む海台クラストの採鉱に向けて、急ピッチで準備が進んでいた。ヴァルターは潜水艇での接続作業を任されるが、古参スタッフと意見が合わず、水中作業にも自信がない。そんな彼を優しく励ますのがアルの愛娘リズだった。いつしか二人は心惹かれるようになる。
👉 タイトル一覧を見る

第三章 海洋情報ネットワーク

鉱山会社ファルコン・マイニング社の一党支配に対抗し、海の公益を守る為、海洋情報データ共有サービスの構築を試みるが、自治体や企業の思惑に翻弄され、実現は困難を極める。ヴァルターとリズの関係も次第にぎくしゃくし、ついに喧嘩別れに。そこに又従妹を名乗るオリアナが現れ……。

第四章 ウェストフィリア ~深海調査

ファルコン・マイニング社を機関とするウェストフィリア開発公社は北方の火山島ウェストフィリアの資源探査に乗り出す。ヴァルターは深海調査の要請を受けるが、氷に閉ざされた謎の火山島には、青い貴石をめぐる悲話があった。ファルコン・マイニング社の私利私欲の為に、虚偽の報告を強要され、ヴァルターは科学者の良心と脅迫の狭間で揺れ動くが、深海での不思議な光景が彼の迷いを払拭する。

第五章 指輪

ウェストフィリアの深海調査はアステリアの人々に深い感銘を与え、ヴァルターとリズの絆もいっそう深まる。しかし、二人の幸福を嫉む者が巧妙な罠をしかけ、アルに嫌疑が掛けられる。ヴァルターは一人の市民として公聴会で証言するが、二人の関係は複雑だ。そんな中、アルは有名議員の息子との見合いを画策し、リズは心ならずもMIGの後継者として公の場に立つ。

第六章 断崖

社会の牽引役を失ったアステリアでは、市民の混乱を尻目に、巨大海上都市『パラディオン』の建設に向けて大きく動き出す。ヴァルターとリズはそれぞれの立ち位置から懸命に働きかけるが、強硬な勢力の前に抗う術もない。そんな中、悲惨な事故が生じ、断崖絶壁に立たされたヴァルターの目に映ったものは…。

キャラクター紹介

アル・マクダエル

特殊鋼メーカー『MIG』のカリスマ経営者で、「拾いの神」の渾名を持つ。ファルコン・マイニング社に最愛の者を傷つけられた恨みもあって、アステリアの海底鉱物資源の採掘に乗り出すが、開発の過程で社会的使命に目覚め、アステリアの産業振興に尽力する。周囲には賢哲の人と仰ぎ見られ、信望も厚いが、娘にはめっぽう弱く、高価なスポーツカーやプリンセス人形を買い与える親馬鹿な一面も併せ持つ。四歳年上の姉にも頭が上がらない。本作では『運命』の象徴。タヌキに似た風貌で、陰の愛称は「タヌキの父さん」。

ヴァルター・フォーゲル

本作の主人公。ネーデルラントの干拓地に生まれ育ち、土木技師の父親と、エクス=アン=プロヴァンスに続く高貴な血筋の母親をもつ。
四カ国語の複雑な言語環境に育ち、難読症やコミュニケーション障害を呈したことから、子供ながらに将来に絶望し、希死念慮に憑かれるようになる。
13歳の時、大洪水で父親と生家を亡くし、顔が歪むほどの心的外傷に陥るが、潜水艇のパイロットを志し、故郷の復興ボランティアに打ち込む中で、心の傷を克服しようとする。意思が強く、行動的だが、「見かけによらず、ノミの心臓」と喩えられる繊細さも併せ持つ。
ハンサムだが船乗りゆえに女性に縁が無く、「最初から好きでないのはお互いさま」を免罪符に港の女性と一夜限りのお付き合いを繰り返す。
帰る場所を持たず、三度の食事を目当てに船に居着いていることから、『さまよえるオランダ人船長』と呼ばれる。

エリザベス・マクダエル

『リズ』の愛称をもつ、アルの一人娘。美人で聡明だが、男性経験ゼロで、自他とも認める『パパっ子』。お伽噺やTVドラマが大好きで、憧れの人は「キャプテン・ドレイク」。ドレイクを演じた俳優に似ているという理由で、ヴァルターに一目惚れし、アルの反対を押し切ってアステリアに居着く。漠然と自立に憧れていたが、ヴァルターと行動を共にし、アステリアの現実を目の当たりにするうちに政治に目覚め、海洋開発財団の理事長として積極的に発言するようになる。

グンター・フォーゲル

カールスルーエ出身の土木技師。幼少時は内気で、火山学者の父親に気兼ねする日々だったが、ネーデルラントのアフシュライトダイク(締め切り大堤防)を目にして、人間の意思の力に打たれ、治水に携わるようになる。ワーグナーの熱烈なファンでもあり、英雄ジークフリートの如く、高貴な家の娘であるアンヌ=マリーを手に入れる。息子ヴァルターの言葉の問題に心を痛め、救いを求める過程で、ニーチェの永劫回帰の思想を知り、「魂の幸福とは、人生に『よしもう一度』と言える気持ち」と説くようになる。大洪水の夜、決壊寸前の堤防を守りに戻って、命を落とす。

アンヌ=マリー・デュボワ

ネーデルラントに旅行中、グンターと恋に落ちる。実家はエクス=アン=プロヴァンスの名家で、裕福な婚約者もあったが、グンターと駆け落ちし、干拓地フェールダムの運河沿いの家で暮らすようになる。グンターの死後、ヴァルターを連れて故国フランスに戻るが、生活に困窮し、かつての婚約者と再婚する。一見可憐だが、本質は戦乙女(ワルキューレ)で、人生の困難に立ち向かう気丈な母親。聡明で、教養も深いが、男に無知で、思春期のヴァルターに対する接し方が分からず、母子関係をこじらせる。みなみのうお座にまつわる秘密の隠し財産を持つ。息子の結婚が生き甲斐。

セス・ブライト

アステリアでアル・マクダエルの片腕を務めるクールな専務。「僕は誰の味方でもない」というスタンスで、アル、ヴァルター、リズ、その他の人間関係のバッファー役となる。実は壮絶な生い立ち。

ロバート・ファーラー

ファルコン・マイニング社の社長。『ネンブロットの蛇』と恐れられた父ドミニク・ファーラーの後を継いでマイニング社のトップに立つが、女好きで、詰めの甘い性格。

フランシス・メイヤー

世界的に名の知れた天才肌の建築家。実家は大手観光グループのオーナーで、政財界に幅広い人脈を有する。才能豊かで、作品にも定評があるが、性格はイタチのように小心で、プライドも高い。干拓地の再建案について、素人のヴァルターにけなされた事を恨み、アステリアでは富裕層向けの海上都市『パラディオン』の是非をめぐって、再びヴァルターと火花を散らす。

マックス・ウィングレット

アステリア行きのコンパートメントで同室になった熟練の施工管理士。面倒見のいい親分肌で、ヴァルターのことも大らかな気持ちで見守る。現実主義で、冒険はしないタイプだが、後にリング・プロジェクトの指南役となる。ブラウンエールとコメディが大好き。

エヴァ・ウィングレット

マックスの妻で、リゾートタイプの住宅設計を得意とする建築デザイナー。人間の機微に通じた心優しい楽天家で、リズとヴァルターの恋を応援する。

心と生き方のコラム

小説をテーマにした創作コラムです。 拾いの神は捨てられた後にやって来る ~自分を捨てることは一切の可能性を捨てること
「捨てる神あれば、拾う神あり」の諺を元に、「神に拾われるには、最初に捨てられなければならない」という幸せな考え方について綴っています。

ラテン語の名句
『運の女神は勇敢な者たちを助ける』『運命が道を見出す』『苦難を経て栄光へ』『偉大な愛は運命の岸をも越える』など、作中に登場するラテン語の名句を紹介しています。

Luctor et Emergo ~わたしは闘い、水の中から姿を現す
『運の女神は勇敢な者たちを助ける』『運命が道を見出す』『苦難を経て栄光へ』『偉大な愛は運命の岸をも越える』など、作中に登場するラテン語の名句を紹介しています。

人間の可能性と未明の光 ~海底に眠る鉱物の如く
創作のモチーフとなったニーチェの『曙光』の名言と執筆の背景について紹介しています。 Luctor et Emergo ~わたしは闘い、何度でも水の底から立ち上がる
本作のテーマであるラテン語の名句『Luctor et Emergo』について紹介しています。 数百年に一度の水害に備える ~オランダの堤防と美しい干拓地
本作の舞台である、果てしなく平坦なゼーラント州の海岸と数百メートルに及ぶ潮の満ち引き、堤防の役割など、画像と動画で紹介しています。。

科学と社会のコラム

海底鉱物資源について ~【運命のフォルトゥナ号・宇宙の根幹を成すレアメタルと鉱物資源問題
「鉱物資源とは何か」「レアメタルについて」「レアメタルと政治問題」について、文献を元に解説しています。
ユニークな特性をもつ金属「イリジウム」「リチウム」「地上で最も高価な金属ベスト10」等の動画を掲載。

科学大好き少女が海洋学と出会うまで

雷恐怖症と家庭医学大事典

私が『科学』に魅了されたのは、幼少時より、NHKや民放で良質な科学番組に親しんできたこと(昭和の時代は「目指せ! 技術立国」でユニークな科学番組がたくさん制作されていた)、学研の「こどもの科学」が非常に魅力的な内容であった理由も大きいですが、やはり決め手になったのは、「正しく識れば、恐怖は克服できる」を身をもって体験したことでしょう。

現在はそうでもありませんが、幼少時は非常に病弱で、「10歳まで生きられないだろう」と言われていたこともありました。10歳になるまでに、入院4回、手術1回、病欠は毎年30日以上に及び、犬に顔に噛まれて、片目を失明しかけたこともあります。

そんな私にとって、ドイツ語を駆使する「白衣のお医者さん」は憧れの人でした。

昭和50年頃まで、日本の病医院ではドイツ語が使われ、ドイツ語で独り言を口にしながら、万年筆ですらすらとドイツ語の医学用語をカルテに書き付ける姿が、子ども心に非常にクールに見えたのです。
(病院でドイツ語が使われていた事は、山崎豊子の医療小説『白い巨塔』にも描かれています。がんはクレブス、患者はクランケ、ブドウ糖はツッカー、生理食塩水はワッサーと呼んでいました)

また、昭和時代には、スマホもパソコンもありませんから、病児の暇つぶしといえば『読書』一択。

子ども部屋にTVを置いてもらえるほど裕福でもなかったので、一日中、じーっと白い天井を見上げて過ごす子どもにとって、最大の娯楽といえば、『ぐりとぐら』や『保健と人体の図鑑』や『学研のこどもの科学』でした。

高熱でふらふらになりながらも、布団の上で、こどもの科学の付録を必死に組み立てたこともあります。

しかも、私の枕元には厚さ10㎝の『家庭用医学事典』がいつも置かれ、それが自分の愛読書になるまで時間はかかりませんでした。難しい漢字は読めなくても、色鮮やかな内臓の写真や症例のイラストは子ども心にで、毎日、飽くことなく眺めては、身体機能や発症・治癒のメカニズムなど、いろんなことを直観で理解しました。

小学校に上がる頃には、そらで解剖図を描けるほどの医学マニアになり、中学の頃には保健の先生より詳しいので『教授』と呼ばれるほど。とにかく医学を筆頭に、何でもよく知っていたのです。(参照→ SF医療ファンタジー『Tower』

私がそうまで図鑑や医学事典に興味を引かれたのは、「自分の身に起きていることを正しく識りたい」という動機と「できれば自分で治したい」という思いからです。

喉の痛みも、40度近い高熱も、全身に酷く広がった水疱も、正しく理解すれば、恐るるに足りません。

白血球の働きを知れば、「いつか治る」という希望がもてるし、解剖学を知れば、あの鋭い注射針が骨まで到達するわけではないと理解できます。

私にとって「学び」とは恐怖の克服に他なりませんでした。

そして、そのように、つらい病児時代を乗り越えてきたのです。

似たような経験に、雷恐怖症があります。

幼い頃、雷が非常に怖くて、ちょっとでも「ゴロゴロ」を耳にしたら、頭からすっぽり布団をかぶって、押し入れに隠れるほどでした。身動きが取れなくなるほどの重症だったのです。

ところが、小学3年生の時、『なぜなに お天気のふしぎ』という科学マンガを読み、発生の機序を理解したら、あれほど深刻だった雷恐怖症がぴたりと治りました。

それどころか、夕立の中をジャブジャブ駆け回るほど元気になり、空に向かって、「カミナリ! 落ちるものなら、落ちてみろ~」と喧嘩を売るほど強くなったのです。

その時、つくづく思いました。

正しく識れば、恐怖は消える。

と。

以来、地学、天文学、遺伝子工学をはじめ、矢追潤一のUFOスペシャルや川口宏の探検隊シリーズに至るまで、幅広く親しみ、毎月、京都市立青少年科学センターに通うほどの科学オタクになりました。

純粋に科学のみを信奉するのではなく、月刊『ムー』のオーパーツ特集やグラハム・ハンコックの『神々の指紋』にはまったり、矢追潤一の『UFOスペシャル』に感化されて、毎晩、夜空を見上げたり。

星から星へ、宇宙から神秘へ、好奇心はとどまることを知りません。「こんな都会で天体望遠鏡を買って、何を見るねん」という両親の一言がなかったら、今頃、NASAに行ってたかもしれません(気持ちだけでも)。

私のスーパーヒーローは、長い間、カール・セーガンであり、ケープカナベラルとアリゾナ州天文台が憧れだったのです。

海洋科学との出会い ~マンガン団塊のように生きる

そんな私が海洋科学に魅せられたのは、27歳の時。

図書館でたまたま手にした海洋学の本がきっかけです。

本作の『あとがき』にも記しているように、私は「海に浮かぶ半閉鎖式生命圏(海洋都市)」のビジョンを探し求め、海洋関連の本を片っ端から読み漁っていました。

その時、心引かれたのがマンガン団塊(海底鉱物資源)であり、日本が誇る深海調査船『しんかい』でした。

その流れで、一生の恩人となる堀田宏先生の著書「深海底からみた地球」に出会い、全てが頭の中で一つの線に結ばれました。

暗くて深い海底に、じっと眠っているマンガン団塊に己を重ね見たからかもしれません。

当時愛読していたニーチェの著書『曙光』の冒頭に記された『いまだ光を放たざる いとあまたの曙光あり』という言葉が、これほどしっくりくるモチーフもまたとないと感じたことも大きいです。

知れば知るほど興味を引かれ、いつしか深海を潜航する『しんかい6500』が白馬の王子さまになりました。

本作の主人公が潜水艇のパイロットである所以です。

私は実際に海洋調査に行ったことはないし、海洋機関のスタッフでもありませんが、執筆中は、想像力の中で深海を旅できて本当に幸せでした。

本作と通じて、一人でも多くの方が海洋科学とJAMSTECに興味をもってくだされば幸いです。

Kindleストア

本作はKindle Unlimited(読み放題)対象です。
新規登録すれば、最初の一ヶ月は無料です。(たまに月額99円セールもやってます)
Amazonの案内ページはこちらです。https://amzn.to/3ze1EEk

お問い合わせ

本作に関するご意見やご感想はお気軽にお問い合わせ下さい。
web@novel.onl (クリックするとメールが開きます)

目次 🏃