あらすじとキャラクター紹介作品の概要

【61】あの世にも、この世にも、帰りたい場所はなく ~ロッド・スチュワートの『セイリング』

QUOTE あの世にも、この世にも、帰りたい場所はなく I am sailing to be near you 
  • URLをコピーしました!
目次 🏃

ロッド・スチュワートの名曲『セイリング』

リズが歌う『セイリング』は、元々はThe Sutherland Brothersのキャビンとイアン兄弟デュオが1972年6月に発表した楽曲ですが(Wiki参照)ですが、1975年、英国のロック歌手、ロッド・スチュワートがカバーして、世界的な大ヒットとなりました。

歌詞と楽曲の美しさから、古今東西の様々なアーティストが演奏し、時代を超えたスタンダードとなっています。

結婚して「心が自由になる」ということ 池田理代子の『セイリング』でも取り上げていますが、『セイリング』の意味するところは、「愛する人の所に渡って行く」です。旅立ちの歌ではありません。

歌詞の『You』は、キリスト教における「神」とも言われています。

「私は神の御許に渡っていく」という、魂の回帰を描いています。

I am sailing
I am sailing
Home again
'Cross the sea
I am sailing
Stormy waters
To be near you
To be free

I am flying
I am flying
Like a bird
'Cross the sky
I am flying
Passing high clouds
To be near you
To be free

Sailing : Rod Stewart Lyricfindより

ロッド・スチュワートの歌唱。歌詞付きの動画です。

ヴァルターにとって、『You(神)』とは、大洪水で亡くなった父親のこと。(参照→ 堤防決壊と父の願い ~生きて、生きて、最後まで生き抜いて

悲しみに暮れる少年時代のヴァルターに、母親は言って聞かせます。

「まずは為すべき事を為すの。そうすれば神様が道を作って、必ず海の彼方で会わせて下さる」

参考サイト

結婚して「心が自由になる」ということ ~池田理代子の漫画『セイリング』
結婚前の女性の揺れ動く心理を『セイリング』にのせて描く池田理代子の傑作漫画について紹介しています。

【小説】 セイリング ~あの世にも、この世にも、帰りたい場所はなく

物語

全画面で見る
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする

目次 🏃