あらすじとキャラクター紹介 作品の概要

何を得ても満たされない嫉妬と競争心 人間としての誇りはどこへ? 

何を得ても満たされない嫉妬と競争心 人間としての誇りはどこへ? 
  • URLをコピーしました!

海洋小説 MORGENROOD -曙光 より


作品の詳細はこちら
目次 🏃

【心のコラム】 人間としての誇りが生き様を決める

人間にとって一番大事なものは「誇り」でしょう。

誇りがなければ、悪いことをしても平気だし、怠惰に過ごしても何とも思わない。他人に嫌なことをされても、ぐっと堪えて、大人の態度がとれるのも誇りゆえだし、絶望の中に希望を見出すのも誇りのなせること。

英語で Pride(プライド) といえば、高慢や勝ち気をイメージしますが、本来の意味は人間としての矜持です。

プライドを捨てるということは、相手に屈服するということではなく、人間としての尊厳を自ら放棄することです。

本作で、ヒロイン=エリザベスのライバルとして登場するオリアナは、彼女にとって又従妹にあたる同年齢の女性です。

ヒロインの父親が、高名なカリスマ経営者で、実家も裕福であるのに対し、オリアナは私生児に生まれ、子供の頃からずっと苛められてきました。

しかも父親は得体の知れない『マンモン』と呼ばれる闇の投資家で、まともに愛情を注がれることもなく、小遣いだけ与えて放任されます。何を得ても満たされないのは、「エリザベスに勝つこと」が人生の目的だからでしょう。

彼女もまた美貌と才能に恵まれ、ヴァルターとも淡い友情で結ばれますが、最後まで素直になることはありませんでした。

自分を誇る気持ちは、決して勝ち負けからは生まれてこないのです。

なぜ女同士のマウンティングは止められないのか

女同士というのは、幼稚園時代の「所有している人形の数とグレード」から始まって、学生時代は、顔、ファッション、モテ度、友達の数で競い、結婚適齢期は、交際中の男の数とグレード、収入、持ち物で争い、結婚すると夫の地位と年収、子供の出来不出来で争うという、一生不毛なマウンティングを続けるものです。

常に、弱いもの、気に入らないものに対してマウティングせずにいられないのは、単純に、自分に誇るべきものがないからで、結婚しても、自分自身がやり甲斐のある仕事に就いたり、家事に育児に頑張って愛される母(妻)であり続ける女性は、夫の年収や子供の成績にも拘らず、むしろ、「○○の奥さん」と呼ばれることに反発を覚えたりするものです。何故なら、人生の主体は自分自身にあるからです。

ある意味、「○○夫人」と呼ばれて悦に入るタイプの女性は、思春期から青年期にかけて自我を確立できなかった人なのだと思います。

何故かと言えば、長い人生を価値あるものにするには、「これこそが我である」という健やかな自尊心と精神の核が不可欠だからです。

その本物の『生きる力』を欠いて、幸せになれと言われても、どうやったら幸せになれるのか分からない。

だから、高級住宅とか、夫の肩書きとか、子供の進学先とか、目に見える基準に頼ってしまう。

でも、得たと思っても、上には上がいるもので、上に行くほど、自分よりもっと凄い格上の人物に遭遇する確率も跳ね上がっていくわけですから、これこそ地獄のエンドレスゲーム。

ちやほやされても、内心では、さぞかしお疲れであろうと、同情を禁じ得ないわけですね。

そんでもって、不幸な人間にとって、最大の敵は何かといえば、実は「幸せな人」ではなく、「ギャラリー」なのですよ。

何所にでも居るでしょう。他人の競争を眺めて、面白おかしく噂し合う人々。

マウンティング人間が真に闘っているのは、自分より優れた人や、自分よりリッチな人ではなく、『ギャラリーの噂話』なんですね。

喩えるなら、真のアスリートは、自分よりも強いチャンピオンを倒すべく日々研鑽しますが、マウンティング人間にとって、真の敵とは、スタジアムで「きゃっきゃ、ウフフ」と噂し合う人達なので、ギャラリーを満足させる為なら、競技そっちのけで、脱いだり、審査員を買収したりします。試合の結果は二の次で、翌日の新聞に、「今世紀最大のニューホープ。世界最強の○○」と大きく見出しが出ることの方がうんと重要なのです。マウンティング人間には勝利も敗北もなく、あるのは『賞賛、あるいは、それ以外』という不毛のゲームなんですね。

マウンティング人間を回避する方法は一つしかありません。

それは自分もゲームに参加しないことです。

一度でも参加すれば、延々とゲームに引きずり回されます。

一方的にマウティングされて、周囲に嘲笑われたとしても、不毛なゲームに参加して、人生を消耗するよりマシでしょう。

誰かに絡まれて嫌な思いをしたら、こう考えてみて下さい。

この人が真に闘っているのは、ワタシではなく、世間なのだと。

【小説】 嫉妬と競争心 人間としての誇りはどこへ?

物語

全画面で見る