MENU
上・下巻の試し読みはこちらPDFを読む

La Mer ~世界は変わる。 変わると信じた人が 変えるのだ

心の海が凪いでいる

目の前は
未だ黒い雲が垂れ込め
水面には陽も射さないけれど
それを見つめる眼は
不思議なほど穏やか
まるで心の海を映し出すように

風は荒ぶり
波は切り立つ

それでも彼は水際に立ち
一人静かにつぶやくのだ

世界中で この海を生かせるのは 私しかいない

心の海が凪いでいる
目の前の嵐とは裏腹に
それは深く確かな未来への決意
本当の強さはいつでも物静かなものだ

そうして彼は二たび
無の平原に向かう

そこには何も見えないけれど
確かに何かが存在するから
彼にだけ感じる
何かが在るから

世界は変わる。変わると信じた人間が変えるのだ

いまだ目覚めぬ未明の力よ
闇を貫く一条の光よ

無の彼方より立ち上がり
眠れる海を照らせ
尽きることなき創造の光で

その輝きに
世界が震える日まで

上記は、2000年頃、曙光の初稿に取り組んでいた頃に書いた詩です。

ヴァルター・フォーゲル……というより、小説『曙光』は、現在もアフシュライトダイク(締め切り大堤防)から海に臨むコルネリス・レリーをモデルにしています。

たまたま手にした土木関係の専門書で、アフシュライトダイク(締め切り大堤防)の建設のエピソードを知ったのが生涯の出会いとないました。

オランダの治水と締め切り大堤防 ~意思が世界を形作るでも書いていますが、全長32キロメートルという長大さもさることながら、オランダ建国精神を象徴する、『この世界は神が創り給うたが、ネーデルラントはネーデルラント人が作った』(God schiep de Aarde, maar de Nederlanders schiepen Nederland)という諺に心惹かれたんですね。

日本もかつてはそうした建国精神を持っていました。

でも、今はすっかり出来上がったせいか、もうそうした精神も失われ、逆に昭和時代のインフラが足枷になりつつあります。

オランダの堤防や治水施設が1000年先まで見越して建設されているのと違い、昭和の建設ラッシュは、行き当たりばったりの開発も多かったかもしれません。

というより、これほど急速に少子化が進み、経済も衰退するとは思ってもみなかったのでしょう。

だとしても、インフラは国家の礎、とりわけ、治水は、ひとたび決壊すれば甚大な被害を引き起こしますから、「今すぐ必要ない」では済まされません。

自国が水害で崩壊しても、誰も助けになど来てくれないのです。

それもこれも、誰か大人がやってくれる……ではなく、今の10代20代がいずれ直面する切実な問題であることを、もう少し注意喚起していただけたらと思います。

*

ところで『曙光』は人生を変えたでしょうか。

もちろん、YESです。

20代の頃の、最初の志の通りになりました。

今でも、海洋小説の中では最高傑作だと自負しています。

海に向かうコルネリス・レリーの志は、私の志でもあり、レリーがやり遂げたように、私もたった一人でやり遂げたのです。(堀田先生という励ましを得て)

<< 前のエピソード次のエピソード >>
目次
閉じる