あらすじとキャラクター紹介 作品の概要

【77】潜水艇の帰還と海の香りの抱擁  資料・オールインワン型マンガン団塊の採鉱システム

QUOTE ミッションの成功、おめでとう 深海からの贈り物
  • URLをコピーしました!

海洋小説 MORGENROOD -曙光 より


作品の詳細はこちら
目次 🏃

【資料】 オールインワン型 マンガン団塊採鉱システム

本作に登場する採鉱システムは、Nautilus Minerals社をモデルにしていますが、、、
(参照→ Exploring Our Sea Floor Production Equipment and How It Will Work

マサチューセッツ工科大学の教授、トーマス・ピーコックによる採鉱システムも画期的なものです。

Nautilus Minerals社の集鉱機が掘削機、破砕機、集鉱機と、三台の重機を必要とするのに対し、ピーコック教授のモデルはオールインワン型です。

両者の違いは、Nautilus Minerals社が海底熱水鉱床(チムニーに代表されるもの)を対象としているのに対し、ピーコック教授のシステムは、水深5000メートルの海底下に存在するマンガン団塊を対象としている点です。

マンガン団塊の採鉱システム

マンガン団塊の採鉱システム

オールインワン型採鉱システムのイメージ動画はこちら。

Nautilus Minerals社の採鉱システムは、チムニー(熱水噴出孔)など起伏のある浅海を対象としています。
Auxiliary Miner ビートル型破砕機
Exploring Our Sea Floor Production Equipment and How It Will Work

マンガン団塊の分布する場所は、大洋底が大部分を占めるので、ピーコック教授の考案するオールインワン型が機能するのかもしれません。
(大洋底とは、大陸斜面につづく深さ約3000~6000メートルの海底。 全海洋底の約80パーセントを占め、軟泥・青泥などの深海堆積物が堆積する。コトバンクより)

日本語の資料は、海底熱水鉱床 採掘要素技術試験機の開発(三菱重工技報・2013)が参考になります。

採鉱システムのモデル(海底熱水鉱床 採掘要素技術試験機の開発)

こちらは海底鉱物資源の採掘について、概要を伝えるプロモーション動画です。

20世紀末から、様々な採鉱モデルが考案され、国際シンポジウムや海洋調査も行われていますが、いまだ実働に至っていません。

技術的にも、生物学的にも、クリアすべき課題があまりに多いからでしょう。

本作で採鉱システムが実現したのは、アステリアには広義の意味での海洋生物が存在しないからです。

詳細は、『生命の始まりは微生物 ~今日の利益か、数億年後の生命か 海洋開発と宇宙的価値に関する口論』でも紹介しています。

【小説】 ミッション成功、おめでとう ~リズの祝福

>>物事の成否より、自分が何をしてきたかの方が心に残る ~ミッション完了と支援船への帰還に続くエピソードです。

物語

全画面で見る
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする

目次 🏃