居場所がない、目的がない ~若者の疎外感と劣等感について

この投稿は小説【曙光】のボツ原稿や引用を元に作成しています。

主人公のヴァルター・フォーゲルは再建コンペにまつわる誤解から故郷に居られなくなったばかりか、潜水艇パイロットの仕事を解雇され、絶望のどん底に陥ります。

それでもパイロットという希有な技能に、干拓型海洋都市『リング』という素晴らしいアイデアを胸に秘めていたことから、海底鉱物資源の採掘を目指すアル・マクダエルにスカウトされます。

世界は変わる。自分が変えると信じるんだ」とアルに励まされ、もう一度、頑張って生きる気持ちになりますが、砕けたプライドはなかなか元に戻らず、周りに比べて、自分だけが劣っているように感じます。

そんな疎外感や劣等感を描いたのが次のパートです。

2001年頃の下書きなので、文章としてはあまり完成されていません(^_^;

もう何年、こんな調子で道を歩いていることか。

そのうち抜けるだろう、何処かへ流れ出せるだろうと思いながら、同じ無の平原をぐるぐる彷徨っている。まるで舵を無くした船みたいに、右に左に流されながら。

マリンフロートとローレシア島を結ぶ全長1200メートルの連絡橋の歩道をとぼとぼ歩きながら、彼は何度も足を止め、夕日に染まる海の彼方を見やった。

陽は大きく西に傾き、今にも枯れそうな光を海に投げかける。黄ばんだ空に、曇る海。まるで不運続きの彼の人生を物語るような色彩だ。風さえも行き場を無くしたように海の上を廻り、空っぽの箱みたいに哭いている。

彼は鉄柵に身を持たせかけると、黒く濁った水面を覗き込んだ。

海は、今も変わらず彼の目の前にある。

だが、色が違う。光の強さが違う。

以前は、何もかもが輝いて見えた。

母はどうしているだろう。

ネクサスの仲間は──。

サッカークラブの生き残りは──?

考えると、辛い。

世界は刻一刻と変化しているのに、自分だけが同じ場所に踏み止まっている。

まるで水の砂漠に一人取り残されたみたいに。

海は、今も変わらず彼の目の前にある。

だが、居場所がない。

目的がない。

風の音を聞きながら、彼はふと、彼の居ない所で円卓を囲み、活発に意見交換しているダグやマードックの顔を思い浮かべた。

別に誰かと親しくなる為、ここに来たわけではない。

だが、この疎外感は何だろう。

同じように仕事を与えられても、彼だけが何処か浮いた所に居る。誰も彼を必要としていないし、彼も誰をも求めていない。まるで鎖が断ち切れたように、彼の立つ場所だけが孤立している。

彼は水の砂漠を見渡し、渺々たる世界を思い、人ひとりの存在のちっぽけさを思った。

「世界は変わる。自分が変えるんだ」とアルは言ったが、一体、どこをどうすれば自分も世界も変わるのか、彼にはさっぱり分からない。

──というより、自分一人の存在が世界を変えるなど、荒唐無稽な戯言にしか思えない。

彼は世界に対してまるで無力だった。

父を救うことも、母を守ることも出来なかったばかりか、自分を立てることさえ叶わなかった。

自然や権力といった圧倒的な力の前には、彼一人の存在などまるで大海の砂の一粒に過ぎず、故郷が一夜で水の底に沈んだように、彼もまた押し流され、潰された。

その成れの果てが「これ」だ。

茫漠たる水をぼんやり見つめ、自分の卑小さに溜息を吐いている。大したことは何一つできず、大海の前で立ち尽くしているのが自分という存在だ。

世界など変わりはしない。

海が、今も変わらず目の前にあるように、世界は身動き一つしない。

海を割ったモーセの奇跡は、所詮、聖書の中のお伽話だった。彼もかつて海を割り、沈んだ故郷を拾い上げようとしたが、彼に神のご加護は無く、より大きな力に阻まれて終わった。あの時、がむしゃらに打ち込んだ気持ちこそ、世界を変える第一歩だったのだが、天はどうやらそれを望まなかったようだ。

彼は振り返り、鉄の要塞のようなマリンフロートのプラントを見上げた。

彼のすぐ傍らに、水深5000メートルの海底から莫大な鉱石を拾い上げ、世界の構図を変えようとしている男がいる。その遠大な計画は、すっかり準備が整い、間もなく実現の日を見ようとしている。

あれだけの金と力があれば──と彼は思う。

運命の女神を手なずけ、世界を思いのままに変えることも可能だろう。

彼のように、金も力も何も持たない人間は──

ただ虫けらみたいに踏み潰されるしかない。

ちっぽけな存在は、運命に抗う術さえ持たない。

かつては天に抗い、水に沈んだ世界を再び拾い上げる夢も見たが、今となっては滑稽な思い出だ。惨めさだけが胸に残る。

彼はバッグを担ぎ直すと、再び道を歩き始めた。

今はただ島の宿舎に帰ることしか思いつかなかった。

第一章『運命と意思』 2001年 第六稿より

小説というのは、同年代のキャラクターを同年代の自分が描くより、何年も経ってから振り返り、立ち返りし、当時の心理を分析しながら書いた方がはるかに面白いものです。

その時にしか書けない心情もあるけれど、あまりにも体験が生々しくて、表現がひとりよがりになりがちなので。

一つのテーマに、二つの相異なる視点。

奥深い文章を書くには、これが絶対的に不可欠。

10代にしか書けない文章の限界は、10代の視点しか持ち合わせない点です。

全体のタイトル一覧はこちらです。サイトマップを見る
目次
閉じる