父の愛は甘やかし? 無責任? ~イルカセラピーの思い出

この投稿は、海洋科学、鉱業、建築・土木をテーマにしたフィクションです。詳しくは作品詳細をご参照下さい。


第一章 運命と意思 ~オランダ人船長 -漂流- (4)
STORY
継父のジャン・ラクロワはヴァルターの心を開こうと、プライベートジェットでハワイに連れて行くが、旅が豪華なほど、父の素朴な愛と教えが思い出され、ますます心を閉ざしてしまう。イルカの見学ツアーで自殺騒ぎを起こした帰路、ヴァルターは継父の口から「甘やかし、無責任」という思いがけない言葉を聞かされる。

それから一ヶ月が過ぎ、復活祭のイースターエッグが飾られる頃、ラクロワ氏がプライベートジェットでハワイ島に連れて行ってくれた。「キラウエア火山が見たい」と言ったら、次の週末には旅行の手配をし、魔法の絨毯を飛ばしてくれたのだ。

ハワイに到着すると、さっそくベテランの現地ガイドが世界有数の活火山に案内してくれた。その後、ブルナウ黒砂海岸でウミガメを観察し、ハマクア・コーストの豊かな熱帯雨林を小型飛行機で遊覧した。

雄大な景色は一瞬悲しみを忘れさせてくれるが、感動が大きければ大きいほど、父の居ない淋しさに胸を締め付けられる。どれほど豪華な部屋に泊まろうと、目の前にご馳走が並ぼうと、心の空白が埋まることはない。

そして、最終日。

彼はハワイ島のコナ沖でドルフィン・スイミングに参加した。ライフジャケットとシュノーケルとフィンを装着し、インストラクターのボートで沖に出て、イルカの群れと触れ合う。

だが、イルカに囲まれて遊ぶうち、どうしようもなく父のことが思い出され、水中メガネの奥で涙が止まらなくなった。

小学校に上がる前、誰とも喋らないのを気にした父が、わざわざ国境を越えてドルフィンセラピーに連れて行ってくれたことがあった。母がプールサイドで見守る中、父とインストラクターと三人でプールに入り、大きなイルカの背中に乗った。「父さん、イルカが俺のこと『大好き』って言ってるよ!」とはしゃぐ彼の身体を水中でしっかり支え、優しい笑顔で励ましてくれた。

イルカの感触はあの時と同じなのに、父はどこにもない。

海に沈めば会えるだろうか。

「よく来たね」と両手を広げて迎えてくれるだろうか。

彼は水中メガネとシュノーケルを外し、ライフジャケットのロックも解くと、イルカの背中から滑り落ちるようにして海中に沈んだ。
一メートル、二メートル、三メートル……。

ふと目を開くと、太陽の光が水面に反射して、教会のステンドグラスのように見える。ああ、やっぱり海の底が天国だ。父もきっとそこで待っているに違いない。
やがて手足が痺れ、胸が潰れそうになったが、もうすぐ父に会えると思えば怖くない。

苦しい。でも、あともう少し――。

ところが、海中深く泳いでいたイルカが突然彼の身体を突き上げ、あっという間に水上に運んだ。一匹、また一匹と、彼の方に寄ってきて、代わる代わる彼のお尻を突っつく。その度に彼の身体はゴムボールのように跳ね、潜水どころではなくなった。

激しくむせながら、ようやくイルカの背中にしがみつくと、異変に気付いたインストラクターが慌ててボートを寄せ、彼を引き上げた。彼がライフジャケットを付けていないことに気付くと、「おかしいな、どうして外れたんだ」と首を傾げたが、彼は毛布にくるまり、カタカタと身体を震わせるだけだ。

海岸のカフェで待っていた母は、インストラクターから「海で溺れた」と聞くと蒼然とし、午後の予定を全てキャンセルして帰り支度を始めた。

プライベートジェットの中で、彼は軽く夕食を済ますと、疲れた身体をシートに横たえ、うつらうつらした。身体は鉛のように重いのに、神経は冴え、なかなか眠りに就くことができない。何度か寝返りを打ち、ようやく気が遠のきかけた時、彼が寝入ったと勘違いしたジャン・ラクロワがワイングラスを傾けながらぽつりと言った。

「なかなか気難しい子だね。わたしもいろいろ気遣っているが、どうしたら心を開いてくれるのか。君の息子だから、もっと素直で明るいと思っていた」

「素直で明るい子なのよ。今も父親の死から立ち直れず、心が塞いでいるけれど、本当は太陽みたいに溌剌としてるのよ。ただ、何かにつけて時間がかかるの。
心を開くのも、新しい環境に馴染むのも。どうか長い目で見てやって」

だが、ジャン・ラクロワは納得がいかぬようにワインを口にすると、

「君の前の夫は、少々甘やかし過ぎたんじゃないか」

と耳を疑うような事を口にした。

「いつもべったりくっついて、子供に闘うことを教えなかった」

だが、もっと耳を疑ったのは、それに続く母の言葉だ。

「そういう部分もあったかもしれない。でも、この子は幼い頃から特別なの。誰かがいつも気を付けて見てないと、心が閉じてしまうのよ。だから、あの人がいつも側に付いて、手取り足取り教えてきたの。自分の愉しみも後回しにして、朝から晩まで気に掛けて……」

「だが、世間ではそういうのを『甘やかし』と言うんだよ。手取り足取り世話した結果がこれだ。いつまでも赤ん坊みたいに背を丸めて、ろくに話もしない。何をするにも助けが必要な子供と分かって、どうして置いていったりしたんだ。父親として無責任じゃないか」

「誰も自分が洪水で死ぬなんて考えないわ」

「そうかね。聞いた話じゃ、堤防は決壊寸前で、避難勧告が出ていたというじゃないか。そうと分かって現場に戻るなんて、とても賢明とは思えんがね」
ジャン・ラクロワが侮蔑するように言うと、母も押し黙り、彼も毛布の端を握りしめた。

甘やかし。

無責任。

思ってもみなかった言葉に、頭の中がガンガン鳴り響く。

そして、なぜ母は強く言い返さないのか。

喧嘩してでも「父は正しい」と主張しないのか。

家に帰ってからも彼は塞ぎ込み、何かにつけて母に突っかかった。

母はひどく心配し、高価なサプリメントを飲ませたり、別のクリニックに連れて行ったり、時には有名なサッカー選手を自宅に招いて気を紛らわせようとするが、そんなもので心が晴れるわけがない。

父さんを返せ。

今すぐ、父さんの所に行って、どうして俺を置いて堤防に戻ったのか、納得いく理由を聞いてこい。

彼が荒れる度に母は動転し、やれ医者だ、セラピストだと大騒ぎした。中国から生薬を取り寄せ、専属の栄養療法士を雇い、何万ユーロもする*38フローティングタンクも購入しようとしたが、そんなものが父の代わりになるわけがない。しまいに母が中世の祈祷師みたいに見えて、その非科学性が余計で彼を苛立たせた。

だが、激情が過ぎると、父との約束が思い出され、「自分が悪い子供だから、父は懲らしめる為に遠くに行ったのだ」という罪悪感に苛まれる。

朝目覚めても何の救いもなく、父に置き去りにされた悲しみだけが胸に突き上げる。

せめてぐっすり眠ることができたら、どれほど気持ちが楽になることか。

誰でもいい。

誰か、俺を助けてくれ。

目次
閉じる