イデオロギー VS イデオロギー ~二つの正義と紛争メタルについて

目次

【社会コラム】 世界を荒らす二つの正義

世界が荒れる理由は一つしかありません。

相対する二つの意見が、どちらも『正義』だからです。

もし、窃盗や詐欺のように、一方の不正が明白であれば、そんな論争はすぐに終結するでしょう。

誰がどう見ても、盗み、騙す方が悪いからです。

しかし、イデオロギー VS イデオロギーのように、どちらが絶対正義ともいえず、双方に言い分がある場合は、簡単に裁きを下すことはできません。

私たちはどうしたって自分の信じるものには贔屓目になるし、自分と異なる考えは間違いと決めつけがちだからです。

一つの正義が立てば、その対岸に、必ず相反する正義が立つ。

未来永劫、その構図は変わりません。

多くの争いは、善悪ではなく、力の強弱によって決着がつきます。

象と蟻が争って、たとえ蟻が正しくても、象の方が強ければ、象が正義の側に立ちます。

映画『ブレイブハート』でも、冒頭で「歴史は常に勝者の側から語られる」という台詞がありましたけど、果たしてどちらが正しかったかは、検証に検証を重ねても、あっさり黒白がつくものではないでしょう。みな、自分は正義の側だと信じている。自らの主義主張を離れて、物事を俯瞰する知力があれば、そもそも悲劇など起こりようがないと思いませんか。

本作では、宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐり、その一大産地であるネンブロットのニムロデ鉱山を手中に収めた巨大企業ファルコン・マイニング社と、彼らの一党支配に技術で対抗すべく、海底鉱物資源の採掘に乗り出したMIG(マクダエル・インダストリアル・グループ)の挑戦が描かれます。社会的、人道的には、MIGの方が正しいことをしている――と、誰もが思うでしょう。

しかし、鉱業局の調査員に言わせると、ファルコン・マイニング社も、彼らの横暴に異議を唱える人々も、ネンブロットの鉱山労働者の犠牲の上に成り立っている事実に変わりありません。どちらが正義を主張しようと、使い捨てにされる鉱山労働者から見れば、同じ責を負っているのです。

正義は、相反する『悪』の存在があって初めて、正義となり得る部分があります。

正義にこだわることは、悪の存在を際立たせることでもあり、そのことが事態をいっそう複雑かつ深刻にしているのではないでしょうか。

そうではなく、どちらの側でもない、真ん中の平原に立てば、新しい道筋が見えてくる……とういのが鉱業局の調査官の教えです。

【小説の抜粋】  相対する二つの正義 ~罪の平原に立てば、みな同じ

海洋情報ネットワークの構築が着々と進む中、鉱業局のマイルズ調査官が採鉱プラットフォームの視察にやってくる。

先だって、ファルコン・マイニング社のロバート・ファーラー社長が公共放送でMIGと採鉱プラットフォームを「開発事業の独占」と揶揄し、それに追随するような批判記事が一般紙に掲載されたからだ。

鉱業局はファルコン・マイニング社の言いなりという噂もある。

現場に動揺が広がる中、ヴァルターは、アル・マクダエルの指示で調査に随行する。

だが、調査官と話すうち、ヴァルターは川越しに睨み合う「二つの正義」に気付き、フラットな物の見方を教えられる。

それはまたアステリアにおける彼の立ち位置を示唆するものでもあった。

その夜遅く、ヴァルターは一人甲板に出ると、懐かしいムーンプールに足を向ける。夜間照明に照らされ、真夏のクリスマスツリーのように輝くタワーデリックの横を通り過ぎ、ムーンプールの近くまで来ると……

【リファレンス】 第三国を巡る鉱業問題と紛争メタル

鉱業問題が手軽に分かる『コルタン狂想曲』と『ブラッド・ダイヤモンド』にもあるように、第三国で産出する稀少金属が武装勢力の資金源となり、採掘現場では、労働者や子供の人権侵害が横行している、というのは有名な話です。それでも私たちはスマホやPCや電化製品を使い続けるし、現代文明を手放そうとはしません。誰が何を主張しようと、こうした場所から見れば、正解も悪もなく、我々はひたすら消費するだけ……というのがマイルズ調査官の主眼です。

海洋SF MORGENROOD -海と恋の物語-
文明の根幹を成す鉱業と現代の鉱業問題 | 海洋SF MORGENROOD -海と恋の物語- 豊富な鉱物資源が武装勢力の資金源にもなっている現実を伝える動画ドキュメンタリーを紹介。社会コラム『文… 無料のオンライン小説。海洋科学をテーマにしたフィクション...
目次
閉じる