一度死んだ価値観はそう簡単に蘇らない

『道徳』の授業が好きだった。

ぼーっと教科書を眺めているだけで、時間が過ぎていったからだ。

『道徳』は国語・算数・理科・社会で埋め尽くされた時間割の中で、一点花咲くオアシスだった。

文系はともかく、理数系になるとたちまち自信をなくす私にとって、集中を要さない道徳の授業は唯一の息抜きだったからだ。

ただ、道徳の教科書には、むず痒い美談が多く、ちょっとスクエアな感覚の生徒には耐えがたい部分もあったが。

しかし、今となっては、あの『むず痒さ』が懐かしい。

大人になれば、美しい話など、めったに聞かせてもらえるものではないからだ。

どれほど愛や努力を嘲笑っても、本当に幸せになりたければ、結局、そこに行き着かざるをえない。

道徳が完璧に正しいわけではないが、人の世の幸せが個々の善意によって成り立っているのも本当だからだ。

なのに、今時の小学校や中学校は、道徳の授業をやらないという。

というより、『道徳』という言葉自体が、消滅しかかっているとか。

かつて「神は死んだ」とニーチェは言った。

オレたちが神を殺したのだと。

では、道徳を殺したのは誰?

誰がその価値を殺滅したのだろう?

今更のように道徳復古を叫んでいる人たち。

死んだ人間が生き返らないのと同様、一度死に追いやった価値観もそう簡単には蘇らない。

目次
閉じる