幸福な笑顔を世界に伝播 映画『ミニオン』とファレル・ウィリアムスの『Happy』

目次

『ミニオン』とファレル・ウィリアムスの『Happy』

何を隠そう、わたくし、ミニオンの大ファンです。

すべてが可愛く、すべてが愛しい。

頭からパクパク食べたいくらい。

見ているだけで、幸せな気分になれます。

そんなミニオンの魅力をぎゅっと凝縮したようなヒット曲が、ファレル・ウィリアムスの『Happy』。

有志による日本語歌詞付きはこちら→https://youtu.be/brUH4yZyWhw

ビデオに登場する、私の好きな幸せさん。

夜に働くおじさん。
ファレル・ウィリアムス Happy

ただ者ではない、子ども

ファレル・ウィリアムス Happy

笑顔と共に心も弾む。
ファレル・ウィリアムス Happy

見事なフェッテ。
ファレル・ウィリアムス Happy

学生時代を思い出す、夜の車パーティー。
ファレル・ウィリアムス Happy

怪盗グルーの恋とHappyな気分

映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』では、ファレルの『HAPPY』が効果的に使われています。

心やさしい怪盗グルーは、やさぐれた独り者。

「どうせオレのことを好きになってくれる女性なんか、おらへん」と、へそ曲がりな事ばかりして、ますます周囲から浮いてしまいます。

そんなグルーも、やり手の女性エージェント、ルーシーと出会い、心を通わせるようになります。

恋なんか、すっかり諦めていたグルーも、ルーシーに好意を打ち明けられて、すっかり有頂天。

恋の予感に心も弾み、町中の人に優しさを振りまきます。

ああ、恋の始まりって、本当にこんな感じ……と、誰もが懐かしく感じるのではないでしょうか。

怪盗グルーとミニオンは、子供向けの作品ですが、その愛らしさは大人の心にいっそう響きます。

トコトコした歩き方。

意味不明の言語。

大人の目にはつまらない事でも、受けて、大笑いする感性。

制作者は、子どもの一挙一動、何気ない表情や仕草まで、非常によく観察していると思います。

ウォーターサーバーの場面など、何が面白いのか、大人にはさっぱり理解できないけど、幼子って、本当にこんな感じ。

水がこぼれては笑い、舐めては笑い、ひたすら笑い続ける。

笑いこそ、子どもの養分であり、幸福の原点。

ミニオンは大人の乾ききった心に活を入れる(?)、素敵な作品なのです。

怪盗グルー&ミニオンのDVD

笑福亭鶴瓶師匠の吹替は賛否両論あるようですが、私は非常に気に入ってます。
どこか素人っぽい語り口調と、とぼけた声色が、グルーの雰囲気にマッチしてるから。
女の子を演じた芦田愛菜ちゃんの声の演技も可愛いし、個人的にはやはり第一作目の『月泥棒』が一番好き。

怪盗グルーの月泥棒 [Blu-ray]
出演者  声の出演:笑福亭鶴瓶(スティーヴ・カレル) (出演), 芦田愛菜(エルシー・フィッシャー) (出演), 山寺宏一(ジェイソン・シーゲル) (出演), ピエール・コフィン、クリス・ルノー (監督)
監督  
定価  ¥945
中古 37点 & 新品  ¥346 から
(0 件のカスタマーレビュー)

女エージェント、ルーシーとのロマンスと『Happy』の名場面が素晴らしい『危機一髪』もおすすめ。
ミニオンがいっぱい出てくるので、ミニオン好きにはたまらない(;´Д`)ハァハァ

Spotifyのサウンドトラック

『Happy』が収録されている『ミニオン 危機一髪』のサウンドトラック。Happy以外にも、CeeLo Green の『Scream』もおすすめ。

こちらは『ミニオン 月泥棒』のサウンドトラック。エンディングに流れる、ロビン・シックの『My Life』もおすすめ。こちらも清々しい気分になれます。

こちらは私の作成したMinionsの音楽リスト(*^_^*)
経時的に並んでいます。

目次
閉じる