LOVE LOG 恋と生き方のエッセー

Tagママの気持ち

子育てとは子供時代をもう一度生き直すこと ~映画『ファインディング・ニモ』より

映画『ファインディング・ニモ』は、2003年に封切られたピクサーのアニメです。 臆病なカクレクマノミのマーリンは、妻のコーラルと珊瑚礁の新居で幸せいっぱいに暮らしていました。ところが、獰猛なバラクーダに襲われ、コーラルも、たくさんの卵も、食べられてしまいます。...

「反抗期」という言い方を止めればいい

うちの子はもうすぐ二歳半になります。 いわゆる「反抗期」のまっただ中ですが、うちのは反抗などしてません。 単に自己主張することを面白がっているだけ。 それが大抵、こちらの意に反するというだけで、親を困らせようとか、傷つけようとか、悪意をもってやっているわけではないです。...

自尊心を育む ~本当に幸せな子供に育てる為に

「自尊心」と言うと、「自信過剰」や「傲慢」といった悪いイメージを連想する人もありますが、自尊心とは、文字通り、心をもった一人の人間として自分自身を尊ぶことです。その中には、権利や社会的役割も含まれます。自尊心(あるいは自己肯定感)がなければ、人は何をしても不安で、満たされず、劣等感に苛まれるように...

子供は「いい親」より「アナタ」が好き

「いい親になろう」と頑張るママは少なくないですが、いい親になれば、子供に愛され、自分も我が子を愛することができるのでしょうか。子供が好きなのは、いい親ではなく、あなたという人間です。「いい親」ではなく、あなたという人間と触れ合い、思い出を積み重ねたいのです。

子供にとって『最高の贈り物』とは?

前に、何かの本で読みました。 子供にとって最高の贈り物は、夫婦が愛し合っていることだと。 私も子供の頃、両親が仲良くしている姿を見るのが一番好きでした。やれケツがでかい、屁が臭い、といった話でも、両親の間に笑いがあるだけで、安心して家に居られたものです。...

子育てが辛い時 ~加藤登紀子の言葉

「夕暮れの市場を歩いていて、ふと子育ての時代を思い出し、 懐かしくて嗚咽してしまうこともあるの。 もう、あの暮らしは戻ってこないって」「子供と歩いた道、一緒にお風呂に入った日々、 子供がいるだけでほかのすべてのことが消えてしまう、 そういうひたむきな時間がこんなにも懐かしい」

「いい子」って、誰が決めるの?

大人は普通に「いい子」という言葉を口にしますが、いい子か否かは誰が定義するのでしょう。もしあなたが一所懸命に頑張っているにもかかわらず、「いい親じゃない」と決め付けられたらどんな気持ちがするでしょうか。いい子とは多くの場合、大人にとって都合のいい子を意味します。

貞子の『リング』 ~「自分さえ良ければ」の連鎖

鈴木光司のベストセラー『リング』では「自分さえ良ければ、他人はどうなってもいい」という利己的な理由から呪いのビデオがどんどんコピーされます。自分のやりたいことをやってママが輝けば、子供も幸せなはずという考え方は本当に正しいのかを考察するコラム。

LOVE LOG 恋と生き方のエッセー

カテゴリー

タグ

最近の投稿

PAGE TOP