LOVE LOG 恋と生き方のエッセー

Tag恋の処方箋

大いなる存在を感じよう ~自分で解決できるという万能感を捨てる

私たちは自分自身でものごとを自由に考え、選択することができます。目標に向かって前進していくエネルギーを持っています。「自分」という特別な存在の中に、すべてが完璧に保たれているのです。私たちが前に歩き、ものごとが常に変化していくのも、正しいことなのです。

恋愛依存も心の病い ~自覚があれば、救いもある

相手と離れ離れになっているのが耐えられないとき、恋愛に夢中になっているとき、恋愛を中毒とみなすのは難しいものです。相手と二十四時間一緒にいたいと思う人は、自分が抱えている恋愛以外の悩みから逃避する手段として、恋愛を利用しているにすぎないのです。

「さよなら」は、新しい始まり ~人間関係も変化するのが当たり前

雪におおわれた厳しい冬のあとには、新しい生命が芽吹く春が訪れます。同じように、終わりのあとには必ず再生が訪れるのです。この過程を信じ、前進してください。私たちが思い切って一つの「別れ」を決断したときに初めて、私たちはつぎの愛を自由に選択することができるのです。

ありのままの相手を受け入れる ~人は変わらないし、変えられない

だらしない人にきちんとしろと命令したり、活発な人に静かにしなさいと言ったりして、強制するのはやめましょう。相手の幸運を祈り、気に入らない部分も受け入れてください。相手を変えようとするのはやめることです。受け入れる努力を重ねるうち、愛も深まるものです。

相手にしたことは自分に返ってくる ~カップルは合わせ鏡 相手は自分に、自分は相手に似る

「信頼を裏切るようなひどい扱いばかり受けている」と感じると、私たちは苦痛を覚え、相手を恨んだり、憎んだりします。しかし、それはあなたが以前とった行動が、めぐりめぐってあなたの元に戻ってきているだけなのです。すべての原因は、あなたが以前とった行動にあります。解説【カップルは合わせ鏡 ~相手は自分に、...

男女関係の基本は安らぎにある ~暴力をふるわれている人へ

彼に対して常に萎縮しているようならば、あなたは彼から感情的な暴力を受けています。そもそも私たちは、「私は尊重されている。相手にとても大切にされている」と感じていなければなりません。相手より自分のほうが下の人間であるように感じてはならないのです。

相手のために何かをしよう ~与えるとは「心」と「時間」を捧げること

いまは彼のために何かをしてください。いったい誰のために、何をすればいいのか、そしてどんな方法で実行すればいいのか、よく考えることが大切です。「私はあの人にものすごく尽くしている」それがほんとうに相手のためになっているのかどうか、よく考えてみてください

幸福があるところには不幸もある ~人生のバランスを取ることが大事

人生に起こることは、天秤の右と左にすべて分かれてのっています。幸福があるところには、必ず不幸もあります。善があれば、悪もあります。それを少しは受け入れる努力をしましょう。 そうすれば、人生は自分で勝手にバランスをとり、うまく流れはじめるのです。

LOVE LOG 恋と生き方のエッセー

カテゴリー

タグ

最近の投稿

PAGE TOP