自分らしい出会いを大切にしよう

この記事について
好きな人と結婚できれば「成功」と思い、失恋したり別れたら「失敗」と思う。結婚できなかったら負け組なのでしょうか。恋愛の意義は、人の心を知り、自分の生き方を見つめ直す点にあります。幸せな恋愛とは、どれほど心の体験を重ねたかで決まります。

自分らしい出会いを大切にしよう
Aさんは、20代半ばに相手から一方的に婚約解消され、ずっと辛い思いを引き摺ってきました。

でも、32歳を過ぎた頃から「やっぱり結婚したい」と思い立ち、結婚情報サービスを利用したり、周りの人に「いい人がいたら、紹介してください」と積極的に働きかけ、34歳の時、職場に出入りしていた他部署の上司の紹介で良い方に巡り会い、めでたく結婚されました。

その時、「あんな事までして、みっともない」「彼女は結婚に焦りすぎ」と陰で笑っていた人たちは、今もみな一人です。

出会い方に「こうしなければならない」「こんな方法は間違い」という道筋はありません。

いい人に出会いたければ、自分に合ったやり方で、積極的に行動すればいいのです。

「自然な出会いでなければ嫌」とか「周りにバカにされたらどうしよう」とか、一つのやり方にこだわったり、周りの目を気にしては、チャンスも掴めません。

ボランティアに参加したり、スクールに通い始めたりすることが、直ちにいい出会いに結びつくわけではないですが、そこで身に付けた知識や技術、未知の事にチャレンジする勇気は、その後の人生を大きく支えてくれるはず。

恋愛も、仕事も、結婚も、積極的に取りに行った人が運を掴むものです。

「自分はこれでいい」と思っている人でも、いつかは、自分の将来や生き方について、真剣に考えなければならない時が来ます。

その時、自分と正面から向き合って、積極的に道を切り開いていくか、なあなあで流されて、言い訳を重ねて終わるかは、あなた次第です。

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる