恋愛関係における変化を恐れない ~どんな仲好しでもつまづくのが当たり前~

sanmarie*com 恋と女性のライフスタイル
about
人間関係は好意で始まっても、様々な出来事を経て、次第に変化するものです。時には相手に失望したり、怒りを感じたり。その都度、二人でじっくり話合い、妥協点を見つけて、こじれた関係を修復する点に恋愛の意義があるのです。本当に二人の関係が終わっているなら喧嘩も話合いもありません。ぶつかるのは関係が生きている証です。
目次

変化を恐れない ~好みも関係性も変わるもの

どんな情熱もいつかは冷めます。

遠目には完璧に見えた人も、よくよく付き合ってみれば、いろんな欠点が目に付くものです。

永遠に変わらない人や好意はこの世に存在しません。

だからこそ、良好な関係を築くには、相手に対する想像力と思いやりが必要なのです。

たとえば、真冬に「かき氷、食べよう」と誘ったら、みな嫌がりますよね。

それはあなたに魅力がないからではなく、真冬にかき氷が食べたい人はないからです。

でも、相手に対する理解や配慮が欠けている人は、それが分かりません。「優しく誘ったのに断られた。許せない」と相手を責め立て、嫌われるのです。

どんな恋愛関係も、季節が変わるように、二人を取り巻く状況は変化しますし、相手の好みも変化します。

以前は好ましく感じられた気遣いも、今は余計なお節介かもしれませんし、繁華街でデートするよりは、近場をのんびり散歩することを好むようになるかもしれません。

でも、それはあなたに対する気持ちが冷めたからではなく、相手の求めるものが変わっただけです。

夏は冷たいかき氷が好きな人も、冬になれば、温かいぜんざいを好むように、誰の気持ちも状況に応じて変わります。

にもかかわらず、最初に出会った頃のノリで、真冬に「かき氷、食べよう」と誘うから、無神経な女性と嫌われてしまうのです。

愛とは、あなたが思い描いているより、ずっと流動的です。

相手をしっかり観察し、時に譲歩する柔軟性が必要です。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




以下はウェブ版のオリジナルです。参考にどうぞ

安定した関係ほど多くの努力を必要とする

初めて彼氏ができた人によくある勘違い。

どんな情熱もいつかは冷めるし、毎日顔を合わせていれば、ときめきも失われます。

あれほど熱心だった彼が、まるで潮が引くように静かになって、「嫌われたのではないか」と不安になる人もあるでしょう。

でも、人間関係は刻一刻と変化するもの。

すごく好きな時もあれば、ちょっと距離を置きたい時もあります。

去年も、今年も、来年も、ずっと同じということはありません。

草花と同じで、人間も成長する限り、気持ち、考え、暮らしぶり、刻々と変わるのが当たり前なんですね。

多くの女性は彼との関係に安定性を求めますが、安定した関係ほど多くの努力を必要とするものです。

何を言っても許されて、、ありのままの自分が愛されることなどありません。

ありのままの自分が通用するのは、お互いにいたわり合い、支え合う気持ちがあってこそ。

相手の気持ちや考え方が変わり始めた時に、「前はこうだったのに」「そんな人とは思わなかった」と、自分の理想を押し付けても、安定した関係など育まれません。

そうした変化を受け入れて寄り添うか、あるいは、ここが分かれ目と判断するか、絶えず、相手の心と行動を見て、自分自身も変わっていかなければ、どんな熱愛カップルも決して長続きしないのです。

波風が立つのは、関係が生きているから。

喧嘩するのは、心がちゃんと触れ合っている証。

仮面夫婦には会話さえありません。

目次
閉じる