結ばれるばかりが恋ではない

この記事について
『結ばれるだけが恋じゃない』結果ばかり追い求めてると、自分自身はもちろん、相手の心も見失います。そのうち相手を自分の思う通りに操作しようとして、よけい事態を悪化させるかもしれません。先が見えないからこそ、結果にこだわらず、『今』というこの瞬間を楽しむことが大切なのです。

原哲夫氏の時代劇漫画『花の慶次』(作:原哲夫)に、戦国の定めによって思いを遂げる事ができなかった武士に対して、主人公の慶次が『結ばれるだけが恋じゃないさ』と慰めるシーンがあります。

恋を語った言葉の中で、私が特に気に入っているものの一つです。

恋をして交際が深くなると、誰もが、

「この先、私たちはどうなるの」

「彼は将来の事をどれくらい真剣に考えているの」

といった不安にかられるもの。

中には結論を急ぎ過ぎるが為に、彼に同棲や結婚をほのめかし、それが原因で別れに至ったり、気まずくなるカップルも少なくありません。

しかし、結ばれるばかりが恋ではありません。

恋に結果ばかり追い求めると、自分自身はもちろん、相手の気持ちも見失います。

物事を自分の思う通りにコントロールしようとして、余計で事態を悪化させるかもしれません。

先が見えないからこそ、結果にこだわらず、『今』というこの瞬間を楽しむことが大切なのです。

物事には、成就するにふさわしい時期があり、プロセスがあります。

どうあがいても動かない時は動かないし、人生には、じっと嵐が過ぎ去るのを待つしかない時期もあります。

その度に「こんな辛いことには耐えられない」と自分から投げ出し、新しい出会いに期待しても、上手くいきません。

それより、恋愛中に、自分が感じたり、考えたりしたことを大切にしましょう。

大人の女性として成長し、相手にも感謝できたなら、たとえ失恋に終わっても、とても誇らしいことです。

私たちは目隠ししながらマラソンしているようなものです。

その道がどこまで続いていて、どこで折れ曲がっているのか。

先にはどんな障害物があって、どんなゴールにたどり着くのか。

今、自分がどの地点を走っているかさえ、本人には分かりません。

分かるのは、先の見えない道と、必死で走る自分の息づかいだけです。

目隠しが取れて、道の全容が見えるのは、まさにゴールに辿り着いた瞬間なのです。

男女が出会ったら、結末は二つしかありません。

『結婚するか』『別れるか』です。

どんな人も、死ぬまで添い遂げられるのは『一人だけ』。

相手がその一人でなかったら、終わるのは自然な成り行きです。

もし、今の彼と別れることになっても、それは運命の相手に巡り会うための、一つのプロセスに過ぎません。

あなたの人生も、そこで終わりではないんですね。

ある意味、『先が見えない』というのは、神さまの情けです。

もし道の先が険しい坂になっていると分かったら、あなたは走るのを止めてしまうでしょう?

先が見えないからこそ、最後まで完走できる道もあります。

人生を変える出会いは、一つの道を走り終えた先にあります。

辛いと言っては途中で投げ出す人に幸せな結末はありません。

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる