「出会い」とは、外に向かって心が開かれていること

この記事について
「出会い」とは新しい人と知り合うことではなく、他人の魅力や優しさに気付くことです。相手の良さが分からないようでは、誰と知り合っても、真の出会いには至りません。他人に対して心が閉じていると、相手の良さに気付かないし、また相手にもあなたの良さは分かりません。人に対して心が開いていることが良き出会いの鍵です。

いい人も、素敵な出来事も、その価値が分かる人にしか訪れません。

どんな女性も素敵な出会いを夢見ますが、あなたの心が閉じていれば、目の前に素敵な男性が現れても、それと気付かず終わってしまいます。

相手の見た目や肩書き、周囲の噂などから「あの人はこうに違いない」と決め付け、人柄の良さに気付くこともなければ、内面を知ることもないからです。

また「どうせ私なんか」と劣等感に凝り固まって、心が閉じていると、相手もそれ以上、あなたに近づくことはないし、心の触れ合いが始まることもありません。

『出会い』とは、外に向かって心が開かれている状態を言います。

「高収入で、見た目も素敵な男性と知り合った」と浮かれても、ただ単に存在を知っただけ。

お互いの心が触れ合ってはじめて『出会い』と言います。

互いに、互いの存在が心に残るから、「出会い」として記憶に刻まれるのであって、相手の名前や勤め先を知っただけでは、出会いのうちに入らないんですね。

いい出会いが欲しければ、まずは人に興味を持ちましょう。

異性、同性、老若男女を問わず、優しい眼差しで見つめ、人間というものを理解することです。

あんな人はいや、こんな人はいまいちと、杓子定規で計っても、相手の良さなど決して分かりません。

あなたが「ダサい」と感じる人にも、思いがけない強さや賢さが秘められているかもしれないのです。

あの人はこうだと決め付け、心を閉ざしている限り、どんな素敵な男性と出会っても、交際が始まることはないのです。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




いい人との出会いは、その価値が分かる人にしか訪れません。

どんな女性も素敵な出会いを夢見ますが、あなたの心が閉じていれば、目の前に素敵な男性が現れても、それと気づかず終わってしまいます。

「どうせ、私なんか」と心が閉じている人に、相手の優しさは分かりません。

「どうせ、あんな人」と決めつける人も、人の良さを見抜くことはできません。

いい出会いに必要なのは、ハイスペックな男性に出会える場所ではなく、人の良さを見抜く知性や感性なんですね。

いい出会いが欲しければ、まずは人に興味を持ちましょう。

老若男女を問わず、やさしい眼差しで見つめるのです。

あなたが「ダサい」と決めつける人にも、思いがけない才能があるかもしれません。

今まで見過ごしてきたものの中にこそ、あなたの求める幸せがあるかもしれないのです。

周りの人の良さに気付かず、ぶーっと心を閉ざしていても、素敵な人とは巡り会えません。

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる