恋愛とは人との関わりを学ぶ機会 ~好きだから、真剣に考える

この記事について
恋愛が大事なのは人との関わりや人間の心について真剣に考える絶好の機会だからです。相手が彼氏なら「どうしたら上手くいくだろう」「愛とか幸せって何だろう」と必死に考えるでしょう。そのプロセスそのものが大切なのです。
目次

恋愛のメリットは相手の気持ちについて真剣に考えること

恋愛のメリットは、相手の気持ちについて真剣に考える点です。

例えば、部長に嫌みを言われたからといって、「どうすれば部長の愛が得られるのかしら」と夜も眠れないほど考え込む人はないですよね。ある程度は気にしても、「まあいいか」で受け流す人が大半だとと思います。

ところが、彼氏の一言になると、一大事件です。

「あれはどういう意味なの。私が余計なことを言ったから、怒らせたの? もうこれで終わりなの?」

あれこれ理由を考えたり、解決策を思い巡らせたり、必死になりますよね。

そして、それが人間に対する想像力を育み、機転や許容や気働きに繋がっていくのです。

恋愛に限らず、世の中は、思い通りにならない事ばかりです。

何も言わなくても、分かってくれる人もあれば、何度言っても分からない人もあり、自分一人なら楽々歩ける道程も、他人に振り回され、余計な心労を抱え込むのが世の常です。

しかし、一度でも真剣に人と向かい合い、自分以外の人間を知った人は強いです。

嫌なことがあっても、人間というのは、そういうものだと割り切れるし、またその先に許しや譲歩があることも知っているからです。

職場や学校の人間関係は軽くいなせる人も、相手が彼氏となれば、「まあ、いいか」では済まされません。

だからこそ、世間を渡る知恵もつくし、人生がいっそう面白くなるのです。

→ この記事はKindle版『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』に収録されています。




以下はウェブ版のオリジナルです。参考にどうぞ

人間関係は学校では学べない

女性にとって「恋愛」は、仕事や学業と同じくらい大事です。

中には「恋愛、恋愛って、気持ちワルイ。恋愛が全てじゃあるまいし、彼氏なんかなくても生きていける」という人もあるかもしれません。

しかし、この先の人生、一人で生きていくのか。

共に年を重ねるパートナーが欲しくないか。

欲しいとしたら、どんな関係を築きたいか。

自分は相手のために何ができて、相手には何を求めるのか。

・・等々。

真剣に考えることは、決して無駄ではありません。

むしろ、恋愛にはスクールも資格試験もないから、自分で一所懸命に考える点に価値があるのです。

では、なぜ恋愛について考えることが、人生の大きな転機になるのでしょう?

恋愛すれば、どんな女性も、彼氏のことを真剣に考えますね。

あの言葉の意味は?

なぜ返事がないのか?

朝から晩まで考えて、夜な夜な、タロット占いとかしている人もあるのではないでしょうか。

それだけのエネルギーを、隣のおじさんに注ぎますか?

職場の上司に嫌みを言われても、「気にしない」で済ませるのではないでしょうか。

ところが、彼氏となれば、大騒ぎ。

返事が遅い。

既読スルーされた。

些細なことが気になって、脳内で自家中毒を起こしている女性も多いはず。

しかし、見方を変えれば、それこそ成長のチャンスです。

「親しい間柄でも、こういう事を言ってはいけないんだ」

「この人は、ベタベタするより、そっとしておいた方が落ち着くみたい」

「距離感って、大事」

相手の態度や言動について、必死に考えるから、見えてくるものもたくさんあります。

そこでの気付きは、仕事、育児、その他の人間関係、様々な場面で生きてきます。

何も経験しない人より、経験の中で培ったものの方が、後々まで人生を支えてくれるんですね。

思いやりや、人との距離感だの、学校では教えてくれないことを、身をもって学ぶのが恋愛です。

失恋しようが、別れに終わろうが、人間について大きな学びができれば、それはとても有意義な恋なのです。

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる