戦時下の愛憎が埋まる 地雷の地 映画『ヒトラーの忘れもの』

戦時下の愛憎が埋まる 地雷の地 映画『ヒトラーの忘れもの』 #1000文字 映画評

愛憎が埋まる地雷の地 映画『ヒトラーの忘れもの』 #1000文字 映画評

目次 🏃

『ヒトラーの忘れもの』(2015年)

作品の概要

『ヒトラーの忘れもの』 - Land of Mine(地雷の地) / Under sandet (デンマークの原題)

監督 ; マーチン・サントフリート
主演 : ローランド・ムーラー(ラスムスン軍曹)、エペ大尉(ミケル・ポーフォルスゴー)、ルイス・ホフマン(セバスチャン)

ヒトラーの忘れもの(字幕版)
ヒトラーの忘れもの(字幕版)

あらすじ
第二次大戦が終結し、デンマークからドイツ兵が引き揚げていくが、海岸には大量の地雷が埋まったままだった。デンマーク軍は、ドイツ軍に罪を償わせるため、捕虜をかり出して、地雷撤去に当たらせる。その多くは10代の少年兵だった。
下手すれば即死、よくて重傷という、命がけの作業に、少年兵のグループを率いるラスムスン軍曹は神経を尖らせるが、いつか故郷に帰る日を心の支えに、懸命に地雷撤去に当たる少年たちの姿を見るうちに、ラスムスン軍曹の心に温かな感情が芽生える。
だが、デンマーク軍の方針は変わらず、少年達の身を案じるラスムスン軍曹はある行動に出る……。

戦時下の愛憎が埋まる 地雷の地

英語のタイトルは、『Land of Mine(地雷の地)』。

邦題の『ヒトラーの忘れもの』より、生々しく実状を伝えている。

確かに、「忘れもの」といえばその通りだが、忘れ物とは忘却のことであり、ヒトラーはデンマークの海岸に埋めた地雷のことなど決して忘れていない。

むしろ、自分の死後も、ドイツ軍の仕掛けた地雷で、デンマーク人も、連合軍の奴らも、みんな死ねばいい、ぐらいにしか思ってないだろう。

だから『ヒトラーの忘れもの』ではなく、『地雷の地』が正しい。

誰にとっても、これは「地雷」である。

さて、本作で少年達の父親代わりとなるラスムスン軍曹は、決して戦地の英雄ではないし、心ばえのいい兵士でもない。

映画の冒頭、傷だらけで行進するドイツ兵にも食ってかかり、祖国を蹂躙された憎悪をむき出しにする。

少年兵といえど、ラスムスン軍曹にとっては、敵国の兵士だ。可愛いわけがない。

ただ立場が逆転しただけで、少年兵に殺されたデンマーク人もいただろう。

戦争が終わったからと言って、即日、Love & Peace になれるはずもなく、それほど単純な問題ではないから、21世紀になった今でもナチスが、南京虐殺が、、と言い続けているのだ。

ラスムスン軍曹も、当初、少年兵を虐待する。

当然だ。

ドイツ軍が祖国にしたことを思えば、憎悪が湧いて当然である。

だが、腕を吹き飛ばされた少年兵が、「ママ! ママ!」と泣き叫ぶ姿を目の当たりにして、ほんの子供であることを思い知る。

戦争は大人の責任だが、子供には何の罪もない。

そうした気付きと心情の変化が、本作の見どころだ。

ハリウッド映画なら、ここで肩を抱き合い、くさい台詞の一つも吐いて、ジャジャーンと感動的な音楽が流れるのだろうが、ここはアンデルセンの国である。

そんな安っぽい真似はせず、アンデルセンの子孫らしく、詩的に物語は運ぶ。

どちらかといえば、台詞は少なめで、情景の中に重要なメッセージを描いている点が本作のポイントだ。

近所の住民との交流も、肩を抱き合うのではなく、笑顔のみである。

だが、その笑顔が全てを物語っている。

平和的解決に「ご高説』は必要なく、人間の良心と、ほんの少しの勇気が世界をより良く変えるのだ。

ドイツも、デンマークも、世界中の観光客で賑わう今、わざわざ過去の蛮行を蒸し返し、ドイツの、あるいはデンマークのレストランで、ちゃぶ台をひっくり返して、文句を言う人間はない。

連合軍も、同盟軍も、同じように酒を酌み交わし、観光名所で自撮りにいそしむ時代である。

そして、そんな時代をもたらしたのは、地雷の地で、命がけで地雷の除去に取り組んだ捕虜や少年兵、そんな姿を見て、少し心情を変えたデンマークの人々である。

それぞれが、どんな思いで、地雷撤去に当たったのかは分からない。(指揮した軍人も含めて)

ただ一つ、確かなのは、多くの犠牲の上に今の平和がある、ということだ。

戦時下の愛憎が埋まる 地雷の地 映画『ヒトラーの忘れもの』 #1000文字 映画評

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

正しい意見は人を安心させるが、魂までは救いません。 正しいことしか言えない人は、実は何も分かってないのでしょう。 私たちは人間の負の面を知り、寄り添うことによって、初めて人間として完成します。 光がこの世の全てではないのです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。
目次 🏃
閉じる