荒井由実『曇り空』 ~誰かに心惹かれても背中を向けたくなることがある

愛を拒まない ~出会いがないと嘆いている人へ
  • URLをコピーしました!
記事について

「きまぐれだって おこらないでね。本気で好きになりそうだから」荒井由実の代表曲『曇り空』をモチーフにしたイメージ・ポエム。好きだけど背中を向けたくなる気持ちを謳っています。アルバム『ひこうき雲』をSpotifyで紹介。

『曇り空』 ~誰かに心惹かれても背中を向けたくなることがある

誰かに心惹かれても、ふと背中を向けたくなることがある。

もっと自分を知って欲しいのに、どこか億劫で、相手の前から逃げ出したくなる。

怖いわけでもなければ、いい格好してるわけでもない。

好きだから、後ろを向いていたい。

相手を真っ直ぐ見つめられるほど、心が強くないから。

きまぐれだって おこらないでね
本気で好きになりそうだから

約束だけは気にしてたけど
急にやぶってみたくなったの

昨日は曇り空
外に出たくなかったの

人は孤独を嫌うけど、時に、心を守ってくれる。

会いたくない時は、会いたくない気持ちのままに、そっとカーテンを閉じればいい。

一人で静かに過ごしていれば、いつか人の笑顔が懐かしく感じられる日も来るだろう。

だから、今日は気まぐれを許して。

一人でいたい気持ちも分かって。

そうすれば、明日はまた笑顔で会えると思うから。

『曇り空』の魅力

『曇り空』は、ユーミンのカセットテープを作る時(昭和時代はそう呼んでいた)、一番最初に吹き込む曲でした。

煙るようなイントロから、ぐいぐい歌の世界に引き込まれます。

派手なフレーズがあるわけでもなければ、ぎらぎらした歌詞が差し込まれているわけでもない、まるで水に溶かした水彩画みたいに、ぼんやりした曲なのですが、何度聞いても飽きることがありません。

朝、目覚めた時の億劫な気持ちを、これほど見事に物語っている歌詞もまたとないと思います。

『曇り空』は、ユーミンのデビューアルバム『ひこうき雲』に収録されています。

1973年にリリースされ、バック・バンドは、未来の夫となる松任谷正隆氏をはじめ、YMOの細野晴臣、はっぴいえんどの鈴木茂、ドラマーで音楽プロデューサーの林立夫氏など、レジェンド級のミュージシャンが名を連ねています。

アルバム『ひこうき雲』は、アコースティックで、シンプルな作りながら、胸が痛くなるほどの映像美にあふれ、彼女の歌に自分の青春を重ね見る人も多いのではないでしょうか。

ほっとしたい時、優しい気持ちになりたい時に聞きたいアルバムです。

同時収録の『雨の街を』に関するレビューはこちら。
荒井由実『雨の街を』 ~ 誰かやさしく肩を抱いてくれる人に出会ったら

Spotifyで全曲視聴できます。

初稿  2010年3月9日

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

管理人にメッセージを送る

コメントする