ゾシマ長老– ドストエフスキーのキリスト教観を体現する高僧 –

三男アレクセイが心酔する高徳の僧。信徒からも熱狂的に慕われ、地元住民の心の支えであるが、高齢により死去。その際、イエス・キリストのような奇跡が起こらなかったことで、アリョーシャを打ちのめすが、生涯にわたり、心の指針となる。

1