幸せ待つ間が「幸せ」 フランツ・カフカの寓話『皇帝の使者』

女性 待合い

伝わるところによると皇帝はきみに――一介の市民、哀れな臣民、皇帝の光輝のなかではすべもなく逃れていくシミのような影、そんなきみのところに死の床から一人の使者をつかわした。

使者をベッドのそばにひざまずかせ、その耳に伝言をささやいた。

それでも気がかりだったのだろう。

あらためてわが耳に復唱させ、聞き取ったのちコックリとうなずいた。

そして居並ぶ綿々の前で、使者を出立させた。

使者は走り出た。頑健きわまる、疲れを知らぬ男である。

たくましい胸を打ち振り、大いなる群れのなかに道をひらいていく。

<中略> 

きみはまもなく、きみの戸口をたたく高貴な音を聞くはずである。

だが、そうはならない。

使者はなんと空しくもがいていることだろう。

王宮内部の部屋でさえ、まだ抜けられない。

決して抜け出ることはないだろう。

もしかりに抜け出たとしても、それが何になるか。

果てしのない階段を走り下らなくてはならない。

たとえ下りおおせたとしても、それが何になるか。

幾多の中庭を横切らなくてはならない。

<中略>

このようにして何千年かが過ぎていく。

かりに彼が最後の城門から走り出したとしても――そんなことは決して、決してないであろうが――前方には大いなる帝都がひろがっている。

世界の中心にして大いなる塵芥の都である。

これを抜け出ることは決してない。

しかもとっくに死者となった者の使いなのだ。

しかし、きみは窓辺にすわり、夕べがくると、死者の到来を夢見ている。

皇帝の使者 ~カフカ寓話集 (岩波文庫)より

一見、絶望的な状況だが、待ち続けるのも悪くはない。

何故なら、皇帝の使者を待つ間、人はどんな風にでも将来を夢見ることが可能だからだ。

多分、皇帝の使者は誰もが羨むような特命を帯びて、あなたの元に馳せ参じようとしているのだろう。

それは莫大な遺産かもしれないし、次の帝位かもしれない。

市井の人には、身に余る光栄である。

しかし、皇帝の使者が訪れ、世界が羨むような何かを持ってきてくれたとしても、それが本当にあなたを幸せにするとは限らないし、あなたが心底欲するものとも限らない。

何故なら、次に訪れるのは、この世の現実だからである。

皇帝の使者が永遠にやって来ないのも悪くはないし、来ないからといって悲観することもない。

もはや人生に夢見ることも、期待して何かを待つことも、なくなってしまう方が悲劇だからだ。

皇帝の使者は、実際にやって来るより、待っている間の方がうんと楽しい。

幸福とは、自分は幸福になると信じられる気持ちを言う。

Notes of Life

拾いの神は捨てられた後にやって来る ~自分を捨てることは一切の可能性を捨てること
「捨てる神あれば、拾う神あり」の諺を元に、「神に拾われるには、最初に捨てられなければならない」という幸せな考え方について綴っています。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる