そして、私の月に会いに行く ~JAZEBOO『Acapulco』 ロマンティックなジャズピアノ

ファンタジー 蝶と月
記事について

なぜかアルバム一枚で終ったロマンティックなジャズピアノ Jazeboo のヒット曲をYouTubeとSpotifyで紹介。曲をイメージした月と淋しい虫たちの癒やしの詩と併せて。

目次 🏃

【詩】 私の月に会いに行く

辛い時、悲しい時

太陽ではなく、月を見上げるのは何故だろう。

同じ天宮に輝く星なのに、太陽ではなく、月に救いを求めるのは……?


昼の中では 自分を知るのが怖くて

瞳を開くのも躊躇われる時も

月明かりの下なら

ほんの少し 自分の心を感じることができる

太陽には見せられないものも

月明かりの下なら

ほんの少し

そんな訳で

臆病な虫たちは月明かりの下に集い

一歩も先に進めない自分をほんのちょっぴり憐れみながら

もう少しましな明日を願ってみたりする

昼の世界にすっかり失望しながらも

まだ心のどこかで 愛だの 幸せだの 夢見ているから


そんな虫たちに

月もまた優しい

うるさすぎず 強すぎず

どこか ぼんやりした光の中で

虫たちはまぶたを閉じ 

ゆっくり羽を休めることができる

しんと静まりかえった夜の底で

いつまでも

いつか 誰かに気付いて欲しい

ここにも救いを待つ人間がいることを

『Acaplco』

淋しい魂に ひとつ ふたつ したたり落ちる

優しい光の音

YouTubeのコメントにも散見するけれど、どうして、これ一枚で終わったのでしょうね??

こんなに綺麗な曲を書くJAZEBOOがアルバム一枚で消える音楽業界。

深い事情があるのでしょうが、リスナーは置いてきぼりです(・_・、)

このアルバムは綺麗な曲ばかりで幾つかをピックアップするのが難しいほど。

これも、ぼっち感が漂って、メランコリーな気分の時におすすめ。

オーケストラのアレンジが宇宙的な広がりを感じさせる。

JAZEBOOの曲は、がっつり聴くタイプではないけれど、どれも隙がないというか、最初から最後までよく設計されていて、これぞまさしく『Smooth Jazz』という感じ。
これ一枚で終わったのが本当に不思議。
たまに無性に聞きたくなります。

Spotifyはこちら

誰かにこっそり教えたい 👂

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

『嘘は人間を弱くする』SNSの時代、嘘はすぐにバレるし、身元を特定されるのも早いです。 元同僚。元彼氏。元従業員。 アカウントの数だけ、人の口も存在します。 どれほど表面を取り繕っても、嘘はすぐにバレます。 正直で損するより、嘘がばれた時のコストの方がはるかに高くつきます。
目次 🏃
閉じる