『生き続けて行け。きっとわかって来るだろう』 ゲーテの格言より

自然 野原 木
記事について

ゲーテの格言をモチーフに生きる意味と希望について綴る心のコラムです。

われわれには理解できないことが少なくない。
生き続けて行け。きっとわかって来るだろう。

ゲーテ

「生きることに意味なんかない」

「生きていても仕方ない」

じゃあ、死ねばラクになるだろうか。

誰かにとって、特別な存在になれるだろうか。

それは多分、勘違い。

死ねば終わり。

後に何も残らない。

「生きていても仕方ない」と思うのは、誰にも愛されている気がしないからで、君自身にに問題があるわけじゃない。

君の命の可能性と周りの関心をごっちゃにしてはいけない。

一番大きな間違いは、「生きる」の反対語は「死ぬ」と思っていることだ。

死ぬことは、肉体の終わり。

周りの人にも、「死んだ人」として記憶される。

自分が永遠に消えてなくなるわけじゃない。

「生きる」の反対語は「あきらめる」。

望むことも、やり直すことも、全部あきらめることだ。

じゃあ、生き続けると、何かいいことあるの?

もちろん。

君があきらめない限り、答えは必ず見つかる。

人生の「いい事」とは、大金を手にしたり、素敵な恋人ができたり、他人に自慢することじゃない。

ある日、突然、心の目が開いて、生きることが「スッと」楽になることを言う。

「心の平安」とでもいうのかな。

ある瞬間から、不必要に苦しまなくなる。

そうすると、心が軽くなって、自分のことが好きになる。

たとえ愛されなくても、仕事がなくても、病気でも、「今、ここに、生きている自分」が、いとおしく思えるようになる。

その時、はじめて、「自分を愛する」という言葉の意味が理解できるようになるだろう。

そして、それが理解できたら、今まで「許せない」と思ってた人たち、君にイヤなことばかり言って苦しめる人たちのことも、どうでもよくなっていく。

そんな心を手に入れたら、もう怖いものもなくなる。

これ以上の財産があるだろうか?

生きるということは、誰かに勝利する為のものじゃない。

「発見」と「理解」のプロセスだ。

人生のRPGでは、ポイントをたくさん貯めた人より、あっちに寄り道、こっちで躓きしながら、いろんなアイテムを見つけた人の方が楽しいんだよ。

昔、ゲーテという偉い人が言ってたよ。

われわれには理解できないことが少なくない。
生き続けて行け。きっとわかって来るだろう。

世の中の本当に大事なことは、30年、40年と生き続けて、やっと理解できることの方がずっと多い。

たとえば、今の君に、親の気持ちなんて到底理解できないだろうけど、数十年後、君も人の子の親になれば理解するようになる。

10代や20代、どれほど理屈が立っても、理解してないことの方が多いし、何も分からないうちから、あれもダメ、これも間違いと決めつけて、人生を結論づけるなどナンセンスだ。

そう言われても、「何、言ってんだろう」としか思わないかもしれない。

だから、「生き続けて行け。きっとわかって来るだろう」

ゲーテはそう言って若い人を励ましたんだ。

いつか君が本当に理解した時、この言葉の重さを知るだろう。

「ああ、あの時、諦めなくてよかった」と心の底から思う日が来るはずだ。

その瞬間を「幸福」と呼び、その日を楽しみに生きることを「希望」と言う。

ゲーテ格言集

とても読みやすくて、読後感も爽やかです。小難しいことは何も書いてないので、すっと心にしみますヨ☆

自然 野原 木

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

『汝自身を知れ』 ウサギがライオンに憧れて、ライオンの真似をしても、決して上手くいきません。 ウサギはウサギの群れと仲良くするから、友だちもできるし、身の丈にあった暮らしを楽しむことができます。 自分がウサギかライオンか、どちらかを知ることは、幸福の基本です。
目次 🏃
閉じる