「怒ること」は悪ではない ~内なる感情を大切にしよう

「怒ること」は悪ではない ~内なる感情を大切にしよう
記事について

あなたは「怒り」をもっと大事にしていい。人間の気持ちの一つとして尊重していい。それをどう表現するかが問題であって、怒りそのものが悪ではないのです。怒りも尊い感情の一つと捉え、怒っている自分自身を大切にしましょう。「怒るのは悪いこと」と自分を否定する必要はありません。

世の中にはいろんなアドバイスが溢れかえっていますが、その多くは怒りや憎しみを否定し、感情をコントロールすることの大切さを説いています。

しかし、怒りもまた人間の感情の一つです。

悪いのは、相手に怒りをぶつけることであって、怒りそのものに罪があるわけではないんですね。

トーベ・ヤンソン原作のムーミンに、次のような名言があります。

「この人は怒ることもできないんだわ。それがあんたの悪いとこよ。『たたかう』ってことを覚えないうちは、あんたには自分の顔はもてません ――ミイ」

怒りは悪いものと思い込み、無理に押さえたり、自分を責めることは、自分で自分を蔑ろにするようなもの。本当に怒るべき時に怒りを表明せず、逆に、怒りを感じている自分に罪悪感を持つようになれば、周りにまで蔑ろにされるようになります。

怒りもまたあなたの心の一部であり、心が感じることに良いも悪いもありません。

問題は表現方法や処理の仕方であって、感情そのものが人間を不幸にするわけではありません。むしろ、怒っている自分を責めたり、自分で自分の怒りを蔑ろにすることによって、いっそう自己無価値感に陥ることもあります。

あなたはもっと「怒り」を大事にしていい。

怒りもまた人間の尊い感情の一つです。

自分の怒りを大事にすることで、他人の怒りにも寛容になれます。

誰かにこっそり教えたい 👂

子供の自立と親子関係をテーマにしたシリーズ記事です。
詳しくは『自立したい子供 VS 自立させたくない親』をご参照下さい。

自立したい子ども 自立させたくない親 子育てコラム

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧在住。石田朋子。amazonの著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる