成就の秘訣は『根気・本気・運気』 ~フジ子・ヘミングの『運命の力』より

about
波瀾万丈の人生で知られるピアニスト、フジ子・ヘミング氏の著書『運命の力(2021年現在『運命の言葉』としてリニューアル)』より、名言をピックアップ。CD紹介やNHKドキュメンタリーで紹介された頃の熱狂について綴っています。
目次

フジ子・ヘミング氏について

フジ子・ヘミング氏は、日本人の母とスウェーデン人の父の間に生まれました。

ピアニストである母からピアノの手ほどきを受け、ヨーロッパで華々しくデビューしようとした矢先、中耳炎で聴力を失います。

夢を絶たれたフジ子さんは、その後、ヨーロッパ各地を転々としながらピアノを弾き続け、母の死を機にようやく日本に帰国した時には30年余りの歳月が経っていました。

それからも細々と演奏活動を続け、質素な暮らしをしておられましたが、1999年、彼女の半生を綴ったNHKドキュメンタリー番組が大反響を呼び、一躍、世界に名を知られるようになりました。

心の底から語りかけるような独特のピアニズムは、現在も多くの聴衆を魅了しています。

フジコ・ヘミング 運命の言葉 (朝日文庫) Kindle版
フジコ・ヘミング 運命の言葉 (朝日文庫) Kindle版
日本人ピアニストの母、スウェーデン人の父を持ち、ベルリンで育った著者が歩んだピアニストへの道。デビュー直前に聴覚を失うが、希望を捨てず治療のかたわらコンサート活動を続け、演奏家として名声を得るまでの苦難を綴った自伝的エッセイと心に響く語録集。

著書『運命の言葉』より

※ 当方が引用している文章は、全バージョン『運命の力』に掲載されているものです。

運命は、いつか必ずやってくる

なにかを始めて、これで成功しようなんて思っているときは、ぜんぜん成功しない。
どうしてダメなんだって、ジタバタしながら思う。
それは、自分の才能とは関係がない。
天に運命を支配されているのだと思う。

運命は、誰にも公平。
必ずそうなるように決まっている。
人間の間で決められることではなく、天から運命を与えられる。
一匹の雀の命でさえ、神様に左右されているのだから。

運命は自分の力ではどうすることもできない。一生懸命こちらがやっても、扉は開かない。
だけど自分だけの力では開かない扉が、
ほかからのなんらかの力で「いま!」っていうときが、必ず来る。

そのいまのために、私たちは準備をしておかないといけない。
チャンスを逃さないように。
そのときになって、ああ準備していればよかったなあ、って後悔するかもしれないわ。

それは突然、部屋に強盗が入ってくるのと同じ。
運命もいつやってくるかわからない。

何かにつけて目立ったけど、それが芸術家には大事なこと

留学していた当時、ドイツ人の学生のなかでピアノを上手に弾ける人なんてひとりもいなかったから、妬まれて意地悪をされた。なにかにつけて私は目立ったけど、だけど、それが芸術家にとって最高に大事なことだと思っていた。

ドイツ語では「アパルト」っていうのよ。日本語で、アパートに住む、というのと同じ。一つの広間に人がいっぱいいるんじゃなくて、そこからは区別された存在でほかの人と全然違う風に見える。それが「アパルト」。

ほかのひとは別に、平穏無事、人並みでいることを望んでいればいいんじゃない。私はそういうの好きじゃないから。
苦悩の日々だったけれど、必ず自分の音楽にこれが表れると思い続けていた。

小学生の頃、学校の帰りに近所の子供達から「異人、異人」と石をぶつけられた。そのときのひがみはあるかもしれないけど、私は人と違う方がいいと思った。芸術家は人と違うことが大切だと、ヨーロッパで教えられた。

たった一匹の雀でさえ

聖書にこんな言葉がある。
「たった一匹の雀でさえ、神の思し召しなしに、この地上に落ちて息絶えることはない。まして人間は……」
ちっぽけなものでさえ神の思し召しなしには、この世に在ることはできない、ということ。

ただ毎日食べて、寝て、お金を儲けるだけじゃなくて、人生にはやるべきことが別にあると思うの。まわりのものに愛情を与えるとか、必ずその人にできることがあるはずなのよ。そうしてはじめて天国に行ける。それをみんな知らない。自分に利益を求めることばかり考えている人が多すぎる。

私の人生にとっていちばん大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させることだと思っている。自分の命は自分のためだけにあると思ったら大間違い。自分より困っている誰かを助けたり、たとえ野良猫一匹の命でも人はそれを救うために、命を授かっていると信じている。

なにもこわいものはなかった。正直にやれば大丈夫だと思っていた

正直にやっていれば、この世の中、必ず報われるって信じていた。
私だって、一から百まで正直に言っているわけじゃないけれど。
だけど世間には二つしか持っていないのを、八つに見せるような人が多いじゃない。

そうやって世の中を渡っていたら、終いには堕ちるわよ。英語にもあるじゃない「正直ものは必ず成功する」っていう言葉が。
真実は必ず勝つってね……。

いちばん悪いのは、相手をおとしめようとして嘘をついたりすること。そうすると負けるのよ。
なにもこわいものはなかった。
正直にやっていれば必ず大丈夫だって思っていた。

失意のどん底を救ってくれたのは猫だった

バーンスタインのおかげでウィーンでリサイタルを開けるようになったのに、その直後に風邪をこじらせて音が全く聞こえなくなってしまった。初日は弾いてみたものの満足な結果などだせるわけもなく、惨憺たる結末に終わった。

一流のピアニストになる夢は、砕け散った。もう終わりだと思った。私はなにも、悪いことをしていないのにと、どれほど呪ったか。

それからの日々は、ひとり部屋で泣く日も多かった。失意のどん底にある私を救ってくれたのは、猫だった。猫だけが、心の拠り所だった。

猫は純粋。決して人を裏切らない。人間みたいに陰険にヒソヒソとすることもしない。だから、一日中猫に話しかけていた。悲しいことも、楽しいことも、なんでも耳をかたむけて聞いてくれた。

当時、ピアノを教えていたからわずかな収入はあったけれど、お金を数えながらの毎日で、生活は楽ではなかった。それでも、自分の食べるものは我慢してでも、猫にごはんをあげた。生きる勇気を与え、いつも励ましてくれた猫の存在があっての、私だったから。

ファンレターに「あなたのピアノを聴くと泣けてくる」と書いてくる人がいる。この人たちはまだ涙が残っているんだ!なんて思う。私なんか泣きすぎて、一粒だってでてこない。涙が枯れちゃった。最近は猫が死んでも、一滴の涙もでないくらいよ。

人生なんて人に相談しても仕方がないことが多い

辛いことがあっても、私は負けなかった。いつかは、この状況から抜け出せる日が来ると信じていたから。だから不幸だって思ったことはないのよ。ドイツの黒パンと紅茶があれば、私は幸せだった。

電話も引けないくらいに貧乏だったけど、知り合いや友だちに愚痴った覚えもない。
人生なんて、人に相談しても仕方がないことが多い。

どうにみおやるせないとき、私はカフェで隣に座った見知らぬ人に愚痴っていた。ドイツ人って、人なつこいところがあるから、知らないもの同士でもよく話すのよ。そうすると「ふんふん」って黙って聞いてくれる。話すだけ話すと、けっこうさっぱりした。

人生はうまくいかないことのほうが、あたりまえ

ウィーンに住んでいた当時、日本から売り出し中のピアニストがやって来ていた。有名な指揮者との共演や演奏会ができるのは、音楽会社や鉱業会社など、大きな力の後押しがあってこそ実現できる。

私を認めて勇気をつけてくれた人は、みんな純粋でいい人ばかりだった。でも「じゃあ、どうすればいいの」って訊くと答えられない。言ってくれる人も貧乏で、なにもできなかったから。

ドイツでは才能よりもよっぽどのコネがないと、有名になることはおろか認められることも難しい。私には、そんなコネも後押ししてくれる力もなかった。

才能だけで、有名になろうなんてことはできない。人生はうまくいかないことのほうが、あたりまえ。でも、あきらめなかった。チャンスは、必ずめぐってくると、信じていたから。

『何もこわいものなどなかった。
 正直にやっていれば、必ず大丈夫だと思っていた』

フジ子・ヘミング 運命の力

【コラム】 成就の秘訣は『根気・本気・運気』 

中尊寺ゆつこさんの四コマ漫画『この人を見よ』に、こんな紹介文がある。

何故みんなフジ子に感動するのか。フジ子がピアノしかやっていないからだ。ピア ノ以外のほんの少しのことがあるとすればとても不器用。私たちは日々、ネットワ ークだ、パソコンだ、テレビだ、人間関係だ、人付き合いだ、買物だ、ブランドだ …など、本来の仕事には直接関係ないことにマルチに時間と労力を膨大に使う。もちろんそれも大切なのだが、フジ子の場合、時間とエネルギーの使い方はピアノを 弾く=95%、猫に餌をやる=3%、その他=2%くらいかな。

そこまで何かに熱中している何かの専門家はもちろんいるとは思う。しかしフジ子 は欲も家族もなく、その運命や生きてきた年齢、国籍なども考えるとやはり壮絶なものがある。フジ子・ヘミング、時代を越えて、芸術を手段として、私たちに大切 なものを訴えかけてくれる。

ウェブサイト『会社生活の友』(現在、このリンクは削除されています)

中尊寺氏の言葉通り、本当に幸せな人生、充実した人生というのは、その他一切に依らず、「それだけやっていれば幸せ」という心の状態だと思う。

趣味にしても、仕事にしても、「もっとお金が貯まれば」「ついでに旅行も行ければ」と、どんどん欲望も膨らんで、本業からかけ離れたところで消耗しがちだからだ。

上を向いても、横を向いても、いいなと思うものはキリがなく、「もう少し手を伸ばせば、手に入るのではないか」と欲望を刺激される。

本来、10で足りるものを、20、30と欲しがれば、いずれキャパシティをオーバーするのは必然で、それが手に入らなかった時の疲労感や不幸感もいっそう増大するのではないだろうか。

誰だって、家も欲しいし、地位も欲しい。

皆が羨むような人生を送りたいと思う。

だが、それ以前に、自分は本当は何がしたいのか、何が手に入れば満足なのか。そこを見失わないことが肝心だろう。

フジ子さんも、人生の途中で、中途半端に成功し、中途半端に欲しいものが手に入っていれば、これほど世間の注目を浴びたかどうかは分からない。

もしかしたら、ステージに立つことはできても、「あまたのピアニストの一人」として終わっていた可能性もある。

数々の不運に見舞われ、メインストリームから遠く離れた所で黙々と研鑽を積んだからこそ、今日の栄光があるのではないだろうか。

物事が成就するには、『根気・本気・運気』が絶対不可欠だ。

本気になっても、根気がなければ続かないし、根気があっても、運気がなければ、チャンスは巡ってこない。

また、運に恵まれても、根気がなければ何事も成せないし、根気をもつには、小さな事にも本気になれるものが要る。

「ピアノが弾けたらそれでいい」という人生は、地味に見えるかもしれないが、実はこれほど恵まれた人生はなく、多くの場合は、経済的、身体的、様々な理由から、「ピアノを弾きたくても、弾けない」という状況に追い込まれて、途中で終わってしまう。

フジ子さんにしても、ヨーロッパであれほど苦労されたにもかかわらず、「ピアノが弾ける生活を維持することができた」というのは、実は非常に幸運で、それゆえに、自らの天運を信じ抜くことができたのではないだろうか。

人それぞれ、どんな運が巡ってくるかは分からない。

一見、幸運に見えたことが、数年後には不幸な結果に終わることもあるし、乗り損ねたバスが数時間後には電柱に激突することもある。

いつ、どんな運が巡ってこようと、一番大事なのは、「自分は何ができれば幸せなのか」という問いかけだ。

それを忘れて、あれもこれもと欲を出した時、本来自分がもっていた天運にも見放され、悔いと徒労感だけが残るのではないだろうか。

CDの紹介

NHKドキュメンタリーで感銘を受けた後、すぐにCDを買いに走った人も少なくないのではないか。

日頃、低調なクラシック界においても異例のヒットとなり、TVでも連日のようにフジ子さんの弾く『ラ・カンパネラ』が流れていた。

時代は、1999年。

バブルが弾け、社会はリストラの嵐。

90年代半ばには、阪神大震災、新興宗教テロ事件と、不幸も相次ぎ、誰もが疲労していた。

そんな中、どん底から這い上がってきたフジ子・ヘミングさんの物語は、独特のピアノの音色と相成って、全国民の心を鷲づかみにした。

バブルの熱狂などで、長い間、忘れていた、苦難、忍耐、努力、生き甲斐といったものを思い出させてくれたからだ。

現在も聴覚低下があり、それは通に言わせれば、完璧な演奏ではないかもしれないが、フジ子さん自身が言っておられる「今にも壊れそうなラ・カンパネラがあってもいいじゃない」の言葉通り、音楽と名演は、もっと別のような気がする。

奇蹟のカンパネラ
奇蹟のカンパネラ
波瀾に富んだ人生がTVで紹介されるやいなや、それまでまったく無名だったベテラン・ピアニストの境遇は一変した。放送と時期を合わせて発売されたこのデビューCDは飛ぶように売れ、コンサートの切符はあっという間に売り切れた。そして、気がついてみれば日本のクラシック音楽界に遅咲きのスターが1人誕生していたのだ。
そのピアニスト、フジ子・ヘミングの演奏を聴いて気がつくことのひとつは、聴き手を疲れさせない音楽であるということ。テクニックをひけらかすように猛スピードで突進することはない。音の強弱をやたらに強調することもない。過度な自己陶酔を押しつけてこない。文章にたとえるとすれば、難しい漢字や熟語を使わずに、わかりやすく自分の思うところを述べた口語文とでもいったところか。それでいて、人の心をつかむ技は十分心得ている。音色はあたたかく、かすかにコケットリーを含んでいる。だから耳にやさしい。
タイトル曲になっている「ラ・カンパネラ」では、高音をきれいに響かせて、いかにも鐘の音が遠くからきこえてくるような雰囲気を出す。本来、名人芸を披露するには絶好の曲だが、彼女は決してその誘いに乗ろうとせず、ゆったりと構えている。そのおだやかな演奏が、少しレトロで「和み系」の演奏が、ギスギスしがちなわれわれの心にふっと触れてくる。「フジ子・ヘミングに癒される」という人が多いのはもっともだろう。(松本泰樹)

上記のアルバムとは異なりますが、代表曲が収録されています。

目次
閉じる