素敵な恋のあきらめ方 ~オスカルの失恋とフェルゼンの誠実

ベルサイユのばら

この投稿は、優月まりの名義で『ベルばらKidsぷらざ』(cocolog.nifty.com)に連載していた原稿をベースに作成しています。
東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

恋をして、何が辛いかといえば、その人をあきらめなければならない場合でしょう。

かといって、人を好きになったら、そう簡単に理屈であきらめきれるものではありません。頭では分かっていても、「もしかしたら」と期待して、側に寄ってみたり、背伸びして、いい所を見せたり。バカだなあと思いつつも、相手のことを追い求めてしまうものです。

そして、人を好きになったら、一番に望むのが、「相手に気持ちを伝えたい」ということでしょう。

振られると分かっていても、好きだということを言葉にして告げたい。

そして、その想いを受けとめて欲しい。

あれほど男として頑なだったオスカルが、美しいドレスを身にまとい、フェルゼンの腕に飛び込んだのも、あきらめるに、あきらめられない、一途な恋心ゆえだったんですよね……。

しかし、恋というものは、目くらめっぽうに相手に気持ちをぶつければよいというものではございません。

その想いが、相手にとって負担になるなら、別れを告げなければならない時もあります。

自分に正直であることと、相手を幸せにすることは、全く別の次元の問題なのです。

相手の気持ちや状況も考えず、「好き、好き」と気持ちを押しつけて、理解を求めるのは、恋ではなく、単なる我が侭ではないでしょうか。

恋とは、相手の幸せがあってこそ、美しく燃え上がるもの。

『エースをねらえ』の藤堂さん曰く、『恋をするには資格がいるのです』。

だから、フェルゼンに恋をしていたオスカルも、正面きって告白するような事はせず、あきらめる道を選びました。

マリーを愛する彼の心を尊重していたからです。

もし、オスカルがフェルゼンに「好きだ、分かってくれ」と迫っていたら、二人の友情はもちろん、彼の信頼も失われていたでしょう。

恋が報われない時は、その引き際で、女性の度量が分かります。

どんなに相手のことが好きでも、「相手に迷惑をかけない」というのが、素敵な恋のマナーではないでしょうか。

また、男性も、愛を返せないのに、相手に希望を持たせるような事を口にするのはNGです。

「恋人としては付き合えないけど、会って、食事をするぐらいならいい」みたいな事です。

オスカルの気持ちを知った時、フェルゼンはきっぱりと言いました。

もう永久に会うことはできないな

愛を返せないと分かったら、せめて相手が恋慕を断ち切れるよう、距離を置くのが本物の誠実です。

この男らしさが理解できれば、恋に躓くこともないはずです。

Notes of Life

自己肯定感を高めたければ、誰かの役に立つのが一番の近道です。 いきなり人の中に入るのが怖ければ、小さな鉢植えでいいので、大事に育ててみましょう。 自分みたいな人間でも必要とされていることが分かれば自尊心も高まり、自信に繋がります。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Kindleストア

ジャンルはSFですが古典的なスタイルの長編小説です。海外翻訳文学が好きな方に向いています。
サイトで気軽に試し読みできます。

📔 無料で読めるPDFサンプルはこちら

TOP
目次 🏃
閉じる