寺山修司 宝石の詩 ~婚約の思い出『ガーネット』 淋しいという字『ダイヤモンド』

もしも 思い出をかためて 一つの石にすることが出来るならば 『ガーネット』
目次 🏃

寺山修司の『宝石の詩』

ガーネット

ガーネット

もしも 思い出をかためて
一つの石にすることが出来るならば
あの日二人で眺めた夕焼の空を
石にしてしまいたい と
女は手紙に書きました

その返事に 恋人が送ってよこしたのは
ガーネットの指輪でした

あかい小さなガーネットの指輪を 見つめていると
二人はいつでも
婚約した日のことを思い出すのです

愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫)

恋人がプロポーズしてくれた日は、世界で一番幸せな日。

それは一瞬で通り過ぎるけど、いつまでも心に残る大切な日。

辛いことがあっても、悲しいことがあっても、素敵な日の思い出があれば、乗り越えることができます。

婚約指輪は、永遠の愛を約束する保証書ではなく、心を強くするお守りのようなもの。

つい憎んだり、八つ当たりすることもあるけれど、指輪を見つめていると、優しかった時のことも懐かしく思い出されます。

それが恋と結婚の障害を乗り越える護符になります。

宝石のガーネットは強力なパワーストーンでも知られ、「実り」「優雅」」「勝利」「貞節」の石としても知られています。

うつろぎやすい人の心に、永遠の愛と誓いを思い起こさせてくれる、優しくも力強い宝石です。

参考文献 夢見るジュエリ(岩田祐子・東京書籍株式会社)

参考URL 京セラ ジュエリーオンラインショップ『ガーネットに込められた意味とは

ダイヤモンド

木という字を一つ書きました

一本じゃかわいそうだから

と思ってもう一本ならべると

林という字になりました

淋しいという字をじっと見ていると

二本の木が

なぜ涙ぐんでいるのか

よくわかる

ほんとに愛しはじめたときにだけ

淋しさが訪れるのです

愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫)

多くの場合、『淋しさ』という言葉は、退屈や、無視された怒りや、自我が通らぬもどかしさを表す言葉として使われる。

何もすることがなくて、淋しい。

誰にも相手にされなくて、淋しい。

分かってもらえなくて、淋しい。

自分が何ものでもないような気がして、淋しい。

それも淋しさに違いないが、愛を知った人の淋しさは、わかり合えない辛さや愛されない空しさとは異なる。

想っても、想っても、二人が永久に一つになることはない。

そんな限界の淋しさだ。

私があなたで、あなたが私なら、もう何も苦しむことなどないのに。

想うほどに、独りを感じて、泣けてくる。

そういう切ない涙の話だと想う。

恋と恋の狭間に

漢字 淋しい

岩田氏の『夢見るジュエリ』によると、

数億年の昔、地底の岩石に含まれた炭素が、数千度という高温にあぶられ、計り知れない高圧にしめつけられて結晶したのが、ダイヤモンド。あるとき火山が爆発し、地表近くにふきあげられたのです。古くは「アダマス(「征服されざる石」というギリシャ語)と呼ばれ、その硬さから不屈の精神の象徴として、兵士の護符とされました。ナポレオンも自らの剣に有名なダイヤモンド「リージェント」を飾り、戦場に出掛けたといいます。

それほどに純度の高い宝石ですから、二人の気持ちに少しでも嘘が混じっていたら、必ず邪魔をするほど強いパワーを秘めています。

結婚指輪として需要の高いダイヤモンドですが、裏切りにはそれ以上の報いがある魔法石なので、心が離れた時には、寺山修司の詩のように、人間関係の厳しさと淋しさを思い知らせるのかもしれません。

岩田氏も言及されていますが、実はダイヤモンドほど結婚指輪に不向きな石もなく、美しければ美しいほど、純粋であればあるほど、人間の裏切りを決して許さないのです。

『ガーネット』と『ダイヤモンド』は、寺山修司の詩集『愛さないの、愛せないの』の「宝石館」の章に収録されていますが、現在、この本は入手困難になっています。ガーネットは寺山修司の『少女詩集』で読むことができます。

愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫)
愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫)

参考記事 なみだは にんげんのつくることのできる 一番 小さな海です ~寺山修司 海の詩

もしも 思い出をかためて 一つの石にすることが出来るならば 『ガーネット』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Notes of Life

『夢を叶えたい』という人はたくさんいます。 でも、その為に行動する人は少数です。 人生は夢を叶える過程そのもので、夢そのものが人生の目的ではないです。 どんな夢を見ようと、 どんな夢を叶えようと、 人生の最後に残るのは、「自分が何を為したか」という思い出だけです。

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO 著者

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚のSF小説を手がけています。看護師として医療機関に勤務後、東欧に移住。石田朋子。
amazon著者ページ https://amzn.to/3btlNeX

Notes of Life

最初から日の当たる場所で歩き始める人はいない。 皆に理解されながら物事を始める人も。 始める時は、いつも一人。 考えるのも、一人。 行うのも、一人。 だからこそ達成の悦びもひとしおなのです。
目次 🏃
閉じる