人生では、さまざまな能力を使ってみて、その使い方を覚えていくしかない。とくに、愛する能力の場合は。

『Les Paroles』= Wordsのこと。

ここでは、日常のラブリーな出来事から、芸術に関する事まで、様々なテーマでミニミニ・エッセイをお届けします。

Vol.1の今回は、私の好きな言葉をご紹介します。

Man has to pick up the use of his functions as
he goes along ―― especially the function of Love.
From “ A Room with a View” by E.M.Forster

『人生では、さまざまな能力を使ってみて、その使い方を覚えていくしかない
――とくに、愛する能力の場合は。』

“眺めのいい部屋”から E.M フォースター

ここでは「能力」と訳されていますが、【function】には、“機能”“作用”“職務”といった意味合いがあります。

上記においては、『心のはたらき』とも訳せるかもしれません。

人は様々な「体験=心のはたらき」を通じて、精神的に成長し、人間として完成されてゆくものですが、この世におけるもっとも難しい「心のはたらき」とは、人を「愛する」ことだと思います。

人はいとも簡単に「愛」という言葉を使いますが、真実、「愛する」ことを知っている人――もしくは誰かを「愛している」魂は、希なのではないでしょうか。

なぜなら、「愛する」ということは、絶え間ない努力であり、孤独や苦しみを恐れぬ勇気であり、見返りを求めず、相手にひたすら捧げ尽くすものだからです。

人が人を「好きになる」ことは、自然な心の作用だし、「恋に落ちる」のも割合簡単だけど、「理解する」となれば、相当な努力を要する。

ましてや「愛する」となれば――「愛し続ける」ともなれば、莫大な心のエネルギーを必要とします。

人は、自分自身になら、いくらでも心を注ぐことが出来るけれど、他人にはそうそう尽くせるものではない――

どんなに善良な人でも、必ずや、心のどこかで「見返り」や「ご褒美」を期待しているものであり、何のお返しも無い献身に、永く心を仕えるものではないからです。

誰の中にも、人を好きになったり、憧れたり、大切に想ったりする気持ちは、日常的に存在するけれど、「真実の愛」となれば、もっと長けた心の作用を必要とする――

人間が、自分とは異なるもう一人の全存在を、何の見返りもなしに受け止め、理解し、慈しむことは、人間としての一つの能力であり、なまじっかな気持ちで出来る事ではない、と思うのです。

1999年4月15日 メールマガジン【Clair de Lune】より

誰かにこっそり教えたい 👂
TOP
目次
閉じる